農作物病害虫防除基準
 さがえ西村山地域の気象や栽培環境などを考慮し適正で効率的な防除対策等の参考になるよう、「さがえ西村山農産物安全・安心対策推進会議」 が主幹し、「農作物病害虫防除基準」を作成しています。
 「さがえ西村山農産物安全・安心対策推進会議」は、さがえ西村山地区で生産される農産物はもとより、農薬使用者や地域住民及び周辺環境に対して、恒常的な安全確保対策と農薬の適正使用を推進するため設置され、農作物病害虫防除基準の作成を主体とした安全防除指導の徹底や、 出荷前の残留農薬検査の実施による安全確認の徹底、消費地・消費者へ対する広報宣伝活動及び交流などの事業を行っております。
 「農作物病害虫防除基準」の作成にあたっては、農薬の登録や失効情報などをもとに、毎年、防除時期や防除方法の見直し、農薬の追加や削除を行い改正しています。また、化学農薬に頼ることなく耕種的防除(※1)の実践や交信かく乱剤(※2)の使用を広く推奨し、人に優しく環境負荷の少ない農業の実践をめざしております。

「さがえ西村山農産物安全・安心対策推進会議」構成
寒河江市長、河北町長、西川町長、朝日町長、大江町長、村山総合支庁産業経済部西村山農業技術普及課長、さがえ西村山農業協同組合代表理事組合長

(※1)耕種的防除
 病害虫の防除を農薬にたよらず、土作り、耕起、輪作、抵抗性品種・台木の利用、被害残さの除去、栽培環境適正化などの栽培方法の改善することにより防除を行う農業耕作方法。
(※2)交信かく乱剤
 合成性フェロモンを農作地に放出することにより、交尾すべき異性との交信をかく乱させ交尾を阻害し、繁殖率を低下させることにより、病虫密度の低減を目的に使用する殺虫剤。


水 稲

果 樹

野 菜

花 き

病 害 虫



表示用アプリケーション


名  称 内   容
Use AdobeReader Adobe社の「Adobe Reader」です。
PDF形式のファイルを閲覧する場合に使用します。インストールしていない場合はリンク先よりダウンロードしインストールして下さい。
※インストール・使用方法についてはAdobe社のWEBサイトを御覧下さい。