2005/10/17(土) 北上町    釣果:なし

 いやー久しぶりの釣行記です。みなさんいかがお過ごしですか?総選挙も終わってしまいイマジン的には厳しくとも、応援していた人が比例区でうかったりなど、悲喜こもごもの日々でした。

 夏前に実は遊び人と釣行してたんですが、釣果がいまいちで釣行記アップしてなかったんです。そのときは最終でコチが釣れてまあいいかって感じで終わったんですが、でもコチはさばき方が難しい。刺身にするとさすがにうまかったです。


 というわけで、だいぶ涼しくなってきた今日この頃、遊び人と北上町の漁港から船を出してきました。前日の飲み会で2次会まで呑んでたもんで、頭ぐらぐらのまま、酔いを覚ますために30分集合時間を繰り延べて遊び人邸に集合。そのまま目的地まで出発。もう空は明るくなりかけているし、走っている車も意外に多い。

 パトカーが多いのも気になるが、某私立高校の生徒の列に泥酔運転の車が突っ込んで死者が出たのはご存じのことと思うが、あれ以来だと思う、土曜日の明け方は結構取り締まりが厳しい。
 途中食料と飲み物を仕込んで現地着が6時半。さくさくと船を組み立てて出航。


 さすがにぶっつけの外洋、しかも河口付近ときているので、波は低いがうねりは微妙にある。二日酔いの身には結構きつい。実績ある磯場を探っていくが当たりなし。相棒も駄目。
 おかしいなー?と思いつつポイントを変えつつ探るがだめ。相棒には当たりがたまにあるもののフッキングには至らず。そのうち、本格的に具合が悪くなりごろ寝モードに突入。薄目を開けて相棒の様子を探るが駄目みたい。

 隣の漁港まで足を伸ばして探るが、当たり無し。イマジン我慢できずゲロッパ〜。相棒が気を遣ってくれて漁港付近の波が静かな場所に避難してくれる。波気のないところは楽だが、魚は釣れない。当たり前ですねー。

 その後元の出港地まで戻ろうとするが風邪が強まり白波が立っている。うねりを乗り越えて帰港するが二人とも全身ずぶぬれ。以前だったら「死にそー」などと書いていたことだろうが、今はもう海の男だ。「ちょっと怖い〜」くらいの海況にすぎない。

 その後波の穏やかな場所で拾い釣りを敢行するも両名釣果無し。全く不本意な結果に終わった。

 イマジンは船上でひっくり返っていた時間が長かったためあちこち日焼けで痛いです。

 上陸後片づけをして小滝漁港まで遠征。ここは気仙沼時代によく夜釣りに来て、メジナとかクロソイを釣った懐かしのポイントだ。港内でルアーを投げるが小さなアイナメが追いかけてきただけ。フックにはかからない。そのうちワゴン車に乗った家族連れが二組やって来ていきなり港内に飛び込んだ。「ドボーン!!」
 先行者が釣りしてるのに飛び込む奴いるかよー?こういう人たちにはまあ何言ってもも駄目なので対岸の防波堤に向かいしばし投げるが当たらず。しょぼんと帰宅する。
 ここは夜のクロソイがいいはずなので、次回は夜釣りで攻めたいものだ。

 なんだか情けない釣行記になりましたが、今年は何回行けるかなー?