山のことあれこれ 26

8月13日(木)

 10日から3日間「林業機会操作技術研修会」に参加してきました。ブッシュとチェーンソーの手入れや使用方法について大変に勉強になりました。登山道整備は足場が悪かったり、アプローチが長く、困難と危険性が高い作業です。今回の研修を基本に、これからより一層安全な作業に心がける必要性を実感しました。

チェーンソーの基本は、何と言っても目立てです
微妙な角度で均一に砥いでいくことにより、安全でスムーズな作業が可能になります
周囲のの木にかからないように、方向を定めて作業を行います
向うの班はこの僅かな隙間を狙います
計算どおりに倒れました
受け口を作り、つるを残して追い口を切ります
最後はくさびで調整しながら、正確な方向に倒します
「つる」が蝶番の役目を果たし、退避する時間を稼いでくれます
今回使用したデキスト

7月04日(土)
 鶴岡市で朝日山地森林生態系保護地域巡視員会議が開催された。東北森林管理局計画部長の挨拶の中で、白神山地のGPSと画像転送を利用したメール通報システム「新林情報ポスト」開設するとの話があった。会議の内容は「生態系保護地域周辺におけるスノーモービルへの対応」に意見が集中した。
 会議後に竹田憲作さんが「朝日軍道と長井山岳会」と題して講演を行った。1957年に葉山から御影森山に向けて登山道を開設作業中に朝日軍道跡を発見した話まで進んだ所で私のタイムアップとなり中座した。
 その後はいったん帰宅し、山道具を車に詰め込み、飯豊連峰山開きの会場である天狗平に向かった。途中でピッケルと登山靴を忘れたことに気づいたが、戻っては間に合わない。山開きの儀式を終えて急ぎ自宅往復し、戻った時には懇親会たけなわであった。
 慌ただしい58歳の誕生日が過ぎ、around還暦(略してアラ環)に突入である。

6月30日(火)
 飯豊朝日山岳遭難対策委員会の総会が開かれた。席上、山形県110番システムが7月1日から変わり、GPS機能のある携帯電話から連絡した場合は発信位置が特定できるようになることが報告された。新潟・福島両県警では既に導入されているが形式は若干異なる、発信者側の特別な操作はなしに位置の特定が可能であるとのことであった。
 また2009年度からは消防団員が出動する場合、要請者の費用負担が変わったこと、期間は2日間以内とし、それ以後も出動する場合は費用が大幅に変わることとなったことも報告された。

6月20日(土)
山形新聞夕刊「味読」に木戸さん著作「青春は遥かなる稜線に」の書評が掲載される。

2009年06月20日(土) 飯豊連峰保全連絡会議

 長井市において「平成21年度飯豊連峰保全連絡会議(第3回会合)」が開催されました。参加者は39名、平田代表の挨拶に続き、20年度活動報告、21年度実施計画、21年度合同保全作業について協議しました。
 小国山岳会・福島県自然保護協会・西会津山の会・西会津町・下越山岳会・エーデルワイス山岳会・新発田市・喜多方市山都総合支所・新潟県山岳協会・環境省東北地方環境事務所などから今年度の活動計画が発表されましたが、注目すべき内容が幾つかありました。
 「祓川山荘手前の橋を架け替える。今年3月に喜多方市で「飯豊連峰環境問題連絡会」が設立された。赤谷林道は法面工事後の10月以降、歩行のみ通行可能とする予定。」とのことでした。
 合同保全事業は、@天狗ノ庭(9月19-20日頃)、A梶川尾根上部(9月12-13日頃)、B玄山道分岐(9-10月)と決まりました。

会議の様子です

あれこれ  あれこれ1  あれこれ2 あれこれ3 あれこれ4 あれこれ5 あれこれ6 あれこれ7 
あれこれ8 あれこれ9 あれこれ10 あれこれ11 あれこれ12 あれこれ13 あれこれ14 
あれこれ15 あれこれ16 あれこれ17 あれこれ18 あれこれ19 あれこれ20 あれこれ21 
あれこれ22 あれこれ23 あれこれ24 あれこれ25