黒豆 平/くろまめ ひら   
黒豆(平)バラメイン   黒豆風景
 
遺伝子組み換えの心配のない、純粋な国産100%の黒豆です。地元では平べったい形の黒豆をよく煮豆にします。平らな形が特徴の黒豆は煮豆にしても、平らな形でふっくら仕上がります。ふっくらツヤツヤの黒光りした黒豆の煮豆を是非、皆様のご家庭でもお試しください。

     ▼ 国内産の豆はまだあります
      ・大豆 ・小豆 ・大正金時豆 ・青豆 ・白花豆 ・黒豆
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

準備の都合により、数日お時間をいただく場合がございます。発送当日はあらためてメールでお知らせを行っておりますが、配達日指定を利用の際は注文受付日より7日目以降の日付をご記入下さい。

黒豆
 

26年度国内産黒豆(平)800g 1905円 税別・送料別

名 称 黒豆(平)
産 地 国内産(山形県)
産 年 26年度産
内容量 800g(800g×1袋)

★一部商品を除く総重量25kg以下同梱可能

黒豆メイン
      黒 豆 甘 煮
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■黒豆3カップ■砂糖3カップ■水6カップ
■醤油大さじ2■塩小さじ1
  1. 上記の調味料を沸騰させ人肌にさます
  2. 洗って水を切った黒豆をさました1.の調味料に入れて一晩おく
  3. 翌日2.を沸騰させてから、とろ火でじっくり煮る。(目安は約10時間)
    (常に豆が煮汁に浸っていないと柔らかい豆はできません。煮汁が足りなくなったら、水を加えて上記の調味料をお好みで追加)
    === 出来上がり ===


黒豆ご飯     黒 豆 ご 飯
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■米(もち米あれば少々) ■黒豆 
■酒 ■塩少々
  1. 米にもち米を少し混ぜたほうがふっくら炊き上がる為、もち米があれば米の1割りほど入れて研ぎ、水はやや多めにして(5合に対し、水5.5合の割合)浸しておく。
  2. 黒豆は布巾でさっと拭き、熱っしたフライパンで黒豆がパチパチと跳ねるようになるまで炒ります。(炒めることにより黒豆の生臭みがとれて香ばしさが一段と増します)
  3. 熱々の黒豆を1に入れ(黒豆の香りが部屋中に漂います)酒大さじ2、塩大さじ1をパラパラと入れ、味付けをし30分位置いてから、炊飯器のスイッチを入れる。=== 出来上がり ===
ポイント:炊飯器のスイッチが切れたら黒豆をつぶさないようにざっくりしゃもじでご飯をかき回してくだ
      さい。かき混ぜる事でよりふっくらおいしいご飯に仕上がります。

にぶだしメイン
       に ぶ だ し
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■体菜(たいさい)の塩漬 ■黒豆
■醤油 ■酒 ■煮干 ■体菜が覆われる程の水
  分量はお好みで調整してください

  1. 体菜は秋のうちに塩漬し、重石をおいてしっかり漬けておいてください。
  2. 数ヶ月後、体菜がしっかり漬け込まれた頃を目安(1〜2月頃)に鍋に入る程度の体菜を数回水をとりかえて塩抜きする。
  3. 黒豆は一昼夜たっぷりの水に浸す。
  4. 体菜の塩が抜けたら黒豆を少し堅目に茹でザルにあげる。
  5. 好みの大きさに体菜を切り、水気を切る。
  6. 鍋に体菜を入れ、体菜が覆われる程度の水を入れ煮干を入れ好みの固さに茹でる。(茹ですぎて柔らかいより少し固めの歯ごたえがあるほうがおすすめ)
  7. 6に4を加え、醤油・酒で味を調えひと煮たちしたら火をとめ、冷めて味がしみ込むのを待つ。 
    === 出来上がり ===

煮干だしのきいた昔ながらの庄内地方の郷土料理をお試しください。