あざみ山遊会

2016年12月04日
 今年中に倉手山に登りたいという希望に応えて計画。町中心部に集合した時は濃霧、長者原集落で薄っすらと青空と白い山並みが見え始めた。倉手山登山口までは車で入れる。既に先行車が何台も停まっていた。ちょうど雲海の上限が登山口だったようだ。
 08:45登り始めると素晴らしい青空が広がる。急登に凍えていた身体が暖まっていく。5分ほど登ると「休憩はまだ〜」と声が掛かる。久しぶりに山を登るメンバーもいるので、ゆっくりゆっくりと登る。09:30展望台で稜線を眺め汗を拭う。
 急登を登りきると道脇に雪が出始める。10:18主尾根に出ると、先ほど追い越していったLFD夫妻が休んでいた。ここからいったん下り再び登り返す。次第に雪が増えていくが、先行者の足跡がしっかりとしている。
 11:00倉手山々頂に到着する。これ以上ない素晴らしい展望である。さっそくお湯を沸かし乾杯とする。十分に満喫して12:10下山を開始する。転ばないように慎重に降り、13:55登山口に戻った。その後は国民宿舎飯豊梅花皮荘で温泉を満喫。

登山口にて 寒い (T_T)
若干登って登山口を見下ろす 雲海の端が見える
急登にあえぐ
ちょっと休憩です
着替えを始めるメンバーもいた
まずは展望台まで頑張ろう
展望台です
ひと汗かいて元気が出てきました
さあ出発です
雲海の先に朝日連峰が見えました
枯松山と大境山
杁差岳
水分の補給も忘れずに
主尾根にはLFD夫妻が休んでいました
朝日連峰をバックにして
飯豊山とダイグラ尾根
素晴らしい景色に見とれます
とにかく賑やかなメンバーです
光兎山
杁差岳とヤマグルマ(小国町が北限です)
山頂まで登り返します
見とれてないで歩きましょう
光兎山の右手は鷲ヶ巣山と鷹ノ巣山
急登に口をつぐむ?
雪が出てきました
倉手山々頂に到着 \(^o^)/
はぁ〜疲れた
山頂に待っていた光景は
言葉になりません
おぉ〜!
男性軍はお疲れ気味
山頂のLFD
山頂で待っていた大パノラマ \(^o^)/
乾杯 \(^o^)/ なお帰りの運転がない筆者以下数名はビールを頂きました
石転ビ沢とLFD夫妻
飯豊山
烏帽子岳・梅花皮岳・北股岳
梅花皮大滝
楽しい会食が始まりました
全員で記念写真
下山は慎重に
朝日連峰を眺めながら下ります
主尾根分岐にて
干し柿をいただきました
大境山
飯豊山ともお別れです
大花山と朝日連峰
今回の山行は動画撮影もありました
ムシカリ
日が陰ってきました
急斜面の下りは膝がポイント
よっこらしょ
あれ〜!
大きな笑い声が倉手山に響きます
無事に下りきりました
過去の頁
2016年09月04日 大滝(喜多方市川入)
2016年02月06日 新年会
2015年11月22日 樽口峠ぶなの道
2015年07月20日 角田山
2015年06月21日 櫛形山
2015年06月12日 会則ができました
2015年02月18日 新年会など
2014年11月08日 国立公園の清掃
2014年06月22日 倉手山
2014年04月10日 あざみ山遊会の歌
2014年01月24日 新年会
2013年11月10日 国立公園の清掃
2013年08月24-25日 鳥海山
2013年06月02日 梅花皮大滝
2013年01月26日 新年会in胎内
2012年11月11日 ゴミ拾いと芋煮会
2012年10月28日 黒沢峠祭
2012年08月25日 吾妻山
2012年01月28日 新年会
2011年11月13日 藤田栄一さんを囲む会・感謝をこめて
2011年11月06日 ゴミ拾いと反省会
2011年08月27日 五頭山
2011年07月17日 熊汁を食べる会
2011年06月05日 会員だけの祝賀会
2010年12月11日 忘年会とカレンダー
2010年10月31日 ゴミ拾いと反省会
2010年08月28日 月山 
2010年07月10日 月山 
2010年06月24日 月山遠征打ち合わせ
2009年11月23日 小国鍋祭り(鍋将軍!)
2009年06月27-28日 石転ビ沢-梶川尾根
2008年11月23日 小国鍋祭り
2008年01月12日 熊汁を楽しむ
2004年11月07日 倉手山
2004年07月25日 石転ビノ出合

おわり