屈斜路湖池の湯



  

池の湯は、屈斜路湖南東岸に湧く大きな池のような露天風呂です。道路からは雑木林で隔てられていて、それが目隠しになり
 解りにくくなっています。岩造りの湯船のすぐ前は湖で、湯は底の岩間から湧き出し、溢れて湖に注いでいます。
 湯船は直径20メートル位の円形です。男女別の更衣小屋もあります。混浴の大野天風呂からの景観と開放感は抜群で
 これぞまさしく北海道の露天風呂という感じがします。湯船の岩には藻がびっしり着いていて、滑るので注意が必要です。

 

 北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖池の湯  п@01548−2−2191(弟子屈町役場)  泉質:単純温泉 泉温:適温
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛等


屈斜路湖桂月の湯

 
 


 その昔、アイヌの言葉で「ワッコチ」(魚の尾の付け根のくびれの意味)と呼ばれていた半島に「和琴」という美しい日本語を
当てたのが、明治、大正期に活躍した土佐出身の大町桂月です。層雲峡の命名者としても有名な北海道に縁の深い文人です。

 

「桂月の湯」はその和琴半島入口から約1km屈斜路湖の東湖畔に位置し、湖面すれすれに枝を広げた大木の木陰にある
露天風呂です。近くの岩間から湧く48℃の湯を波打ち際に手作りの湯船を掘って溜めている原始的な温泉です。目線に広がる
屈斜路湖の静で少し寂しさの漂う風景は「桂月」の見た風景そのもの」と思われます。山ちゃん大いに気に入ってしまいました。

 

 北海道上川郡弟子屈町字屈斜路湖畔和琴半島  п@01548−2−2191(弟子屈町役場) 泉質:単純温泉 泉温:適温

屈斜路湖和琴共同の湯



 屈斜路湖畔和琴半島の東岸にある無料の混浴共同浴場です。和琴露天風呂から徒歩て゜(散策路)7〜8分の距離に有ります。
 湖畔にひっそり佇む湯小屋があり、脱衣所・湯舟とも一つだけつまり純粋な混浴です。

  

 湯は熱く、おまけに温度を調整する水は有りません。もっとも、表は大きな湖が有る訳ですから、用意してあるバケツで
 数十回往復すれば適温の温泉を楽しむ事ができますね!日によっては適温の日も有るそうです不思議ですね(@_@)
 
 

 内湯から湖に流れ出る湯小屋の裏手が適温でした。泉質:単純泉 泉温:推定50℃
 北海道上川郡弟子屈町字屈斜路湖畔和琴半島  п@01548−2−2191(弟子屈町役場)

 
屈斜路湖和琴露天の湯

 

 屈斜路湖は、北海道東部の観光拠点です。湖に突きだした和琴半島は特に観光客の集まる所です。その半島のくびれに
 無料の露天風呂がかり賑わっています。長さ20mほどの半月形の露天風呂は底から温泉が湧き出て位置によって温度差が
 あります。
 観光客が多く集まる所なので水着を着て入浴するのが良いですね!道東の無料野天風呂は数多くありますが、冬期間
 でない時期に入りますと結構熱い所が多いです。そう感じるのは山ちゃんだけでしょうか?

 

 

                     北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔和琴半島  п@01548−2−2191(弟子屈町役場) 泉質:単純泉 泉温:42℃       
屈斜路湖コタン温泉



  

 コタン温泉は屈斜路湖の南側に造られた温泉で湖岸に露天風呂が作られています。湯舟は湖の岸に作られていますので
 屈斜路湖の湖水と水面が一緒で、入浴した時のその目線の眺めはほんとうに素晴らしいです。

 

 

 北海道川上郡屈斜路町字屈斜路市街1条通り п@01548−2−2191(弟子屈町(てしかがちょう)観光課)

 屈斜路湖砂湯

 

 屈斜路湖は国内で6番目に大きな湖です。北海道でもサロマ湖についで2番目の大きさです。この湖は火山の噴火によって
 窪みが堰き止められたカルデナ湖で、カルデナ湖としては福島県の猪苗代湖についで国内最大級の湖です。周囲は約57km
 最大深度は120m位と云いますからからりの大きさです。この砂湯は、湖畔の砂を掘っていくと温かい温泉が染みだして来ます
 
  



 北海道上川郡弟子屈町屈斜路砂湯  п@015−483−2255(川湯温泉観光協会)