2004/4/18(日) 菖蒲田浜

 4/17(土)はすごい風でした。「遊び人」氏は牡鹿に行ったようですが、風で釣りにならなかった、ということでした。彼のWEBページの釣行記には「船酔い」などという不穏な言葉が・・・。またやったのか・・・?

 僕は明くる今日、早朝に七ヶ浜まで行ってきました。途中愛車にガソリンを食わせて現地到着。先行者は1名。渡船はかなりの数の釣り人を満載して沖堤防へとピストン輸送。沖堤防なら釣れるだろうけど、こっちは時間がないから手っ取り早く漁港で・・・。(これやっているから釣れないんだよね。)

 さて海面を見るとかなり下げている。大潮の8:56分干潮だから、まあどん底近くに来たわけだ。普通水没して見えないテトラがすっかり干上がっている。水色は濁っていてホンダワラがうじゃうじゃ浮いている。ラインがこいつに捕まるとルアーを引いてきても浮かび上がってしまう。しかしポイント周辺はすべてホンダワラの海。逃げ場はない。外側テトラ帯も同様。短いルアー竿ではどうしようもない。
 まあ、あきらめてパラマックス4’&ジグヘッドを船道やヘチを通してみるが当たりなし。昨日の大風でだいぶ底荒れしているのかもしれない。あちこちと探りながら10時までやって撤収。
 週末所用で上京するので、夕方飲みませんかと大学時代の先輩のアッコさんに堤防の赤灯台を入れて写真付きメール(初めてやってみた)。お返事に愛犬が写ったメールをもらう。「遊び人」氏からはボートを持って大倉ダムにいるというメールが入る。なにやらN・M氏の車も見えるという。フリージア艦隊が大倉ダムに出撃の気配だ。
 さて、好天の中、散歩してた地元のおばあさんと世間話をして帰宅した。 しかし釣れねえ。