2004/6/7 仙台湾口一文字防波堤(沖堤) 釣果:なし。


 さて、前回の釣行に味をしめて、再度沖堤に上陸の算段をしました。前日の釣果もよし、天候も何とか持ちそう。今回は堤防釣りデビューということでイマジンの大先輩SAKAI(父)(=コードネーム)と一緒に沖堤に上陸することに・・・。

 3時半の約束でSAKAI(父)の家まで行くつもりが団地の中で道に迷いお迎えが4時になってしまった。もうこの時点で釣り以前の問題です。30分間に夜はみるみる明けて朝の白々とした相貌が現れます。

 七ヶ浜の渡船屋に行って渡船券を購入。早速渡し場まで行くと舟は出たあと。しばらく待ちます。
 やがて波を蹴立てて渡し船が帰ってきました。今日の目的地を沖堤に定めてSAKAI(父)と乗船。曇り空ですが波は静か。すっかり凪いでいます。

 新北堤防には既に黒鯛師のかげが見えます。おいらも昨年までは黒鯛師の端くれだったんですが、いまはなぜだかワーム使いに・・・。今日はワーム中心andブラーで行きます。

 上陸後、SAKAI(父)に若干のレクチャー後、実釣開始。早速SAKAI(父)がドンコを上げます。さらにドンコが上がり、快調かと見えたが後が続かない。

 イマジンもワームで底を狙うが何にも当たりません。

 
沖堤デビューのSAKAI(父)足のスタンスが良い。魚に警戒されぬよう、岸壁から一歩引いた周到さがヘチ釣りには必要だ。

 しばらくしてまたもやSAKAI(父)に25cmのアイナメヒット。SAKAI(父)曰く「イマジン君、早く針はずして下さい」「はいはい。」
しかしこのあと雨がぽつぽつ降ってきて当たりが遠のく。
 イマジンは雨具を持っていないのでポリゴミ袋に穴を開けてカッパにしようか迷っていたが、やっぱりかっこわるいのでやめにした。雨具必需品です。
 イマジンはワームで底を攻めるがなかなか当たりが来ない。来ても乗らない・・・。仕方がないのでちょっと投げてカーブフォールで当たりを出す練習などをしてみる。何度かやったらコツンと当たりが来た。でも・・・乗らない・・・。

 そんなこんなしていると「遊び人」氏からメール。「釣れているか?」釣れてませんね。おいらは一匹も・・・。

 遊び人氏は先日川で釣りをしようと出かけたが、熊が暴れ回ったあとの釣り場に行ってしまったとのこと。パトカーやらテレビ中継車などたくさん集まっていたという話だ。青ざめて川岸から上がってくる「遊び人」氏は「熊の恐怖に顔色を失う釣り人」というテレビ局の考えた画にぴったりの素材を提供したと思われる。



 さて今日も自動車運搬船が出て行きます。でも釣れません。やがて正午が来てストップフィッシング。あーあー今日もツレナイか。昨日までの釣果はいったいどこへ行っちゃったんだろう・・・?

 沖に出たから釣れるとは限らないトホホな貴重な体験。次回のリベンジをお楽しみに!