南郷夢温泉



 南郷夢温泉・共林荘は、湯田温泉郷から国道107号線を秋田側に少し入り、山中に分け入った旧山内村にある、
地元密着型の温泉施設です。ここの温泉は、比較的新しく、平成2年にオープンしたものである。社長のこだわりなのか、
建物の表示もパンフレットもカレンダーも、全て「南郷(夢)温泉」となっている。そして宿のオリジナルソング「南郷夢音頭」もあるほど、
宿は全てが夢尽くしです。





秋田県横手市山内南郷字大払川139−1  рO182−53−2800  泉質:アルカリ性単純硫黄泉  泉温:47℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進等

田沢湖高原温泉パレスこまくさ



 「パレスこまくさ」は、秋田駒ヶ岳のマイカー規制の拠点施設としてオープン致しました。施設は自然ふれあい温泉館、
 秋田駒ヶ岳火山防災ステーション、秋田駒ヶ岳情報センターから構成されています。

 
 

 
駒ヶ岳は、「花の山」と呼ばれ、夏には色とりどりの高山植物が咲き誇ります。「こまくさ」はその代表格で火山礫という
 ゴロゴロした石の斜面に可憐に咲き誇り、これを目当てに大勢の登山者が全国からやってきます。反面駒ヶ岳は、
 活火山であります。最近の噴火は1970年に起きました。




 
秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2−16  п@0187−46−2101  泉質:単純硫黄泉

 泥湯温泉再訪



   

泥湯温泉は、明治の宿として栄えてきた歴史の古い温泉です。その名のとおり温泉の湯は白く濁っており、この白濁色の湯は
古くより伝わる天狗の伝説があります。それは、天狗が乙女のために、温泉に入りやすいように色を変えたという伝えです。
地獄の泥が地中からボコボコと泥が湧き出る様を見ていると、何故泥湯という地名がついたか頷けます。

↓の泥湯温泉は、暖かい季節に訪れましたが、この度は雪の泥湯を訪れました。更衣室の槇ストーブの温かさが嬉しいです。

 

 
温泉データは↓の泥湯温泉奥山旅館を参照下さい。

駒ヶ岳温泉
 


  

 秋田県の乳頭温泉に向かう道の途中、水沢温泉の手前から一寸林の中に進むと、一軒だけポツンと離れた
 温泉がありました。ここに至る林の中には「友情の滝」などもあり、自然豊かな原生林の中に山荘風の佇まいです。

 
以前は旅館業で宿泊がメインだったみたいですが、現在は完全な日帰り温泉と食事休憩のみの営業でした。

 

 
秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野80−68    п@0187−46−2688
 
泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物質(硫化水素型) 泉温:60℃
 効能:神経痛・関節痛・肩こりなど

 泥湯温泉奥山旅館



 
秋田県湯沢市といっても、かなりの山中に泥湯温泉はあります。この地域には3軒の宿が有ります。泥湯と言っても、
泥の湯が湧いている訳では有りません。白濁りの硫黄泉が湧いています。
この地域の広範囲にわたって火山活動が活発で
奥山旅館に通ずる道路アスファルトが高温のため維持出来ず、工事用の厚い鉄板が敷いてある道路を通って行くのです。
 その場所に長時間駐車すると、タイヤが溶けてしまいそうです。
泥湯温泉は、藩政時代に開かれ後に「明治の宿」
 として栄えて来た歴史有る温泉郷です。

    
奥山旅館の館内には、白濁りの硫黄泉が湧く混浴の内湯と、岩造りの混浴露天風呂、木造の女性専用露天風呂が有ります。



 
秋田県湯沢市高松字泥湯沢25   п@0183−79−3021泉質:硫化水素泉・単純硫黄泉  泉温:74.0〜79.6℃ 
効能:高血圧・動脈硬化症・末梢循環障害・中毒症・糖尿病・便秘症・気管支炎・痛風等

 秋の宮温泉郷
稲住温泉




秋田県内で最も古い温泉地と言われています。俗化されていない雰囲気は文人にも好まれ、
 武者小路実篤、伊藤永之助らが長く逗留しました。


  

 R108号線は雄勝町から宮城県の鳴子町に抜ける道路で(鬼首街道)、情緒溢れる温泉が点在しています。秋の宮温泉郷は
その秋田県側に位置し自然豊かな環境の中にあります。
役内川沿いに散在する秋の宮温泉郷の一つに数えられ、武者小路実篤の
「稲住日記」で有名な温泉です。武者小路実篤は昭和20年春、この地に疎開し終戦を迎えました。栗駒山麓の高台に、
純和風造りの風格ある一軒宿「稲住温泉」があります。旅館の裏庭には赤松の林が広がる自然庭園があります。

 
清流「荒場川」に面する露天風呂は入浴しながら四季折々の素晴らしい渓谷美を楽しむ事が出来ます。また、
豊かなブナ林から庭園に流れ出る清らかな水の音が、安らぎと潤いを与えてくれます

 目の前に広がる四季の装いを眺めながら湯に浸っていると、自然と心まで洗われていくようです。周囲の
 自然と一体化した造りの露天風呂は山ちゃんのお気に入りに追加されました。


 

 秋田県雄勝郡雄勝町秋ノ宮字山居野11   рO183−56−2131
 泉質:塩化物質・単純温泉  源泉温:54〜90℃ 効能:神経痛・疲労回復・関節炎等


 鷹の湯温泉




 幹線道路(鬼首街道)から坂を下った行き止まりに一軒宿「鷹の湯温泉があります。
 幹線道路からは僅かな距離ですが、自然の樹木の間を通りますと四季折々の自然色を楽しむ事ができます。


  

 道幅が狭かったですが、鷹の湯温泉の私設道路のようでしたので交通量が少なく、路上に車を止めて写真撮影もゆっくり出来ました。
この時期四季を通し一番美しい光景ですね!
駐車場の紅葉も目の覚めるような色合いです。玄関には 「日本秘湯を守る会」
の提灯が目を引きました。
敷地内に源泉の湧出口があり豊富な量のお湯が湧き出ています。川沿いに宮城県の「湯ノ倉温泉」
の露天風呂を一回り小さくしたような露天が有りましたが、訪れた日はあいにくの冷たい雨天で入る事が出来ませんでした。入浴は
出来たかも知れませんが写真が撮れません(>_<)




 豊かな自然に囲まれた秘湯の宿、宿の前は役行川が瀬音を立てて流れています。山々の四季の色合いを映し出す
清流を目の高さに眺める露天風呂が何とも言えない満足感がありました。源泉がそのまま流れ込んでいるのも魅力の一つです。

 
秋田県雄勝郡雄勝町秋の宮殿上1  п@0183−56−2141泉質:弱食塩泉・緩和性・低張高温泉  源泉温:79.0℃
 効能:慢性関節リウマチ・慢性筋肉リウマチ・神経痛・腰痛・慢性皮膚病・創傷など