白骨温泉白船グランドホテル



白骨温泉はいつごろ湧出し、だれが開湯としたのか文献は残ってはおりませんが、鎌倉時代(1185年頃−1333年)北陸地方と
幕府を結ぶ最短コース「鎌倉往還(おうかん)」が開かれた際には、すでに湧出していたと伝わることから600年以上の歴史を
もつといわれる温泉地です。戦国時代には武田信玄によって乗鞍岳のふもとに銀山が開発されて、負傷した多くの武士や銀山
従事者が訪れていたとも推測されます。
本格的な湯宿が建ち並びはじめたのは、江戸の元禄時代(1688−1703)。連泊しながら
病気やケガを治そうと湯治客が訪れました。元来、歓楽のためにつくられた温泉地ではなく、霊泉あらたかな温泉地であり、秘湯として
深い山々に守られてきた白骨温泉。病気やケガを治したい一心で訪れる方々ばかりです。「3日入れば、3年風邪をひかない」という
白骨温泉の言葉からは、当時のお客様の本心が聞えてくるような気がします。以来、現在にいたるまで多くの著名人が訪れてくださいます。
『大菩薩峠』を描き、白骨温泉の名を世の中に伝えてくれた作家・中里介山は「五彩絢爛(けんらん)たる絶景」と褒めたたえてくれました。
歌人・若山牧水は持病の胃腸病を治すために幾度となくこの地を訪れ、歌を残し紀行文に載せています。諸国をめぐる文人をもうならせた
白骨温泉の風景。山々と緑の木々、野鳥の声に耳をすませながら野天の風呂に浸り、遠い偉人の作品に想いを馳せてみるのも楽しいものです。





長野県松本市安曇4203  0263-93-3333  泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム  泉温:49℃
効能:神経痛・関節痛。筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・切り傷・火傷・病後回復・等

白骨温泉野天風呂



長野県のほぼ中央に位置する信州・松本市。市内の西側に広がる日本の名勝、北アルプスの峰々と霊峰・乗鞍岳。その乗鞍岳の
東側山腹に「白骨温泉」は湧きでています。
深い樹林と湯川渓谷に囲まれた野趣あふれる温泉地です。喧騒の歓楽街を逃れて、
季節のうつろいを愛で、大自然の恵みを一心に享受したいと願う、多くの湯治客に愛されてまいりました。






長野県松本市安曇白骨温泉  0263-93-325  泉質:含硫黄ーカルシウムー炭酸水素塩泉  泉温:34.5℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・痔疾・慢性胃腸病・慢性 婦人病・肝臓病・呼吸疾患・慢性疲労・ 美肌に効果等

乗鞍高原温泉
湯けむり館



武田信玄によって開拓された大樋銀山から自然湧出した乳白色の湯。信玄が開拓当時からその疲れを癒したとも言われる
ゆかりの湯で、その湯元は今もなお訪れる人を癒し続けています。
乗鞍岳の麓、乗鞍高原温泉スキー場の周辺に広がるのが
乗鞍高原温泉です。まわりには白樺やカラマツの林がひろがりアルペンムード満点の温泉地。源泉は10kmほど離れた
乗鞍岳の山中から引き湯しています。





長野県松本市安曇鈴蘭4306-6 0263-93-2589 泉質:単純硫黄温泉 泉温:46.4℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・慢性消化器病・きりきず・火傷・慢性皮膚病・慢性婦人病・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症等

坂巻温泉



日本有数の景勝を誇る上高地の入口、梓川の渓谷沿いに立つ「坂巻温泉旅館」が1軒のみの秘湯だ。男女別の内湯のほか、
緑豊かな渓谷美を眺めながら入浴できる野趣あふれる露天風呂もある。日帰り入浴も受け付けている。「子宝の湯」としても
昔から有名だ。マイカーが制限されている上高地でも、ここまでは車が利用できるので、上高地散策のベースとしてうまく利用したい。





長野県南安曇郡安曇村上高地  0263-95-2453  泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉  泉温:67.5℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復
健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病等

寥科横谷温泉



横谷峡に臨むモダン和風の静かな一軒宿。巨石を積み上げた露天風呂からは四季を通じて渓谷美が楽しめ、殊に紅葉の時期は絶景です。



長野県でも有数のパワースポットとして、年に10万人以上の方が横谷渓谷を訪れている。そのパワースポットのど真ん中に
旅館があります。来館するだけでパワーチャージ!金運アップの露天風呂も人気です。



長野県茅野市北山5513  рO266−67−2080  泉質:単純二酸化炭素泉・含鉄泉  泉温:19.1℃
効能:運動麻痺・動脈硬化症・筋肉痛・関節痛・うちみ・高血圧症・きりきず・冷え症・貧血・慢性皮膚病・動脈硬化症・神経痛等

毒沢鉱泉神之湯



下諏訪町は昔から諏訪大社の門前町として、また、中仙道と甲州道の合流する温泉宿場町として栄えてきました。
毒沢温泉は、武田信玄が金発掘の際、怪我人の治療に利用したと伝えられる毒沢温泉、読み方はずばり「どくさわ」
こんな悪字の温泉名は他にあるだろうか。






長野県諏訪郡下諏訪町社7083  0266-27-5526  泉質:含鉄-アルミニウム-硫酸塩冷鉱泉  泉温:2℃
効能:貧血・慢性消化器病・神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・打ち身・くじき・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復等