電源フィルタの製作(?)

 以前から自分のPC近くでラジオを聞いたり、アマチュア無線を聞いたり、NOAAの受信をしたり・・・。そこで一番気になるのは自分のPCから出るノイズでした。何しろPCでログ付けたりNOAA信号の解析をさせたりするわけですからPCを止めるわけにはいきません。
 自作PCの駄目なところはシールドの悪さでしょうか。電源のスイッチングノイズもすごいけれどそれだけではないようです。HDDのアクセスに従って別のノイズも出るようです。あとはルーターとかハブのノイズもひどいですね。こいつらは今は完全に別室で、無線LANを使ってアクセスしているので気になりませんが。

 最近は真空管ラジオもあまりスイッチを入れませんが、その代わりYAESUのFT-747にAMフィルタを入れたものを用意してBC放送を聞いていたんです。しかしそのノイズのすごさにびっくりしました。放送が完全にノイズでつぶされます。電源ラインのコモンモードノイズというやつですね。

 対策としていろいろフェライトコアを買い込んであっちにパッチンこっちにパッチンとやっていたんですが全く効果を発揮しません。インバーター蛍光灯もひどいんですが(これは50Mhz帯 TS-600がつぶされます。)その比ではありません。そこで、以前に買っていた電源ライン用ノイズフィルタをPCの電源コードに挿入するという実験を行いました。

 結果からいうとこれは大当たり。前は4個フェライトコアを付けていても駄目だったんですが。今ほぼ完全にBC帯のノイズを押さえ込みました。


 この銀色の小箱が電源ライン用ノイズフィルタ。下に見えるのがFRMSですね。



 早速、FRMSでフィルタ特性を見てみました。1KHZ〜20MHZまで見てみますと、2KHzから18MHzまで-30dbの損失が得られています。中波帯も何とかカバーされていると見れば効果も納得できますね。

 アルミのケースに入れてフィルタのアース線はケースに落としました。実物をお見せしたいんですが、今PCの電源ラインに入っていますのでちょっと汚い足下の写真は遠慮させていただきます。

 フィルタ本体のメーカーはFDK。(最近電池を100円ショップで見かけますね。)型番はNFC2052SU、定格は250V5Aとなっています。


 白線がLINE、黒線がLOAD。真ん中の緑線がアースになります。確か現品.comで470円くらいで2個購入していたもの。購入当時から構想はあったのですが、忙しさと面倒くささに負けて1年ほど放置してました。こんなに効果があると知っていたらさっさと作っていたのにね。

 もう一台作ってみます。今度はケースに余裕を持って一回り大きいものを使います。

 さて、いろいろ作ってきましたが今回のが一番役に立つ代物でした。ただし電灯線を扱いますので、追試される方は絶縁には十分ご注意下さい。くれぐれも自己責任ということでお願いします。

【更新】2007.7.9
電源ソケット(インレット)タイプのフィルタを手に入れたので特性をはかってみました。
これは秋月で150円で売っているもの。GL-2080FVPという型番です。

前記のものよりはフラットですが、ほぼ全域で-30dbの損失です。まあ、値段からすれば納得ですね。でもこちらは250V8Aまで流せるものです。