2004/5/26 仙台湾 沖防波堤

 久しぶりに渡船で沖防まで渡りました。台風も去り久しぶりの安定した日和です。朝5時に起きて一路七ヶ浜町の渡船屋に行き、沖の一文字防波堤まで運んでもらいます。既に6〜7名の釣り人が釣り糸をたれています。時間的にはもう遅いくらいで鱸の入れ食いタイムはもう終わったようです。メバルもそろそろ終わりの時刻。早起きは三文の得とはよく言ったもので、朝一で行かないといい思いはできないようでした。

 今日の潮回りは小潮でいまいちですが、結構目の前の潮は速く流れています。軽い仕掛けでは底が取れずに流されていってしまいます。

 自動車運搬船やLNGタンカーがひっきりなしに通過していきます。穏やかな海。

 「今日はソフトルアーで行くよ」、と仲間の遊び人君には宣言したのですが、「一応・押さえ」にイワイソメと和製ジグ「ブラー」を持って行きました。SHIMANOスコーピオン6ftにブラーを結んで第一投、足下で25cmのアイナメがすぐに来ました。これは調子良さそうと思ったのも束の間、後はなかなか当たりがありません。

 7時過ぎにUFM PRO4にジグヘッド+パラマックス4inを結んだもので足下を探るとゴンゴンという当たり、30cmのまあまあのアイナメが来ました。

 携帯のカメラで撮ったのでいささかナニですが・・・。

 つうわけで、遊び人君への宣言はこれにて実現したということであとはブラーとルアーを交互に使用して探ることにしました。

 日も高く昇り、だいぶ暑くなってきました。海はべた凪吹く風も気持ちよく最高の日和です。でも魚の活性はさほどではありません。ルアーは苦戦です。ときどきコンコンという当たりはあるものの乗せることができません。ベタ底というより巻き上げる途中の宙層で当たることがあります。
 周囲ではメバルが時々当たっています。メバルの形も結構よく20cmくらいのが出るようです。

 10時頃、これも足下でイソメに大きな当たり。竿がぐぐっとしなります。何とか巻き上げて水面に出てきたのは35cmくらいの良型アイナメ。タモが遠くにあるので困ってしまいましたが、隣で釣っていた方にタモ入れをして頂き無事ゲット。
 結局今日の一番はこの35cmでした。終了間際1匹を追加して今日の釣行は終了です。

 遊び人君は本流ヤマメを追って川に出向いているらしい。途中経過が入りました。なにやら向こうも釣れているらしいぞ・・・。

 えー、これが今日の獲物。一番上のがでかいでしょう?