赤澤温泉国民宿舎桂田



ウトロ市街地から国道334号で東方向に向かうと、ウトロ海岸沿いに創業32年の「国民宿舎桂田」がある。当初は、昭和50年(1975)に深度503m
掘削したウトロ眺洋台泉源を利用していたが、現在は、平成9年(1997)に深度620mまで掘削した赤澤温泉を利用している。赤澤温泉は温泉地名ではなく、
泉源所有者の赤澤さんに因む。






北海道斜里郡斜里町ウトロ東361 Tel 0152-24-2752 泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸水素塩泉 泉温:55.3℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動マヒ・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・腎臓病・高血圧症・切り傷・火傷・虚弱自動・慢性皮膚病等

ウナベツ温泉



広大な斜里平野の東端、オホーツク海を望む斜里町峰浜に自然休養村管理センターはあります。斜里市街とウトロの中間にあるので、知床観光は勿論、
単純硫黄泉の天然温泉で旅の疲れを癒せます。流氷原を見ながらウィンタースポーツができる“ウナベツスキー場”と隣接していますので、
スキーと温泉の組合せなど、四季を通じてお楽しめます。





北海道斜里郡斜里町峰浜194-1 Tel 0152-28-2203 泉質:単純硫黄泉 泉温:44.3℃
効能:リウマチ性疾患・慢性中毒症・糖尿病・慢性皮膚病・角化症・慢性湿疹・脂漏性疾患・創傷・運動障害・女性器慢性炎症・月経異常・不妊症等

羅臼温泉
熊の湯(再訪)



日本最後の秘湯、知床にある温泉、熊の湯は、明治時代の地図にも載っていると言う歴史ある湯である。地元の人や目の前にあるキャンプ場で
泊まっている人がひっきりなしに入浴しに訪れる。熊の湯を管理されているという地元の方は毎日入りに来る。その人は地元で「熊」と呼ばれ、
その人が来ると皆が「熊が来た」と口々に言うらしい。とてもマナーを大事にしている方らしく、入る人、入る人へ注意をしていた。
そういった人がいるからこそ、無料の温泉が荒れないですんでいるのだろう。それにしてもお湯が熱い!地元の人は平気で入っている。





北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町 Tel 0153-87-2126(羅臼町水産商工観光課) 泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 泉温:99.0℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・慢性皮膚病・冷え性・切り傷・火傷・慢性消化器病・慢性婦人病・糖尿病等

カムイワッカ湯の滝



8月は一般車は乗り入れ禁止となり、バスで行かなければならない。バスへ乗るには3箇所、「知床自然センター」「臨時駐車場」「ウトロ温泉
ターミナル」があるが、前日泊まったホテルの駐車場にレンタカーを停めさせて頂いて斜里バス・ウトロ・ターミナルからバスに乗りました。



往復乗車券を買いました。



ウトロ・バス・ターミナルは、世界自然遺産「知床」の玄関口JR知床斜里駅に隣接し、知床(ウトロ温泉)方面へ乗り継ぐバスのターミナルです。



道路は、バス一台が走るのにギリギリの道幅でエゾシカも飛び出てくるダート道路です。



湯の滝バス停に到着して、先ず水着に着替え、素足だと川底が滑るので滑り止めの靴(私の場合はチカタビ)に履き替えました、



バス停から川底の岩盤を上ります。登り始めは緩やかで温泉の温度もそれほど熱くはありません(ほんのり暖かい程度)
時々湯溜まりがあって浸かれるような箇所もあります。



当然、そんな湯だまりを見逃さず入ってしまいましょう。



全国的に有名になった“カムイワッカ湯の滝”は、シーズン中は多くの人でにぎわいます。流れ落ちるお湯の川を登っていくのは気持ちのよいものです。
滝の上部は落石の恐れがあるため、一の滝まで行くことができます。一の滝までは入口から川の中を歩き、10分程かかります。

ウトロ温泉北こぶし



【世界自然遺産知床】「シリエトク」(sir-etok) とは、アイヌ語で「陸地・大地」(sir) の「先端・前」(etok) を意味し、「大地の突端(行き詰まり)」
を表す言葉で、知床の語源でもある。人間を寄せ付けない地形・環境が残され、野生動物たちの聖地がここに在る。ウトロ温泉北こぶしは、
オホーツク海に面し眺めの良い温泉です。





北海道斜里郡斜里町 ウトロ東172 0152-24-2021 泉質:ナトリウム-塩化物泉[中性等張性高温泉] 泉温:67.8℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・虚弱児童・慢性婦人病・慢性皮膚病・切り傷・火傷等

羅臼温泉蜂の湯



地の果てにふさわしい景色にどっぷり囲まれ、天然温泉の大浴場は、大きな窓で開放感いっぱい。風情あふれる岩造りの露天風呂は、
知床の原生林を眺めながら入浴できる。蜂の湯は、羅臼岳のハイキングルートまで車でわずか3分、マッカウス洞窟まで
車で8分です。自然散策やホエールウォッチングなど、知床羅臼での観光の拠点になっています。





北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町7?3 0153-87-3001 泉質:含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉 泉温:68.2℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・糖尿病・便秘・リウマチ・慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症・通風等