不老ふ死温泉



  

 不老ふ死温泉は、荒磯が広がる津軽海岸の真っ直中に位置します。温泉名の由来は、奏の始皇帝の命令で日本に不老不死の
 仙薬を探しに来た除福が発見、その伝説から名付けられました。この温泉は、海に沈む夕日が見られる秘湯として有名です。

 

青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15  рO173−74−3500  泉質:ナトリウム-カルシウム-マグネシウム・塩化物強塩泉
 泉温:49℃  効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・腰痛・リウマチ・創痛・皮膚病等

 
古遠部温泉



 古遠部温泉は昭和40年代に鉱山開発の試掘で発見されました。歴史はそう古く有りませんが、十分秘湯の
 雰囲気が漂っています。青森県と秋田県の県境の山の中に位置し、閑かな自然に囲まれて心身共に癒されます。

  

 ここの温泉は、温泉通の間では人気が高く、薬湯と言われる程泉質に優れ、また湯量も豊富で毎分500リットルの
 大量の源泉がおしげもなく湯船に掛け流されています。湯は赤サビ色で湯船から外の沢に流れ出た様は、まるで
 噴出したマグマが固まったようにも見えました。

 

 青森県南津軽郡碇ヶ関村大字碇ヶ関字西碇ヶ関山1−467 п@0172−46−2533 泉質:含石膏弱食塩泉 
 泉温:41.5℃効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・慢性皮膚病・慢性婦人病・疲労回復・
 虚弱児童・火傷等

相乗温泉



  

 以前温水プールやウォーターコースターを備える温泉レジャー施設が倒産し、ここ数年廃墟になっていましたが、
 新たに温泉入浴施設として2004年12月に復活したのが相乗温泉です。従って施設は新しく新鮮みがあります。
 内湯に露天風呂、そして単純温泉と自然湧出の含鉄食塩泉の源泉浴槽を備える、源泉掛け流しの宿です。
 位置的には、秋田県との県境に位置し、矢立峠に近い国道7号線沿いを流れる平川の源流の一つである
 相乗沢川付近にある一軒宿です。

 

 青森県南津軽郡碇ヶ関村大字碇ヶ関字西碇ヶ関山185  п@0172−49−5005  
 @泉質:ナトリウム塩化物質 泉温:43.4℃
 A泉質:単純泉  泉温:52.4℃  効能:神経痛・関節痛・・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき
 慢性消化器病・痔疾等


嶽温泉三楽



 
嶽温泉は江戸時代から多くの人々に湯治場として利用されてきました。素朴ないで湯の湧き出る
 嶽温泉は初夏まで残雪を抱く美しい岩木山の南西麓の標高450mにある風光明媚な温泉地です。

 山楽は嶽温泉の中で最も古くからある旅館で、湯治場の面影が色濃く肩のこらない雰囲気の宿でした。
 嶽温泉の中央部に位置し木造二階建ての建物の中に、こけし型の浴槽の内湯があります。


 


 
混浴の露天風呂は宿の裏手の庭の中に造られています。この露天風呂は「野天100人風呂・津軽の湯っこ」と
 言われているほど大きくて野趣豊かです。男女別の暖簾が下がる脱衣場があり入口に格子状の衝立もあります。
 露天風呂は浴槽も大きく、緑白色の湯の濁りが十分ですので混浴に馴れていない人でも入りやすいです。

 
 
 

 温泉は当然のように掛け流しで、お湯が直接豪快に注ぎ込まれていて、その分どんどん放流されているのが嬉しい
 ですね!浴槽内には白い湯ノ花も沢山舞っていました。

 
青森県中津軽郡岩木町常磐湯の沢34−1  п@0172−83−2136
 泉質:カルシウム・塩化物質・マグネシウム・炭酸水素塩・硫黄泉  泉温:46.9℃
 効能:動脈硬化・皮膚病・打ち身・痔疾・関節痛 (飲用)痛風・糖尿病・消化器病・便秘・胆石等

 落合温泉 花禅の庄



 
落合温泉は青森県のほぼ中心部に位置していて、十和田湖・八甲田山・弘前城など県内の主要観光地への
 アクセスに優れています。


  

 
浅瀬石川をはさみ板留温泉と向かい合っています。山裾に立ち並ぶひとかたまりの温泉宿は黒石の奥座敷と
 なっています。落合温泉の名の由来は、中野川の落ち合う所から名付けられました。

落合温泉のある黒石市はかつて弘前津軽藩の支藩一万石の陣屋町として栄えてきました。黒石市は今も小城下町の
町並み風情を残しています。またこの地は多くの詩人や作家を生んでいます。それはこの地の自然
 豊かな風土に源があるのだと思います。


 

 
青森県黒石市大字袋字富山64−2  п@0172−54−8226 泉質:単純泉  泉温:56℃  効能:リウマチ・神経痛等

青荷温泉黒石温泉郷



 原生林に覆われた山間を青荷温泉に向かって走りますと、道の要所要所に津軽弁で書かれた道案内と言えるかどうか
解りませんが、ユーモラスな立て看板が旅の疲れを癒してくれます。この言葉の意味は何かな?理解出来ない内に
次の看板が目に止まります。でも、津軽弁って心温まります。
青荷温泉の50m手前に駐車場があり、
そこから急な坂を下っていった所に温泉宿がありました。でも湯上がりこの坂を帰ってこなければなりません。(^_^;)

 黒石市から十和田湖に向かう途中の南八甲田の山中に青荷温泉があります。ここはランプの宿として有名な
一軒宿の秘湯です。浅瀬石川の支流の青荷川の渓谷にあって、うっそうとした森に囲まれています。




 温泉の歴史は1931年に青森県の歌人、丹羽洋岳(にわようがく:本名丹羽繁太郎)が始め、戦後に企業化されました。
70年ほどの歴史ですが、歌人が始めた温泉なので、全体としてひなびた風流さか感じられます。


 


 
 深い山懐に抱かれた一軒宿、豊かな自然に囲まれた渓流沿いの混浴露天風呂が素晴らしいです。大小の自然石で
 囲まれた岩風呂は谷間に向かって開け、四季折々の眺めが広がります。昼間の眺めも素晴らしいが夜も
 又お勧めのようです。露天風呂を照らすランプの素朴でほのかな明かりが、幻想的な景色を作りだし、
 風情たっぷりの入浴を満喫できます。
この度の入浴シーンはレンズが曇ってしまいました。(-_-;)天候も雨模様の日でした。
 青森県黒石市沖浦青荷沢滝ノ上1−7   п@0172−54−8588
 泉質:単純温泉 塩化物質 泉温:45〜58℃ 効能:胃腸病 腰痛 骨折 神経痛など