川原毛地獄

  

 河原毛地獄は、火山変質を受けた白い地山がむき出しのままの地獄で、一木一草もなく、噴気孔から吹き出す
 硫黄ガスがすさまじい。荒涼とした地獄は、恐怖を感じさせ「恐山」「立山」と並んで「日本三大霊地」の一つとなっています。

 

 問い合わせ 秋田県湯沢市観光協会  рO183−73−0415

 
楠の湯温泉ぽぽろっこ



  

 国道105号線沿いに、2000年4月に誕生した新名所「はーとぽーと大内」内の「ぽぽろっこ」は、イタリア語で「人々」の
 意味です。その名の通り多くの人々で賑わっています。また施設には新鮮な野菜や、地元の特産品が購入出来る
 産直店が併設しています。

  

秋田県由利本荘市岩谷町字西越36 рO184−62−1126 泉質:ナトリウム・カルシウム・炭酸水素冷鉱泉 泉温:12.1℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進等

 
 羽州温泉シーサイドホテル



  

 羽州温泉「太古の湯」は昭和55年ボーリング温泉掘削、自噴により開湯しました。泉質は俗に「かん水」
 「太古の海水」と呼ばれています。数千万年前の地殻変動により、地下に閉じこめられた海水です。
 悠久の時を経て、まさに今、地球資源の恵みを受けています。国内では主に秋田県、新潟県、千葉県、
 宮崎県にて産出しています。
 この「太古の海水」温泉の特筆すべく点は、他の温泉分析表ではめったに見ることが出来ない
 ヨウ素イオンが49.3g/kg含まれている事です。ヨウ素と言えばヨウドチンキやイソジン液、レントゲンの
 造影剤など医薬品として利用され世界でも貴重な地下資源なのです。

 

 秋田県にかほ市象潟町字琴和喜58−23  п@0184−43−4111  泉質:ナトリウム−塩化物強塩泉 泉温:30.2℃  
 効能:切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性消化器病・悪性腫瘍等

 岩城温泉「港の湯」



 国道7号線の秋田県本荘市から秋田市へ向かって日本海沿岸を北上すると、国道より少し下った所に風力発電の風車の有る
 カラフルな建物が目に入ります。岩城アイランドパークです。施設には、うまいもの処活魚センター・産直コーナー売店レストラン
 等があり、最後に「港の湯」があります。


  


 浴槽からは日本海が一望でき、晴れた日の夕方は素晴らしい夕陽が望めると思います。温泉は白みがかった
 黄色い色の湯で、塩分が強く、鼻をつく薬品臭が感じられました。


  

 秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192−43 п@0184−73−3789 泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉
 効能:切り傷・火傷・慢性婦人病・神経痛・筋肉痛・五十肩等

 

  仁別温泉 クアドームザ・ブーン



 仁別温泉は秋田市の中心部から北東に約16km離れた太平山の麓の仁別地区に、昭和63年から平成元年にかけて温泉が
湧出しました。
「秋田市の奥座敷に温泉街をつくりたい」という発想で、秋田市が掘削したものです。その温泉を利用した
 レジャー施設「クアドームザ・ブーン」が平成3年8月に誕生しました。英語の「ブーン」(愉快な楽しい)と、水に
 飛び込む音「ざぶーん」を重ねたネーミングです。



 ザ・ブーンの巨大なドームの中には、各種プールウォータースライダーなど様々な施設が整っています。又、入浴施設は
展望風呂・ヒノキ風呂・岩風呂・露天風呂などバラエティーに富んだ温泉浴が楽しめ、展望風呂からは好天の時は、
鳥海山も見渡せます。
温泉は体に刺激の少ない弱アルカリ性の単純温泉なので、湯冷めしにくく、美肌にも効果的と
 評判になっています。施設の隣には、森林学習館「木こりの宿」という宿泊施設も有ります。




 秋田県秋田市仁別字マンタラメ213  п@018−827−2001泉質:単純温泉 泉温:42.2℃ 効能:一般的適応症

 男鹿温泉 男鹿グランドホテル



 「うぉーうぉー!泣く子はいねがぁー」毎年12月31日の大晦日の夜、恐ろしい形相の鬼がケラミノやハバキを着て、木製の出刃
包丁を振りかざして各家々を巡る男鹿の奇習「なまはげ」(国指定重要無形民俗文化財)は、よく知れ渡っています。

 見渡す限りの日本海と変化に富んだ海岸線!!一面に波打つ樹海・・・1000年以上の歴史を持つと言われる温泉街には
大型ホテルを中心に8軒の湯宿が並び、寒風山や入道岬、「なまはげ」ゆかりの真山神社など 男鹿観光の拠点となっています。


  



 男鹿温泉は、坂上田村麻呂が東征の折りに発見したと伝わる湯元温泉や石山温泉を中心に江戸時代から湯治場として栄えてきました。
秋田藩主の佐竹氏や「民俗学の祖」と言われる江戸後期の旅行家、菅江真澄も入浴したと言われています。
 湯量は豊富で、宿の半分以上が自家源泉を持っています。海水の成分に似た食塩を含み、肌に付いた食塩が
 汗の蒸発を防ぎ保温効果が高まるため、「熱の湯」と呼ばれ親しまれています。

 
男鹿グランドホテルは、男鹿温泉郷の中でも最も海の近くにあります。大浴場から庭園をあしらった露天風呂
 へ行きますと、日本海の潮騒を耳にして真っ赤な夕陽を見ながら入浴を楽しむ事が出来ます。




 秋田県男鹿市北浦湯本中里81 п@0185-33-3000  泉質:弱食塩泉 泉温:43〜55℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・胃腸病・切り傷・肩こり・冷え性・腰痛・打ち身・火傷・運動器障害等