2003/11/1(土) 牡鹿半島桃の浦 釣果:アイナメ25〜35cm タケノコメバル30cm

 さて、いよいよ同僚にして釣友のEiki君が所有するクルーザー「遊遊丸」(仮称)に乗船し牡鹿半島の乗っ込みアイナメを根こそぎ釣るという暴挙に出ることにしました。

 大型クルーザーはオーナーの愛車スズキエヴリィの屋根に乗っかり現場まで輸送されていきます。4時にオーナー邸に到着。エブリィに同乗してまずは24時間営業のジャスコに立ち寄り餌を購入。今回は「イカそうめん」「冷凍エビ(中型)」をつけ餌に入れることに決定。

 アオイソメ2000円分購入後、6時半桃の浦に到着。早速クルーザーの組み立てにはいる。安物のウエーダーを装着してできあがったクルーザー(以下、ボートと表記)を海上に浮かせるが荷物の積み下し時にイマジンガーグルが頭から海中に転落。早速朝から一泳ぎしました。海中はすごく澄んでおりきれいでしたが顔中一日しょっぱい味がしてました。携帯電話は無事。よかった。

 ロッドは9fの黒鯛用に購入したものと、プロショップ「ホーマック」で購入した6f¥1400のロッド。今回はメインに後者が活躍しましたがベッコウ(タケノコメバル)を上げたあと真ん中からぽっきり折れてしまいその使命を全うしました。本日のリグは「和製ジグ(餌付き)」西田式ブラー。10gから20gまで色も色々そろえて持ってきましたが。さてベストは蛍光赤の15gくらいかな。

 桃の浦界隈を中心に釣り歩きましたが小潮のためか前日の津波のためか食いはもう一つ。アイナメの30cm以上を10本ほどキープして終了。30cmベッコウは、デジカメで撮影後フラシに入れるときに渾身の力を振り絞った一打に負けたイマジンガーグルが取り落としてしまい「結果リリース」。直後1400円ロッドもぽっきり折れてしまいました。

 餌ですが1:アオイソメ 2:アイナメの切り身 3:エビ 4:イカそうめんを試しましたがダントツで1:アオイソメの勝利ですかね。エビは大きすぎて集魚力はあると思いますが食い込みは悪いです。あたりはあっても乗せられません。イカは餌持ち抜群ですが食いは悪いです。よってアオイソメの勝ち。(でもアオイソメって人の指を噛むんですよね。だから嫌いです。)次回はもっと小型のエビを考えてみます。

 ソフトルアー(ワーム):バークレイ・パルスワーム5inも試してみましたが、ちびアイナメが追ってきてしっぽを喰ったりはするものの針にはのりませんでした。次回機会があったら試したいですね。


 今回の戦訓
1)ロッドは短めに、手返しよく。
2)餌はアオイソメにブラーが効果的。
3)ボートの組み立てに体力増強を。