失われたトランジスタ2SC1971を求めて・・・中国浙江省杭州市・上海特別市に出動!!(夜行編)

 さて、西湖に来たのはもう20年も前の話だから、あんまり記憶は定かじゃないです。まさしく江南の春を満喫した旅でした。学術交流の荷物持ちで河南省・江蘇省・浙江省を回ったんでした。西湖の湖畔のホテルで使われてた錫製紹興酒用の燗壺を購入したのが記憶にあります。あれ?どこにしまったかな?

 さてその時も蘇堤・白堤は歩いたはずなんだけどもう記憶は曖昧で・・・。そこで夕方の白堤を歩いてみることにしました。もともと観光地で混雑する中、折りからテレビ中継があるようで中継車が出ていたりとなんだか混み合っています。

 

 断橋の袂には白楽天が任地を離れるにあたり地元住民と別れを惜しむの図といった感じの銅像が建っています。

 

 「断橋残雪」の碑が建てられています。白堤の途中では愛好家が凧揚げをしています。凧揚げといってもスポーツカイトっていうのか激しい動きを競う凧揚げです。風の強い日で湖もざわざわと波立っていました。



 というわけでたどり着いた先がお昼の楼外楼。また同じレストランですが、この辺には他にないので仕方ないです。ちなみにこのレストランものすごく規模が大きくて、いったい何百人入れるのかわからないほどです。でも料理を注文するとすぐに持ってきてくれるし、どれだけ大きい厨房なんでしょうね?この日もお店は大混雑。15分ほど待ってようやく入れました。海老の炒め物。いささか高価でした。あとは甘いスープとサヤエンドウの炒め、チャーハン、西瓜の生搾りジュースも。
 この大レストラン、杭州の空港で自社製レトルトの東坡肉とか叫化鶏とか売ってますのでお土産にどうでしょうか。

 夕食をさっさと済ませて今度は「印象西湖」の舞台まで歩いて行きました。

 

 「印象西湖」って何度も書いてるけどどんなものかっていうと、張芸謀(ちゃんいーもー)が製作監督をして喜太郎の音楽で構成される水上舞台の群舞というかパフォーマンスなんです。こんな風に湖を前に客席が作られて、水面にステージが張られて演技者が走り回るとあたかも水上を歩いているかの如く見えます。水上はお船なんかも走り回ってなかなかにぎやか。最後はこんな風に水をカーテンののように吹き出すアングルが水中から立ち上がり観客をびっくりさせます。お一人様220元ですからかなりお高いです。ヨーロッパ人の老婦人が感激して涙を流していましたが、おいらはね〜、ちょっと。

 公演がはねて会場を出てきましたが、皆さん観光客はバスで来ているみたいです。周囲はディーゼルの排ガスで大気汚染。一方タクシーは空車が無くて困ってしまいました。仕方なしにシャングリラ杭州飯店に入り込み夜食を取ってタクシーを呼んでもらい帰宅・・・って言わないか?
 時に、近年はやりらしいのが音もせず走り抜けていく電動スクーター。足下にバッテリーを積んでいるらしく座った姿勢がぎこちないが、見てくれは普通のスクーター。
結構馬力もあるようで龍井路の山坂を普通に走行してた。これで2サイクル特有の騒音も排ガスもだいぶ軽減されている。こういうところは中国の凄いところである。
電力供給ステーションがどうのという議論が先行してさっぱり進まない本邦でも、多分自宅の壁コンから充電してるシステムは見習っても良いんじゃないかな?
ただ音もなく走ってくるのはすごく危険。

ところで、今回持って行ったもう一つのギミックはGPSロガー、つまりGPSで測位した地点のデータを次々にメモリーにセーブしていくという仕掛け。
なんだか大がかりな仕掛けに聞こえるけど、秋月でいろいろGPS関連のユニットが購入できるのでここ数ヶ月来実験していたのである。

まず試作のロガー1号



ちょっとでかいので持ち運びには不便。経緯と高度が表示される仕掛け。測位までに少し時間が必要。

そんで、次に買ったのがこれ、USBドングル型GPSロガー。



 一見USBメモリに見えるけど、左側の平面部分がアンテナになっているようだ。で、右端のキャップを外すとUSB端子が出てくる。
これの便利なところは単独でも5V程度の直流を供給するだけで受信と記録を開始する点。秋月で買うと単3乾電池のホルダとコードを付けてくれる。



 こんな風だ。で、外出すると緑のLEDが点滅してGPSの信号を拾っていることを知らせてくれる。まあ、こいつをリュックに放り込んで歩き回ると自分がどこを歩いたか記憶してくれるわけだ。付属のソフトに読み込ませると地図上に軌跡を書いてくれる。

(←クリックするとでかくなります)

 なんだかぐちゃぐちゃしててわかりにくいですけど、22日には西湖を1周したことがわかるでしょう?それから、2時過ぎに汽車に乗るためにフラフラと駅の方に移動してるのも何とかわかりますね。誤差もあるようで水中を歩いているみたいですがどうも中国のGoogle地図の描写が不正確なんだと思います。リュックの網ポケットに入れて歩くと外から緑に点滅するLEDが見えて夜なんかかなり怪しい感じです。