うど  
うど風景 
うどメイン 
要予約  期間限定商品
ご予約期間:4月10日〜5月10日迄
発送 期間:5月11日〜6月11日頃迄
和名:ウド
俗称:やまうど,うんどん

山麓で収穫された山うどです。独特の香りと癖があり、サラダやおひたしや炒め物などに最適です。

うどならではの風味はこの時期ならではの味わいです。是非、年に一度の新鮮なうどをお楽しみください。

【山菜・野草ご利用のお願い】
山菜・野草同士の組み合わせのご注文は出来るだけまとめた発送をさせていただきますが、収穫期間は重なりあう場合でも、収穫場所がそれぞれ異なる為、やむをえずそれぞれに発送をさせていただく場合がございます。又、発送期間内での発送準備をこころがけておりますが、収穫は天候に左右されるため発送期間が多少前後する場合がございます。時間指定は可能ですが、配達日指定はご遠慮願います。鮮度保持の為、クール便(クール代お客様負担)発送となります。農産物ですので、売切れの場合はご了承願います。
 

うど2

うど2kgバラ詰 3048円 税別・送料別

名 称 うど
産 地 国内産(山形県)
内容量 2kg

★ 一部商品を除く総重量15kg以下同梱可能
★ クール便発送(クール代お客様負担)

 
うど煮物イメージメイン

うど添え物イメージメイン

 
う ど の サ ラ ダ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【材 料】
■うど1/2本 ■きゅうり2本 ■酢 ■塩 ■ドレッシング1/2カップ  ■マヨネーズ大さじ2
  1. うどは約4cmの長さに切り、酢水で洗ってざるにとり、水をきる。
  2. きゅうりは縦半分に切って斜めの薄切りにして塩水につけ、しんなりしたらきつく絞る。
  3. ドレッシングとマヨネーズを混ぜ合わせる。
  4. 1と2を3で和える。 == 出来上がり ==
※お好みでごまやカニ缶・ツナ缶などを添えれば一層おいしくいただけます。  

さつまあげやこんにゃくなど、お好みの具を加えて醤油・酒・みりんをいれても風味豊かな春の煮物もお楽しみ頂けます。又、酒・みりん・味噌を混ぜ合わせ、皮をむいたうどにからめて味噌漬けもおすすめです。

うどサラダイメージうどマヨネーズ醤油かけ
         うどサラダイメージ              うどマヨネーズ醤油かけ

うどとさつまあげの煮物うどの味噌漬け
        うどとさつまあげの煮物               うどの味噌漬け

うど塩まぶし   
          うどの塩漬け
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  1. うどは葉もすべて生のまま塩抜きしやすいように数本まとめて紐やゴムで束ねる
  2. 樽にうどを入れ塩で隠れる位の塩をまぶし、うどと塩を交互に重ねていく
    (気温の高い時期は痛みやすくなる為、塩は多めにまぶして下さい)
  3. 落し蓋を置き重石を置く。常温の風通しの良い涼しい場所で保管して下さい。



塩漬けうどの冷やしうどん    『うど塩抜きの仕方』

  1. 食べる1日〜2日前に塩漬うどを樽から出し、沸騰したお湯の中に塩漬けうどをいれ、一煮立ちしたらすぐにざるにとる。(お湯にいれすぎるとうどの風味がなくなるので注意)
  2. 手早くざるにあけたら、たっぷりの水にうどを浸す。一日一回ふきの水はとりかえて冷蔵庫に入れれば、いつでもうどを楽しめます。
    (水の交換を怠ると水腐れでうどが痛みます。必ず一日一回行って下さい) 

夏は塩抜きをすると痛みやすいですが、うどの旬がおわった夏に少しだけ塩抜きを行い、冷たいうどんやそばにのせて楽しむこともおすすめです。地元では塩漬けうどは野菜の少ない冬の保存食として主に食べられます。煮物やそばやうどん具などとして寒い冬に欠かせない食材です。

塩漬けうどの煮物塩漬け山菜煮物
       塩漬けうどの煮物                  塩漬け山菜煮物

塩漬け山菜丼塩漬け山菜味噌汁
         塩漬け山菜丼                  塩漬け山菜味噌汁