遠刈田温泉神の湯



その昔、湯(とう)刈田とも言われた遠刈田温泉は蔵王登拝の根拠地として古くから信仰登山が行われていました。『神の湯』の後方には蔵王権現の
刈田嶺神社があります。遠刈田温泉のシンボル的存在だった「センター浴場」に代わって新しく建てられた「神の湯」。
建て構えは同じく遠刈田温泉にある「壱の湯」をそのまま大きくしたような感じです。






宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町32  0224-34-1990  泉質:
ナトリウム・カルシウム・硫酸 塩・塩化物泉  泉温:65.7℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・動脈硬化症・切り傷・火傷・慢性皮膚病

鳴子温泉
鳴子ホテル



鳴子温泉郷は1000年を超える歴史を持っています。温泉の発見は承和4(837)年。鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し、熱湯が噴出したといわれ、
一説には、そのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも伝えられています。源義経が兄・頼朝に追われて平泉へ落ちのびる途中に
鳴子を訪れたことや、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で鳴子から尿前を通る出羽街道中山越えを選んだことも知られており、義経や芭蕉にちなんだ
名所旧跡や古道なども数多く残されています。鳴子ホテルは創業130余年の湯治文化を伝承する温泉宿です。





宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36  0229-83-2001  泉質:含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉 泉温:67.0℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・ 慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・火傷等

川渡温泉越後屋旅館



かわたび温泉は.、豊かな緑とのどかな田園風景に囲まれた時忘れの静かないで湯の里です。鳴子温泉郷の中でも開湯が早く、藩政中期には
その名声が京にまで届いたと言われます。越後屋旅館は緑豊かな鳴子温泉郷川渡(かわたび)温泉にたたずむ昔ながらの湯宿です。





宮城県大崎市鳴子温泉字川渡24-9 0229-84-7005  泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉 泉温:52.6℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・慢性消化器病・痔疾・慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・火傷・糖尿病・冷え性・疲労回復等

東鳴子温泉
紅せん



豊かな泉質で知られる宮城県の鳴子温泉郷は開湯より1200年。伝統ある温泉です。東鳴子温泉は、鳴子温泉郷の東部に位置しており
湯量豊富な温泉地です。その中にある旅館「紅せん」は、自家源泉が「ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉」で、
湯もちもよく、寛げる温泉が楽しめます。





宮城県大崎市鳴子温泉字久田83-4 0229-83-2491 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物 泉温:68.7℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復等

東鳴子温泉
いさぜん旅館



東鳴子温泉は宮城県の北に位置する全国的にも有名な 鳴子温泉郷にあり、. 昔から湯治や長期療養滞在にも適した温泉地です。
いさぜん旅館は30mほど離れたところに広い駐車場があります。メインの浴室は混浴で、ちょっとした壁の両側に浴槽が
一つづつあります。左の浴槽はいさぜん旅館の独自源泉で、やや温めですがアブラのいい匂いがします。






宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11 0229-83-3448 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 泉温:71.5℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・秒日回復・疲労回復・健康増進等


東鳴子温泉大沼旅館



東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)は宮城県の北に位置する全国的にも有名な 鳴子温泉郷にあり、.昔から湯治や長期療養滞在にも
適した温泉地です。裏山の露天風呂、母里の湯をはじめ8つの個性あるお風呂が楽しめます。






宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34  0229-83-3052 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 泉温:62.0°
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・切り傷・火傷・慢性皮膚病等