横手駅前温泉ゆうゆう



秋田県横手市は、100を越える「かまくら」や、無数のミニかまくらが街を彩る「横手かまくら」で知られています。ゆうゆうは
その駅前に湧く温泉です。駅周辺は高速バスのターミナルやホテル・デパートが建ち並び近代的な賑わいを見せている
繁華街です。普通、東北の温泉は、山の中の物静かな所を連想しますが、この施設は例外です。





秋田県横手市駅前町7−7  рO182−32−7777  泉質:ナトリウム塩化物泉  泉温:43℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・冷え性・慢性消化器病・慢性皮膚病・疲労回復等

あいのの温泉鶴ヶ池荘



あいのの温泉は、新観光秋田30景に選ばれた鶴ヶ池に隣接し、全館から美しい水辺の景色を一望出来る施設です。



施設は平成10年にリニューアルオープンし、自然豊で四季折々の自然の変化と落ち着きと、安らぎを醸し出す佇まいです。



秋田県横手市山内村土渕字鶴ヶ池24−2  рO182−53−2131  泉質:ナトリウム-カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
泉温:62.5℃ 効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・動脈硬化症・火傷・切り傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病等

八森いさりび温泉ハタハタ館



  

 
ハタハタ館は、世界遺産に登録され有名になっている白神山地がある八峰町に位置しています。海と山がある町
 であり、全国各地から訪れる登山客もハタハタ館を良く利用するそうです。2007年4月にリニューアルされた
 とても綺麗な施設です。
♪♪秋田名物八森ハタハタ〜、男鹿で男鹿ブリッコ〜♪♪でおなじみの八森町にあるハタハタ館です。 秋田名物の
 筆頭にあげられるほど有名なハタハタも、この辺一帯の近海が漁場となっています。ブリッコとはハタハタの卵です。

 

 秋田県山本郡八峰町八森字長坂130番地  п@0185−77−2770  泉質:ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
 泉温:50.0℃  効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性等

  強首温泉樅峰苑
  


 強首(こわくび)温泉樅峰苑(しょうほうえん)は、雄物川沿いの田園地帯にあります。何も知らず一見すれば、
 この大きく古い建物は、お寺にしか見えません。
建物はこの土地の豪農、旧小山田家の邸宅をそっくり利用した
 施設で、大正3年の強首地震の後、三年の歳月をかけて建築されたということです。


  

 
こじんまりとした浴槽には適温のナトリウム塩化物質泉が掛け流しになっていて、気持ちよく入浴できました。
 お湯は粘度が混じっているような黄色で肌触りが良く、濃度がたかいように感じました。宿の裏手は直ぐに雄物川の
 小高い堤防になっています。また、敷地内には小山田家の生活用具や農具を展示している土蔵の資料館も有ります。




 
秋田県大仙市強首字強首268  п@0187−77−2116   泉質:ナトリウム塩化物質・高張性中性高温湯
 泉温:53.2℃  効能:神経痛・打ち身・リウマチ・慢性皮膚病等

 志張温泉
 元湯



志張温泉元湯は、秋田八幡平の鹿角側入口にある志張温泉の2軒ある宿の一つです。国道341号線沿いの
 志張温泉ホテルの脇を通り、谷間の方へ行った先にあります。
熊沢川の渓流沿いにあるこの静かな宿は江戸時代から
 沸き続けている温泉を利用しています。豊かな緑が広がるという恵まれた環境でキツネやタヌキも
 現れるそうです。静寂さの中でそんな自然を味わえます。




 
館内の木造り浴槽には無色透明の湯が流れていました。源泉は「志張B泉」と「志張E泉」が混合されたもので
 無色透明の単純泉ながら、ゲルマニウムを含み温泉らしい仄かな重曹臭とアルカリ性特有のぬめりがあります。



 温泉の湧出温度は入浴適温で殆どそのまま入れます。
 秋田県鹿角市八幡平42−1  п@0186−31−2021 泉質:含ゲルマニウム弱アルカリ重曹泉
 泉温: 45.2℃  効能:肝・胆道疾患・肥満・動脈硬化・虫さされ・皮膚病・新陳代謝促進・消化器疾患・糖尿病等

湯瀬温泉姫の湯




 岩手県との県境近くの秋田県側、米代川沿いに湯瀬温泉はあります。「川の瀬からお湯が湧きだしていた」ところから
「湯瀬(ゆぜ)」の名称がつけられました。湯量が豊富でお肌に非常に優しい温泉です。旅行雑誌などにも「日本三大美人の湯」
として紹介されています。
【姫の湯の由来】その昔、一匹のとんぼ(土地の言葉で「だんぶり」)が、この地の働き者の夫婦に
 富をもたらしていました。だんぶりのおかげで長者になった夫婦には美しい娘がおり、後に第26代
 継体天皇の后となられ、吉祥姫と呼ばれました。




 その吉祥姫が帰郷したおり病をわずらい、その病を癒すためにこの地の温泉に浸かりました。それが湯瀬温泉の湯です。
今から1500年も前のお話です。
あまりにも気持ちよく癒されまして、長湯をいたしましたら日が落ちてしまいました。(>_<)



 秋田県鹿角市八幡平字湯瀬40−1 姫の湯 0186-33-2011湯瀬温泉 泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:58.4℃ 
 効用:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・痔・冷え性・疲労回復・健康増進等