2009年9月24日 仙台湾湾口防波堤

 最近釣りしてないみたいなんですが、実際してません・・・。今している仕事と釣りのシーズンがバッチリ重なるんで行きたくとも行けないとか、行く気力が湧かないとか・・・。
でも、全然行ってないわけではなくて、たまには行くんですがはかばかしい釣果もなくてこんな所に書くまでもないかと。

 同僚の浅野っちも多忙の中たまには行ってるみたいなんで、今日はイナダとかカンパチとか釣れてるという噂でにぎわっている離れ防波堤に出動です。

 最初の便に遅れて上陸したんですがもうルアーブンブン投げてる人でにぎわってました。コンスタントにイナダ釣れてるみたいです。浅野っちもやってますがどうも釣果は伸びないみたい。私はいつもの通り前打ち竿でテトラの隙間を探って35cmのアイナメを一匹。あとは中々良い型のメバルを釣り夕べのおかずはゲットしました。

 なんだか日頃の喧噪を離れて海の上で釣ってると釣果なんかはどうでもよくて、それでいて隣の釣り人の獲物にはなんだかむらむらと競争心が湧いてくる。目の前を大きなタンカーがタグボートに引かれて横切って行くのを目の当たりにするとこうやって働いている人間がおって、一方では長閑に釣り糸をたれている人々が居る。そんな緩急が垣間見られるから平日の釣行は止められぬ。と、なんだか吉田健一のようなくどい文体になってしまったのでやめ〜。

  

もう今年は行けないかな〜、などと云っては見るものの多分行く。年末ころに。