あざみ山遊会

2018年11月10日
 天気予報は目まぐるしく変わる。出発時は小雨でも途中から晴れてくるらしい。8時に役場に集合した時は、ほぼ霧雨状態。コンビニで食料を買い出し、予定通り国道113号を西進して高坪山に向かう。ところが途中から雨脚が増し、登山口に到着した頃は本降りとなった。スマホで雨雲の予想を再確認すると、雨の帯は東進ではなく北上している。つまりこの後も雨は降り続く予報に変わっていた。
 メンバーからは「徳網山!、百石山!」などの声も出たが、小国町内も雨の予報であるし、下山後の温泉も思考えなくてはならない。吾妻方面も宮城県鏡にも雨が降るようだが、何故か南陽市高畠町付近が空いている。既に時刻は9時、日本海側は諦めて、入浴時刻を考慮し「一念峰」に向かうことにした。
 小国町内を抜け川西町に入ると、雨は降っていない。登山口の上海上集落に到着し、運転をしてくれた加藤君と分かれ、登り始めたのが11:06である。登山口の標高は300m、山頂が470mなので標高差は僅か170mにすぎない。
 晩秋を思わせるどんよりとした雲の下、賑やかに登る。尾根上に出ると奇岩の数々が出てくる。天狗相撲岩に荷物を置き、ザックから非常用のロープを出して山頂に向かう。山頂である紙飛ばし岩の取り付きで、一番不安げな様子の1名に簡易ハーネスを作りロープでつなぐ。ロープで確保しながら私のすぐあとを来てもらう。一度このコースを経験しているEAGが、みんなに通過方法を教えてくれるので助かる。高度感のある岩の隙間を腹ばいになって通過する。続いて鎖を掴んで山頂によじ登る。
 山頂からの展望は素晴らしい!「そろそろ下山」と声をかけても、「もう少しここに居たい!」と、360度の眺めを十二分に満喫していた。再度、腹ばいになって天狗相撲岩に戻り、熊汁ラーメんを食べ、最後は浜田広介記念館脇にある「むくどりの夢館温もりの湯(なんと料金は300円!)」で入浴した。

今回の軌跡
ようやく登山開始です
よじよじ
笑顔が晩秋の山肌に響きます
展望が開けました
さらに登ると
素敵な奇岩が迎えてくれました
さらに進みます
梯子と鎖が待っていました
よっこらしょ
護摩壇岩にて
いよいよ核心部 岩を持ち上げているうちに通って!
忍者スタイルで
大岩の隙間を通り抜けます
結構 怖い
山頂に到着
足が震える
素晴らしい眺め \(^o^)/
漫勉の笑み
山頂からの展望
いつまでも眺めていたい
下山の時間ですよ
鎖を掴んで
高度感いっぱい
緊張感を楽しんでいます
次は私の番
降り始めが怖い
叫ぶ人?
余裕のある人
テラスに集合
ガッツポーズが出ました
帰りも岩を潜ります
隙間を潜るメンバーの表情
やっと出れた
カエルの心境です
スリルがありました
安全な所で後続を待ちます
こちらはお手本
全員無事に通過できました
山頂の紙飛ばし岩の前で
楽しい昼食
下山です
かえる岩にて
落ち葉を踏みしめ
ふりかえります
機織り岩にて
雲岩
地蔵岩
無事に下山しました
お風呂上がりです
私達の登山には 温泉がつきものです
過去の頁
2018年06月09日 安達太良山
2018年05月18日 祝い事(本間正美さんの作品が受賞)
2017年09月17日 富神山
2016年12月04日 倉手山
2016年09月04日 大滝(喜多方市川入)
2016年02月06日 新年会
2015年11月22日 樽口峠ぶなの道
2015年07月20日 角田山
2015年06月21日 櫛形山
2015年06月12日 会則ができました
2015年02月18日 新年会など
2014年11月08日 国立公園の清掃
2014年06月22日 倉手山
2014年04月10日 あざみ山遊会の歌
2014年01月24日 新年会
2013年11月10日 国立公園の清掃
2013年08月24-25日 鳥海山
2013年06月02日 梅花皮大滝
2013年01月26日 新年会in胎内
2012年11月11日 ゴミ拾いと芋煮会
2012年10月28日 黒沢峠祭
2012年08月25日 吾妻山
2012年01月28日 新年会
2011年11月13日 藤田栄一さんを囲む会・感謝をこめて
2011年11月06日 ゴミ拾いと反省会
2011年08月27日 五頭山
2011年07月17日 熊汁を食べる会
2011年06月05日 会員だけの祝賀会
2010年12月11日 忘年会とカレンダー
2010年10月31日 ゴミ拾いと反省会
2010年08月28日 月山 
2010年07月10日 月山 
2010年06月24日 月山遠征打ち合わせ
2009年11月23日 小国鍋祭り(鍋将軍!)
2009年06月27-28日 石転ビ沢-梶川尾根
2008年11月23日 小国鍋祭り
2008年01月12日 熊汁を楽しむ
2004年11月07日 倉手山
2004年07月25日 石転ビノ出合

おわり