コグラ沢

【2008年01月14日/井上邦彦】

 昨日の悪天が去り、部分的には青空も見える。のんびりと起床して自宅周囲の除雪をする。その後、五味沢に向かう。こんな日は雪崩が怖いので無理はしたくない。また1人で歩いてみたい気分だ。除雪車の邪魔にならないように駐車するためには早朝は避けた方が良い。
 何時もは荒川本流の両岸を歩いているので、今日は反対側の石滝川に向かった。車を止め、カンジキを履いてコグラ沢沿いに歩いてみたが、途中から林道に上がった。
 不思議なことにウサギの足跡は見つからない。足先からヤマドリが羽音をたてて飛び去った。この時期、林道脇で時折見かけることがある。名前の知らない動物の足跡があった。杉から飛び降りて別の杉に登った跡のようだ。
 やっとウサギの新しい足跡を見つけたので、辿ってみた。杉林の中を走り回っている様子を想像してみる。足跡は尾根に上がった。眼下に五味沢の集落が見え、足跡は急峻なジンダケ沢に降りていた。
 再び林道に戻り、天候が崩れてきたので適当な所から尾根筋の杉林を下った。

今回のコース
名前の分からない足跡
足跡の拡大画像
林道を辿る
この辺から戻った
雪をまとった杉林