てしお温泉夕映




  

てしおの名は、アイヌ語で「テシュ」が転じて命名されました。ここは、北海道天塩町にある温泉です。天塩川と日本海の恵みを
至る所で感じることができます。てしお温泉夕映からは、美しい夕陽が眺められる事が評判になっています。温泉は特異な香り
 アンモニア臭がし、塩分質で茶褐色の湯が注がれ印象は強烈です。


 

 北海道天塩郡天塩町字サラキシ5807−4  рO1632−2−3111  泉質:ナトリウム−塩化物強塩泉  泉温:38.9℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・痔疾・慢性消化器病・慢性皮膚病・疲労回復・病後回復等


   しょさんべつ温泉岬の湯



  

 初山別村の金比羅岬:明治時代の末期、豊岬の下の浜辺に金比羅様のお札が流れ着き、地元の人によって
 海に戻されたという。しかし、そのお札は、何度海に戻しても幾度となく浜に戻ってきたといいます。「金比羅様は、
 漁師を守る海の神様です」

 


 北海道苫前郡初山別村豊岬153  рO164−67−2031  泉質:ナトリウム−塩化物質泉  源泉温度31.3℃
 効能:神経痛・関節痛・五十肩・リウマチ性疾患・皮膚病・腰痛・慢性消化器病・皮膚病・打ち身・くじき・慢性婦人病等


 とままえ温泉ふわっと



  

 苫前(とままえ)町は、北海道西北部に位置し留萌支庁管内の町で、1948年(昭和23年)に町制施行されました。
 町名はアイヌ語で「トマオマナイ」(エゾエンゴサクの茂る所)から転訛したものです。

 


 北海道苫前郡苫前町字苫前119−1 рO164−64−2810  泉質:ナトリウム−塩化物強塩泉 泉温48.5℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・切り傷・火傷・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復等


     ほろしん温泉ほたる館



  

 沼田町は、北海道でとても珍しいゲンジボタルが生息しており、7月中旬〜8月上旬には星のように光るホタルが見られます。
 ここ「ほろしん温泉」には、蛍の成育所が整備されています。温泉は硫黄の匂いがし、飲用すると糖尿病に効くとのことです。

 


 北海道雨竜郡沼田町字幌新377  рO164−35−1188  泉質:単純硫黄冷鉱泉
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・病後回復・打ち身・くじき・痔疾・慢性消化器病・慢性皮膚病・疲労回復
 健康増進等


  妹背牛温泉ペペル



  

 「妹背牛温泉ペペル」は、1993年に開業した温泉施設です。地下1500mから汲み上げた源泉を掛け流しで使用しています。
 もえぎ色の炭酸水素を含んだ塩化物質の湯は、湯上がり後肌をツルツルにしてくれます。日本庭園風の露天風呂が魅力です。

 


 北海道雨竜郡妹背牛町字妹背牛5208−1 рO164−32−4141 泉質:ナトリウム塩化物・炭酸水素泉 泉温:45℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進等


  三石温泉蔵三



 

札幌から約二時間半の太平洋岸にある三石(みついし)は、豊かな自然、美味しい空気、太平洋の海の幸、
 優しい眼差しの馬たそして温かい人々!都会には無い魅力がいっぱいの地域です。そしてこの施設「蔵三」が
 大切にしているのは「絆」なのです。



北海道日高郡新ひだか町三石鳧舞162 рO146−34−2300 泉質:ナトリウム−塩化物炭酸水素泉・冷鉱泉 泉温10.4℃
効能:皮膚病・神経痛・疲労回復・リウマチ等