宮城県黒川高等学校演劇部
2001年度宮城県中央大会
舞台装置mpegクリップ

ginga.mpg・・・・全部で7MBあります。重いです。

脚本:成井 豊 作 『銀河旋律』
タイムマシンを作りたいということで、「時間の扉」という感じで生徒に考えてもらいました。

昔みたテレビシリーズの「タイムトンネル」を思い出しましたが、とりあえず目を射るような激しいビームを出して舞台から目つぶしをと考えました。でも電球じゃありきたりだし、だいたいフィラメントの芯が点で出るのがなんとも前近代的でいやでしたので、面で発光させようと思い吉野電装さんの「現品.com」を見てみました。そこで販売していた奥羽本線の構内信号機に使われた高輝度LEDアレイを利用することにして注文すると電源や、制御用の回路一式をつけて送っていただきました。ありがとうございます。

地区大会では時間がなく黄色と黒の縞模様の「立入禁止区域」という感じでまとめてみましたが、「工事現場だ」などと不評でした。また、リハ直前に舞台の係りから木の枠組みに木ねじで直接止めた配線ラグ板が「漏電のおそれあり」と注意を受け生徒が配線し直したら発光順がバラバラになってしまうなど失敗もありましたね。(火事には細心の注意を払う舞台としては当然の指示だと思います。)

その後、もっと透明なフレームを使えば・・・、といったアドバイスもいただきましたが初心にこだわって生徒には銀色塗料でメカニカルな感じに作ってもらいました。

当初吉野電装さんから購入した信号機をさらにもう一組購入し、ゲートの左右に5つずつ配置し、制御用の回路に使われたPICもプログラムを書き直してさらに激しく早く流れるように発光させることにしました。今度は漏電の注意を受けないように圧着スリーブを使ってちゃんと配線しました。(別々のPIC回路で光らせているので段々光り方がずれていくのはご愛敬。)

*リンク集
吉野電装さん「現品.com」・・・信号機を購入、そのほかいろんな部品を売っています。
Microchip Technology Inc. USA・・・PIC:有名な制御用マイコンのメーカーです。お願いするとデータやツールが入ったCDを送ってくれます。
秋月電子通商・・・PICのプログラムを書き込むキットを売っています。

 

Author Shin-ichi Itabashi

MAILBUTT.gif (1202 バイト)  itabashi@ic-net.or.jp