湯河原温泉ゆとろ嵯峨沢の湯



湯河原と真鶴の間、山手にある日帰り温泉。いわゆる昔ながらの湯河原温泉とはかなり離れた場所にあり、この温泉のことを
「新湯河原温泉」と呼ぶこともあるそうだ。 もっと規模の大きな入浴施設だと思っていたのだが、意外にも小ぢんまりとしています。
みかん畑に囲まれた、相模湾を一望出来る小高い丘の上の閑静な場所に建っています。





神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1191  0465-62-2688 泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:44.8℃
効能:
神経痛・筋肉痛・冷え症・疲労回復・関節のこわばり・慢性消化器病・美肌効果等・痔疾・五十肩・うちみ・くじき

箱根温泉
弥次喜多の湯



箱根火山が30万年の年月をかけてカルデラや温泉を生んだ土地です。箱根の温泉の開湯は奈良時代。街道や電車など
交通機関の整備と共に、人気の旅先として発展してきました。
過去の資料では、湯本をはじめ箱根七湯すべてが番付に入り、
湯治の湯として認められています。江戸庶民が“温泉”を”観光”として発展させた「箱根」は、現在では、「都心に一番身近な温泉郷」
として宿泊利用者数が全国一位の温泉リゾートになっています。





神奈川県足柄下郡箱根町湯本694  рO460−85−6666  泉質:アルカリ性単純温泉  泉温:41℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・婦人病・美肌効果
アトピー・湿疹皮膚病・慢性胃腸病・痔疾・疲労回復等

宮城野温泉勘太郎の湯



勘太郎の湯は、宮城野温泉の旧道を入ってすぐ左手に立つ、鉄筋3階建ての日帰り温泉施設。大文字焼きで知られる明星ケ岳を
真正面に仰ぎ見る好環境にある。露天風呂には、独自の源泉から引く、83度という高温の含石膏食塩泉が満たされている。
大理石露天風呂も楽しめる。広々とした大広間や食事処のほか、個室も備えているので、ゆっくりとくつろげる。






神奈川県足柄下郡箱根町宮城野923  0460-82-4477  泉質:ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉  泉温:83℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・痔疾・打ち身・くじき・慢性消化器病・冷え性・慢性皮膚病・慢性婦人病・動脈硬化症等

おふろの大様アワーズイン阪急



「おふろの王様 大井町店」は、JR京浜東北線・りんかい線「大井町」駅から徒歩1分に位置する阪急大井町ガーデンの中に誕生しました。
2011年新設オープン大井町駅前の好立地にあり、広い露天風呂と首都圏最大級の岩盤温熱「王蒸房」や2種類のサウナ、高濃度炭酸泉、
絹の湯(超微細の泡がつくりだす真っ白で柔らかなお湯)など、男11種類、女13種類のおふろがあります。





東京都品川区大井1丁目50番5号  рO3−5709−2603  泉質:ナトリウム-炭酸水素塩タイプ  泉温:適温
効能:あせも・荒れ性・ひび・ニキビ・あかぎれ・湿疹・しもやけ・痔疾・疲労回復・打ち身・肩こり・くじき・冷え性・リウマチ腰痛・神経痛等

湯河原温泉こごめの湯



湯河原(ゆがわら)温泉は万葉集の歌にも詠まれた古い歴史のある温泉である。日露戦争後に戦傷者の療養施設が置かれたので、
療養の温泉として全国的に有名になったそうだ。こごめの湯は湯河原の町営温泉で、温泉街を見下ろす高台にある。近くには万葉集の
歌碑がある万葉公園がある。「こごめ」とは鎌倉時代からの呼び名だそうで、「子込め」あるいは「子産め」つまり子宝の湯という意味である。



 

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上562−6  рO465−63−6944  泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉  泉温:68.3℃
効能:神経痛・筋肉痛。関節痛・五十肩湖・痔疾・慢性消化器病・健康増進・切り傷・火傷・慢性皮膚病等

箱根天然温泉てのゆ



箱根七湯の一つとして有名な温泉地で、豊富に湧出している源泉は宮ノ下温泉にも供給されています。豊臣秀吉が
小田原攻めの際に疲れを癒したと伝わる風呂は、「太閤石風呂跡」として現在も残っています。また、川沿いには
遊歩道があり自然の中の散策を楽しむこともできます。





神奈川県足柄下郡箱根町底倉555  0460-86-1026  泉質:ナトリウム-塩化物泉  泉温:72.4℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・病後回復・疲労回復・慢性胃腸病・痔疾患・健康増進等