山のことあれこれ 10

2006年06月07日(水)

早朝からゼンマイ採りに行く。車止めから2時間弱歩いて入った沢はゼンマイの林。急峻な崖、潅木に片手でぶら下がりながら採っていく。途中で雨が激しくなり全身ずぶ濡れ、ここで帰途に着く。夜は小国山岳会の役員会、天狗平ロッジの運営等について協議を行う。

ゼンマイ
ヒラタケ
役員会にて
拡大画像

2006年06月02日(金)

飯豊連峰定点観測 2006年06月02日
朝日連峰定点観測 2006年06月02日

2006年06月01日(木)

午後から年休を取り、山菜の様子を見に行く。集落からすぐの所で土砂崩れがあり車は通行できない。誰かがバイクで入った跡があった。林道を45分ほど歩いて適当な小沢に入り、山菜の様子を確認する。

タニウツギが咲くとゼンマイの時期 髪飾りのようなキブシ
山菜にも果実酒にもなるウワズミザクラ ゼンマイ
ウルイ シドキナ
アイコ ウド

2006年05月26日(金)

明日はいよいよ合同訓練、天候が気になる。

朝日連峰定点観測 06年05月26日

2006年05月25日(木)

朝、飯豊連峰が見えた。その後、雲に姿を消した。土日の天候が気になる。

飯豊連峰定点観測 06年05月25日

2006年05月18日(木)

火縄銃を手にする機会を得た。散弾銃と同じように構えると、「それでは肩を壊す。右手の肘を水平に上げて、射撃の反動を後ろに逃がす。」と教えていただいた。なるほど、火縄銃の銃床は細長くなっている。頬付けは同じとのことであるが、標的に当てるのは至難の業と感じた。なお、戦時中の供出を免れた火縄銃に発見直前に使用された形跡があり、猟に使用されたと思われると伺った。

2006年05月10日(水)

夜、町内にある基督教独立学園高等学校に出向き、全生徒を前に初歩的な登山技術について話をしてきました。その後、各班のリーダークラスの生徒に各コースの注意事項について指導してきました。みんなとても熱心で、沢山の質問を頂きました。生徒は14日から幾つかの班に分かれて登山を楽しみます。

2006年05月09日(火)

今日もすがすがしく朝日連峰が聳えていた。

朝日連峰定点観測 2006年05月09日
祝瓶山には雪が見えなくなった

2006年05月08日(月)

昨日の雨で空気がすっきりし、くっきりした山並みが望めた。

飯豊連峰定点観察 2006年05月08日

2006年05月07日(日)

今日はKDG(独立学園)の連休キャンプを控えて、各班リーダーの雪上訓練を行った。

訓練場 カッティング
滑落停止 渡渉に備えてチロリアンブリッジ

2006年05年06日(土)

午後から近くの山に、今年始めての山菜採りに出かけた。私にとって一番早い山菜はアズキナである。崖に生えているので柴にぶら下がりながら採取した。ウルイとゼンマイも出ていたが、まだ数が少なく取る気にはならない。期待していたギフチョウは見かけなかった。やけに気温が高く汗が吹き出た。春の花が沢山咲いて楽しませてくれた。当然ながら晩酌の肴はアズキナ。これから撮ってきた写真と図鑑を照らし合わせるのも楽しみである。

緑が濃くなった イタヤカエデ こんな所に生えています
キバナイカリソウ キケマン イワウチワ
オオバキスミレ スミレサイシン
不明 カタクリ
アブラチャン カタバミ エチゴキジシバリ
目的のアズキナ ウルイ
ゼンマイ キクザキイチリンソウ ショウジョウバカマ
ユキツバキ 不明

あれこれ  あれこれ1  あれこれ2 あれこれ3 あれこれ4 あれこれ5 あれこれ6 あれこれ7 あれこれ8 あれこれ9