川湯温泉池田屋


豊富な湯量と泉質を誇る川湯温泉。神秘的なたたずまいで知られる摩周湖や屈斜路湖に挟まれた、絶好の立地も大きな魅力です。
泉質は硫黄泉などで、高血圧症、動脈硬化症などに効能があるといわれています。






北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2?6?25 015-483-2011 泉質:酸性硫黄泉(酸性明礬緑盤泉) 泉温:44.0℃
効能:神経痛・リュウマチ・筋肉痛・関節痛・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症・慢性皮膚病・慢性消化器病・慢性婦人病・冷え性・五十肩・火傷等

網走湖畔温泉観光ホテル



網走湖は、北海道東北部に位置する。南から網走川が流れ込み、女満別川などを集めて北東部から再び網走川としてオホーツク海に流出する。
東岸には呼人半島が大きく突き出す。湖面標高は0 mで、潮が満ちると下流部から海水が逆流するため、湖底には塩分濃度の高い水が
滞留し、無酸素層を形成する。





北海道網走市呼人23 0152-48-2121 泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物泉 泉温:17.1℃
効能:神経痛・リウマチ・腰痛・冷え症・筋肉痛・関節痛・動脈硬化症・運動機能障害・婦人病・更年期・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・皮膚病等

ひまわり温泉



女満別市街に入って、道道64号(女満別空港線)を約1km南下すると、「女満別農業構造改善センター」案内看板がある。建物の中に
日帰り入浴施設がある昭和58年(1983)、深度1500m掘削して女満別1号井(地質研コード137-003)が完工する。女満別農業構造
改善センター、特別養護老人ホームドリーム苑、介護老人福祉施設デイサービスセンターなどに浴用利用されている。





北海道網走郡大空町女満別西4条5丁目4-2 0152-74-4747 泉質:ナトリウム炭酸水素塩化物泉 泉温:51.0℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・慢性消化器病・関節痛・慢性皮膚病 疲労回復・慢性婦人病・冷え性等

女満別湖畔温泉
ホテル山水



網走国定公園に位置する網走湖女満別湖畔は「北海道景観百選」に選ばれたほど美しく自然豊かな湖です。四季を通じてその
美しさは変わることなく、散策や季節ごとのレジャーをお楽しめます。網走湖は二つの層を持つ特殊な湖。網走川を通じてオホーツク海
に結ばれているため、湖の干満によって海水と河川水が入り込みます。海水と河川水は比重が違うため混ざり合うことはないので、
上層は淡水層、下層は塩水層となっています。現在は水深7m前後にその境界があります。このような湖を「汽水湖」といいます。





北海道網走郡大空町女満別湖畔3丁目2番3号 0152-74-2343  泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:43.8℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・痔疾・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・病後回復期・健康増進等

養老牛温泉湯宿だいいち



養老牛温泉の発見は約300年前とされる。アイヌの人々が利用していた。 大正3年に標津岳に入山した西村武重が温泉を発見し、
6年がかりで温泉使用の許可を受けた後の大正9年、温泉旅館「養老園」を開業。しかし開湯当時は利用者がほとんどいなかったと
いわれる。養老牛の地名については、アイヌ語の「エ・オロ・ウシ」(頭=山鼻がいつも水についているもの)、または「イ・オロ・ウシ」
(それをいつも水に漬けているもの)が由来とされている。後者だとすれば、近隣のアイヌ民族の女性が繊維を作るため、シナノキや
イラクサの皮を温泉水に漬けて柔らかくしていたことにちなんだものだろう。





北海道標津郡中標津町養老牛518 0153-78-2131 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉 泉温:80.0℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・五十肩・痔疾 ・慢性消化器病・病後回復期・疲労回復・健康増進・動脈硬化症
慢性皮膚病・切り傷・火傷 ・慢性婦人病 ・冷え症 ・虚弱児童・慢性消化器病・慢性胆のう炎 ・胆石症 ・慢性便秘・糖尿病・痛風 ・肥満症等

藻琴山温泉芝桜の湯



芝桜の湯は、平成18年に掘り当てた温泉で、以前この公園内にあった「藻琴山温泉末広荘」が老朽化によって閉鎖して、それに代わる
新たな日帰り専門の温泉施設です。芝桜まつりの期間中やハイシーズンはかなり込み合うとの事です。すぐ横には「足湯」もあります。
共同浴場と同じ源泉を利用しているようです。





北海道網走郡大空町東藻琴末広393 0152-66-3111 泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉 泉温:59.8℃
効能:神経痛・筋肉痛・間節痛・打ち身・慢性消化器病・痔疾・冷え性・疲労回復・慢性婦人病・慢性皮ふ病・切り傷・火傷等