2007年9月26日 仙台湾湾口防波堤

 久しぶりにやって参りました防波堤。実は昨年渡船に乗っていて怪我をしてしまい、あんまり来られませんでした。保険も下りたし完治したんでOKですけど。こういう遊漁船でも「漁船保険」というのに入っているんですね。職場に保険屋さんがやって来て簡単に事情を説明。その他生協の交通共済やらなにやらで面倒くさかったけど保険金で焼け太りです。
まあ、でも陸上の交通事故と違って警察で事故証明を出してくれるわけもなく、医師の診断書と自分の申告でいいようです。勉強になりました。痛かったけど・・・。

 イナダとか鯖とかメジマグロとか釣れているという噂で、結構な人出でした。今日も同僚のあさのっちと白石軍団に混ぜてもらい、遅れて10時の便で渡堤。朝から良い天気でやや風はあるもののベストな釣り日和。

 5時からやってたという白石軍団に話を聞くと朝方ルアーに結構マグロが来ていたということでしたが、身内は空振り、あさのっちも2回バラシということでした。早速ワームで足下を探ったり投げたりしましたが反応無し・・・。なるほど。

 前打ち竿に取り替えてテトラの際を探りますが結構あたりはある模様。そのうちにブルブルっとアイナメあたりが来まして20cm×2匹ゲット。針を飲んでいたのでキープしました。まあ、後はえさ取りのフグが5匹ほど来ました。そのうちに30cmアイナメが来て合計アイナメ6匹。

 2時になったのでみんなで帰りました。帰りの船中で一緒になったテトラ穴釣りのご老体がクロソイ5匹ほど掛けたのを見せてもらい帰ろうと思ったイマジンのハートが再点火。

 一人で漁港に残りソフトルアーを投げます。当たりがないので何となくスイムさせていたら突然ブルブルッと当たり。合わせをくれると突然走り出しました。どきどきしながら取り込んだのはなんとイナダ(ぶりの子)でした。漁港内に回遊してきていたんですね。よく見ると他にも魚影がみえます。

 その後メタルジグに取り替えて何投かしたのですが続かずで帰ってきました。良い天気の中まずまずの釣果で満足しました。

 上:イナダ 下:アイナメ