松川温泉松川荘 



  

 
松川荘は、松川温泉の最奥にある宿の一つです。宿へは、県道からかなりの急さかを降りていきますが、冬季は隣接する
 地熱発電所に迂回する路もありますので安心です。
以前は、湯治湯の雰囲気が強かった松川温泉ですが、
 近年は洗練されてきて、松川荘も快適に過ごせる施設となっております。館内には内湯の外、混浴の露天風呂が有ります。
 
混浴露天風呂は湾曲したひょうたんの形をしていて、男女がそれそれの脱衣所から入ります。かなり白濁した湯のため、
 混浴の浴槽としては女性にとって喜ばしいお風呂ですね!また女性専用露天風呂も隣接してありました。

 

 岩手県岩手郡松尾村寄木松川温泉  п@0195−78−2255 泉質:硫黄泉  泉温:43〜85℃
  効能:創傷・皮膚病・美肌効果等

  厳美渓温泉いつくし園 





 
いつくし園は、戦国の名将伊達政宗公が「我が領地に二大景勝地あり」と称された国の名勝天然記念物「厳美渓」の
 ほとりに建っています。渓流と芝生と竹林に囲まれた日本風のお宿です。一関を代表する厳美渓”いつくしの滝”と呼ばれ、
 その昔は平泉と京都を結ぶ道筋にありました。渓谷沿いに湧出した厳美渓温泉は、塩化物質泉で疲労回復に良い宿は
 日本の伝統美を基調とした民芸風建築です。




岩手県一関市厳美町字南滝の上15 п@0191−29−2101 泉質:弱アルカリ性−ナトリウム塩化物泉 泉温:45℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・疲労回復等

矢びつ温泉
瑞泉閣




 矢びつ温泉【霊験の湯】  古くから瑞山(みずやま)と呼ばれ信仰されてきた山王山、その山の中腹にあるお堂は嘉祥年間
(850年頃)慈覚大師の勧請により藤原清衡が建立し、中尊寺の自在坊蓮光が別当を努めたことから、山麓の矢びつ温泉もまた
 霊験の湯として崇められました。




 
「矢びつ」の名はその昔、敵軍の放つ矢で淵が埋まったと言う逸話!矢淵(やぶち)に由来しています。
 周辺には矢びつダムなどの佳景も多く、山紫水明の地として静かな美しさを称えています。




 
岩手県一関市厳美町字下り松п@0191−39−2031泉質:塩化物・硫酸塩泉泉温:63〜64℃
 効能:神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病・火傷・リウマチ・胃腸病・創傷・痔疾・婦人病・糖尿病・冷え性・腰痛・等

 松川温泉松楓荘



 松川温泉松楓荘は、松川渓谷の一番北側に位置し東八幡平温泉郷に近い所に有る宿です。県道からわずか渓谷側に下っていった
 先にありました。

 


 館内には中央に大きな岩が配置されていて、男女別の内風呂の仕切りにもなっています。浴槽内は豊富で
 少し熱めのお湯が注がれていました。深さも1m位ありお湯が白濁していて、硫黄臭が漂っています。

 
内湯も納得のいくものですが、この宿「松楓荘」の目玉はなんといっても橋を渡って対岸にある混浴の岩風呂
 です。大人一人が通行可能な巾の通路を川沿いに進んで行きますと浴槽に辿り着きます。山ちゃんは車の中に
 メガネを置いて入浴しますので、近くの物は鮮明に見えないのですが浴槽の入口にある更衣篭に下着を入れて
 入ろうと湯船を眺めると先客がいました。体つきが凸凹で女性のようです。それも若い(@_@)暫くして出て行って
 しまいました。(^_^;)


 
 

 ↑ご覧のように階段を下りて着替えをしますと、先客の逃げ場を封じてしまいます。女性の方ご注意下さいね(^O^)
 この半洞窟の岩風呂は、その野趣豊かさが広く知られていて人気があります。岩から直に湯が浸みだしていて
 白濁した硫黄泉は時の経過を忘れさせてしまいそうです。

 
岩手県岩手郡松尾村寄木1−41  п@0195−78−2245 泉質:酸性単純硫黄泉(硫化水素型)泉温:63.5℃
 効能:創傷・皮膚病・リウマチ・神経痛・糖尿病・痛風等


 八幡平温泉みどりの湯
 


 松川温泉は250年もの歴史をもっています。八幡平と岩手山を隔てるように流れる松川、その渓谷沿いの山間に湧くいで湯で
3軒の素朴な温泉宿が並んでいます。みどりの湯は最も上流に位置する日帰り入浴施設です。

 
松川温泉の近くには日本初の地熱発電所が作られました。温泉は単純泉・低張性
 アルカリ性高温泉は、珍しい緑色をしています。又気象条件によっては眼下に雲海が見られます。




 【松川地熱発電所】昭和41年に運転が開始されました。日本初!世界でも4番目の発電所です。高さ46mの巨大
 な冷却塔から絶え間なく蒸気が噴き出しています。地下1000m付近の地熱を利用した200℃の蒸気、
 毎時200tが噴出され、その蒸気によって、現在最大出力23500kwを発電しています。最近では
 火力発電の十分の一から百分の一程度の二酸化炭素しか放出しないと言うことで、環境に
 優しくクリーンなエネルギーとして注目を集めています。




 〒028-7304 岩手県岩手郡松尾村寄木松川温泉  п@0195−78−2255泉質:硫黄泉・低張性アルカリ泉  
 泉温:86℃  効能:皮膚病・切り傷・神経痛糖尿病・痛風


  藤七温泉 彩雲荘

 

  秋田県境にほど近い藤七温泉から松川温泉までの14.9kmの道路が八幡平樹海ラインです。八幡平一帯の大自然と岩手山の
眺め満喫しながら快適なドライブを楽しみました。ここは観光道路として人気上昇中だそうです。

 
 

 この道路は23年の歳月をかけて平成5年6月に開通正式には八幡平車道といい、八幡平樹海ラインという
 親しみやすい愛称は全国公募により決まったものです。ルート沿いには、流れ落ちる滝が木々の間から望めます。
 涼風の滝や、熱泉がボコボコと音を立てて噴き出し湯煙が立ち上る太古の息吹など見所も多いです

 八幡平の広大な樹海の中に佇む藤七温泉彩雲荘は、標高1400mという東北で最も高い高地にある温泉です。
 男女別の展望露天風呂は日によって雲海を眼下に眺められるという絶景が自慢です。四角い木枠で作られている
 浴槽は温泉情緒を醸し出している!という見出しが目にとまり、今回出かけて見たのですが(-_-;)立地条件や絶景、
 は最高なのですが、設備の老朽化が著しく手入れも行き届いていない様子で、愕然といたしました。温泉の命は
 お風呂です。この状況では僕を含めリピート客は多分望めないでしょう。




岩手県岩手郡松尾村 рO90−1495−0950泉質 単純硫黄泉 86℃   
 効能 皮膚病・切り傷・神経痛・糖尿病・痛風