紫外線ライトとレーザーポインタ 2008.11.23

 今日は前から考えていた紫外線LEDとレーザポインタを一緒にケースに入れたツールを作ってみた。紫外線LEDは以前から秋月などで売っているけど、波長がやや長く400nm程度なのが不満だった。もう少し短いといろいろなものが見えてきそうなので探していたわけである。

 結局380nm程度のが手に入りこれを組み込んだ箱を作ることにした。ついでに秋月で買ってあったレーザーダイオードユニットも組み込んでスイッチで切り替えて使用できるようにしてみた。電源はニッケル水素電池3.6Vを組み込んで外部から充電して使用できるようにした。


  

 電池は現品から買った手回しラジオから抜いたものである。



適当に配線してホットボンドでくっつけて出来上がり。



こんな感じでパッケージを考えてみた。

 

左はレーザ、右は紫外線LED 目に見えるよりかなり大きなエネルギーが出ているようです。




UVでパスポートを照らすと中央に顔写真が浮き上がります。