魚探 出漁準備中! って台風で行けないんですが・・・。


 で、出漁までの準備は着々とできています。ただ台風が次から次で海に行けません。先週は雷雨におそわれて命からがら脱出した人もいたみたいですが・・・。自然は恐いね。人に言えた義理ではありませんが。

1:電源
 これは大事なものですが、長時間の運転に備えて鉛蓄電池を秋月から購入。12V4.5AHで1500円。合わせてそれようの充電器キットも購入しました。作るのが面倒なので取りあえず手持ちの電源でさらっと充電を完了。

   

 ファストン端子を買ってきてビニールコードに圧着。中途にヒューズボックスを入れて延長コネクタを付けました。中央の写真は魚探本体に接続するプラグ。こんないい加減な作りで大丈夫だろうか?一応端子は金メッキされているけど・・・。右側の写真は本体裏側。上からトランスデューサ、電源、外部サーミスタの各端子。

2:デモモード
 スイッチを入れるとデモモードの画面が出ます。


 何だかお魚みたいなマークのところにはお魚がいるんでしょうね。本当にこんな風に海底の様子がわかるといろいろ良いことがあるかもしれません。


3:自己診断モード(隠しモードか?)
 お約束で、全部のスイッチを押しながら(といっても電源ボタン以外には左右の二つのボタンしかないですが)電源を入れると・・・画面全体に斜めに線が入りピピっと音が鳴って自己診断モードに入りました。左右中央のそれぞれのボタンに対応するアイコンが出てきて各ボタンを順に押していくとEEPROMの状態や各センサの診断が始まります。これが終わってスイッチを切ろうとしても切れません。電源コードを外して終了。

次回は鉛蓄電池用秋月充電器の製作と行くかー。(いつまで引っ張るこの企画・・・。)