このページをご覧になっている方は、工作が大好きとか自作PCが大好きという方でしょうから言わずもがなのご忠告になりますが、事故やけがや火災などには十分ご注意下さい。ページ管理者としては何らの補償もいたしかねますので・・・。


 こんな素っ気ないページにおいでくださって有り難うございます。家の中で無線LANを通してインターネット接続を実現したいと考えて、以前からためていた(たまってきた)ジャンク部品を組み合わせてこんなものを作成してみました。
 ワンボードPCそのものはそんなに性能は良くはありません。(ペンティアム200Mhz)オンボードのVGAもなんだかしょぼくて妙に滲んだようなぼけたような画像を映しています。最近はディスプレイに映すことも希で、もっぱら心眼で起動・遮断を行っていますので全然関係ないのですが・・・。


【更新】

  1. ルータ(BEFSR41)が壊れました。diagの赤LEDが点灯しっぱなしになり、WANへの接続ができなくなりました。Linksys JAPANに返送して修理の見積もりを依頼したところ9000円ほどかかるとのこと。やむなく新品のPLANEX BRL-04FAを9000円で購入し、使用中です。BEFSR41はローカルが生きていたので回収してスイッチングハブにしようかとも思いましたが、まあ、そこまでする必要もあるまいと廃棄処分を依頼しました。
  2. 結局電源のFANを止めました。基盤からFANに行くラインをコネクターから引き抜き使用しています。中には大きい放熱板がありますがこれの冷却用というよりはPCケース全体の熱を吸い出す目的の方が大きいのでしょう。電源部は長時間の使用にも関わらずほんのり暖かくなるだけで、問題無しと個人的に判断しました。
  3. Windows2000のDHCPは何だかうまくいったためしがありません。最初は調子良くてもいつのまにかアドレスが取得できなくなっています。
  4. Yaさんからメールを頂きました。Windows2000の導入時に途中でインストールがストップしてしまうということでしたがBIOS設定をデフォルトに戻したことでうまくいったそうです。私は最近OSのインストールをやっていないので(安定しているからなんで、結構なことですが)そういった「こつ」のようなことを忘れています。OS/2を使用していた頃は メモリアクセスは最遅に、2ndキャッシュは無効に、HDのアクセスもPIOでとか必要以上に気を使っていたような気がしますが・・・。
  5. 最近起動時にPCカードアダプターの認識を取りこぼすことがありました。再起動で無事認識します。
  6. ごちゃついていた机の上を市販の棚キットLuminous「オーディオラック」で整理しました。そのうちお見せします。(って見せるほどのことでもないか。)

【現状】 2002年10月27日

以前に「吉野電装」現品.comから、工業用に使われていたと思われるISAカード型のワンボードPC(PCA-6154)を購入しました。
今度は同社より無線LANのPCカードを2枚購入して6154と組み合わせ家庭用の無線LANルータを作成したので報告します。
これで家庭内ではLANケーブルを引き回さずにノートPCからインターネットに接続ができるようになりました。ADSL経由です。

  1. まずは定番のバックプレーンボードの用意と言うことで、ジャンク屋からDELLのライザーカードを購入。500円也。
  2. メモリを64MBに増強しています。
  3. NECのPC−9821に使用されていた1.2GBのHDをつないでいます。
  4. LANに接続するためにISAのNIC、3comのEtherLink III(3C509B)を準備しました。
  5. 無線LANカードを挿すために以前から所持していたRATOCのISA PCカードアダプタを準備しました。こいつは長年つきあってきた優れもので、OS/2時代からの腐れ縁です。近年ISAソケットがないマザーボードが増えてきて、何だか持て余し気味だったので、よい嫁ぎ先を見つけたみたいです。
  6. 上記2枚のカードとも特にドライバなどは不要でwindows2000が認識してくれるはずです。
  7. WLI-PCMのドライバ等をFDからインストールします。
  8. あとはWLI-PCMに「インターネット接続の共用」を設定すればルータとして作動してくれると思います。
  9. 一応、ZoneAlarmなどを入れてシステムを防衛しているつもりですが・・・。
  10. ああ、電源は大同(Tatung)の205Wを中古屋で買ってきました。1000円也。
  11. 以下、簡単な図ですが載せておきます。
  12. HD、ライザーカードはアルミのパンチボードに、スタッドを介してねじ止めしています。裏側にはゴム足を同様にねじ止めしています。
  13. しかし見事に「製造・販売中止品」のみで作られています。(でも使えるもん。)

写真、手前からREX5051WとWLI-PCM 次が3C509B、一番向こうが6154。ライザーカードに載せて金具の上部を連結してビス止めしている。
青いLANケーブルはルータ(BEFSR41)を介してADSLモデムへ。


【今後の展望】

  1. 電源がむき出しで(と言うか、全部むき出しですが)FAN音がかなりうるさいので電源FANを何とかしようと思います。どうせケースに入れていないのでケース内の排熱は考えなくていいわけですから。5Vくらいに落として様子を見ようかと・・・。
  2. つぎはやっぱりサービスエリアの確認作業でしょうか?

高輝度LEDを使った高校演劇舞台装置へ

夜釣り用LEDヘッドランプの改造へ