奥奥八九郎温泉



秋田県鹿角郡小坂町野口西ノ又で1974年に行われた黒鉱調査のためにボーリングを行ったところ、地下320-350mの地点から温泉水の湧出が
あった。掘削直後はバルブを止めて止水が行われていたが、1984年頃からのバルブ開放により温泉水の流出が再開された。その後、炭酸
カルシウムの温泉沈殿物(シンター)が形成され始め現在では約1mの厚さで温泉沈殿物が堆積している。



温泉湧出口からは二酸化炭素が噴出しており、「天然のジャグジー」とも呼ばれている。無雪期には多くのマニアが集まって来るが、この場所は
アブが多く、しかもアブは温泉から噴出する炭酸ガスに集まって来るため、アブに刺されないような時間や季節を選ぶ必要がある。



湧出口からはやや熱めの44℃の温泉水が湧出しているため、温泉を枝分かれさせた複数の浴槽が掘られており、個人の好みに合わせた
温度を選択できる。温泉水中の鉄の濃度は6ppmと低いものの、温泉水と接触している部分には鉄を含む赤色沈殿物が観察できる。このため、
タオルを温泉水につけると、タオルが真っ赤になる。これは温泉水自体は透明であるが、温泉水の中に鉄の微粒子が浮遊しているためである。



秋田県鹿角郡 小坂町 泉質:カルシウムイオン…485ppm/ ナトリウムイオン…394ppm/ マグネシウムイオン…105ppm
塩素イオン…821ppm/ 硫酸イオン…509ppm/ 炭酸水素イオン… 713mg 遊離二酸化炭素…701ppm


奥八九郎温泉



八九郎温泉入り口の手前約50mの所に、小さくて且つ目立たない手書きの看板があります。ここが奥八九郎温泉の入り口で、細いダートの道が
奥へつながっています。



砂利道に入って2.7キロ途中の分岐2か所は共に左へ、最後は獣道のようです。



バキバキと小枝を踏みながら進むと、現れました一坪ほどの湯だまりが



地下からボッコンボッコン適温の湯が沸き出しています。但し入浴するのは至難の業です。ご覧のように周りは泥状態で、泥まみれに
なります。三つの八九郎温泉の巡り方として、ここは一番最初に入るべきでしょう。二番目に奥奥八九郎に入り、最後に一番手前の
八九郎に入ると綺麗な体で帰れます。



秋田県鹿角郡小坂町山中

八九郎温泉



八九郎温泉の名前の由来は、八九郎という集落より付けられたそうだ。温泉好きの中ではもう知らない人はいないのではないかというほど
有名な温泉です。秋田県の最北端鹿角郡 小坂町にこの温泉があります。



際立った看板や道案内がほとんどないので、詳しく説明できませんが、小坂町の舗装道路を進んで奥八九郎温泉へ向かうダートに入らず、そのまま
舗装道路を左にカーブし300m位進むと向かって右側の道路添いに集落のごみ置き場があり、そこに車を止めてその裏の農道を奥に進みます。



奥まったところに、農業用のビニール・ハウスが現れます。これが八九郎温泉です。



集落の人たちによってきれいに管理されていて、とても綺麗で温泉も最高でした。



秋田県鹿角郡小坂町 Tel なし  泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉 泉温:41.6℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱自動・慢性婦人病・動脈硬化症・慢性消化器病・痔疾等

田沢高原温泉ホテル



日本一の深さと、高い透明度を誇る田沢湖、その田沢湖を一望できる田沢湖高原温泉郷は、秋田駒ケ岳のふもとに広がる高原の温泉です。花の山
秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっています。色合いが毎日違うにごり湯は源泉かけ流し!





秋田県仙北市田沢湖生保内駒ヶ岳2 Tel 0187-46-2311 泉質:単純硫黄泉 泉温:59.1℃
効能:切り傷・慢性皮膚病・慢性婦人病・高血圧症・糖尿病・動脈硬化症・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性等

なるせ温泉東仙歩



栗駒国定公園の山懐に抱かれた秋田県東成瀬村は、栗駒の恵みをいただいた水と緑の豊かな大地です。成瀬川には清流のシンボル
ホタルやイワナ、ヤマメが生息し、あちこちの支流で渓流釣りが楽しめます。「東仙歩」の真下にも清流が流れています。、
満点の星空は、1999年環境庁より「星空日本一」に認定されました。





秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字真戸30−1 0182-47-3186 泉質:弱アルカリ性単純冷鉱泉 泉温:12.0℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔しっかん・冷え性・運動麻痺・病後回復・疲労回復・健康増進等

大湯温泉よし川



小安峡・大湯温泉にある「民宿・よし川」。民宿と名乗っていますが民宿にしては立派な外観です。ココはすぐ下が渓谷になっている
立地で窓からは渓流が眺められます。玄関入口際には木の葉の湯源泉を汲む場所があります。お風呂は男女別に内湯が
一つずつ。桧造りの2×2.5mの広さ。木造の浴槽はほんといいです。





秋田県湯沢市皆瀬字小安奥山国有林2 0183-47-5253 泉質:アルカリ性単純硫黄泉 泉温:81.1℃
効能:慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性等