SINCE 1997

 ☆ 飯豊連峰保全連絡会

☆ 山形県山岳連盟

 

☆ 小国山岳会会員専用

 
飯豊朝日連峰の登山者情報 

当情報は[特定非営利活動法人飯豊朝日を愛する会]が作成しています

・ 天狗平(飯豊山荘、天狗平ロッジ)までの車道は、5月17日正午に通行禁止が解除される予定です・・・2024年5月14日

・今年は例年になく積雪が少ないため、ダイグラ尾根取り付き桧山沢橋脇にできるスノーブリッジがありません。腰を越える渡渉となり大変に危険です。また吊り橋は空中ブランコ状態なので渡ることは不可能です。踏板が架橋されるまでダイグラ尾根を下山しないようにしてください。・・・5月10日確認

※ 登山者カードに通行不能箇所マーク(×)を入れてリニュアルしました。
希望者は「こちら」をクリックしてPDFをダウンロードしてください。
   ・・・2024年4月26日

※ 大日杉小屋までの車道は、4月26日(金)15:00に一般開放される見込みです・・・飯豊町商工観光課
※ 小国町大石沢~九才峠~飯豊町中津川は4月26日(金)14:00に一般開放される見込みです・・・飯豊町商工観光課
※ 小国町小玉川「マタギの舘」は4月27日(土)から営業を開始する予定です・・・小国町産業振興課
※ 新発田市加治川ダム~加治川治水ダム~湯ノ平~北股岳は、東北電力によるダム工事が現在も継続しており、通行止めも継続となります・・・新発田市観光振興課
※ 小玉川~樽口峠は一般開放されました・・・小国町産業振興課 
各登山口までの車道情報】 ・・・・2024年4月25日

 これまで対応してこなかったヤマップ・コンパスによる登山届出が山形県でも利用できるようになりました。・・・2024年4月 

 

 朝日連峰「大朝日小屋」は2024年夏に改修工事が行われ、収容人数が大幅に減少しますので、留意ください <工事内容>
工事期間:令和6年7月~9月(予定)
主な工事:1階床の全面張替、屋根塗装、外壁補修 等
注意事項:小屋全面に足場を設置しますので、小屋内への出入りは2階入口となる予定です。なお、トイレは通常通り使用できます。
詳細や最新の情報は「やまがた山」をご覧ください。

 

【通行止め情報】
落とし物忘れ物
登山道保全情報
イベント情報】 【天狗平周辺図】 【飯豊の水場

スズメバチを見つけたら】 【山を考える
登山届様式】  【やまがた山】 

NPO法人飯豊朝日を愛する会が維持管理している山小屋

天狗平ロッジ・梅花皮小屋・御西小屋 混雑状況確認カレンダー

    

 正式名称:北股岳避難小屋
※ 利用を希望なさる方はあらかじめ上記から連絡をお願いします。

 正式名称:御西岳避難小屋 
※ 利用を希望なさる方はあらかじめ上記から連絡をお願いします。
※ 販売用食材などの在庫状況を掲載しました・・・8月16日


※ 2024年は6月8日(土)で天狗平ロッジの雪囲いを外し開設期間します。
☆ 当面は予約のある場合のみ管理人が入ります。利用予定の3日前までの予約をお願いいたします。
到着予定時刻もあわせて連絡をお願いします。 ・・・2024年6月7日
※ Wi-Fi環境が整備されました・・・2023年7月27日~
※ 寝具の貸し出しを行います。その場合は洗濯料として500円が加算になります。

☆ 角楢小屋

☆ 梅花皮ヒュッテ


当会のメンバーの実踏による調査報告です
 ・・・2024年6月20日
※ 第2,367号(石転ビ沢)
※ 第2,365号(パノラマコース)

 

 

※ 短い報告は、登山者情報でなくこちらに掲載
※ 石転ビ沢・・・2024年6月11日更新


☆ 当HPに掲載が間に合わない場合はFBに記載します。

 

 ※ 賛助会員を募集中
 ※ 梅花皮小屋仕様の新しいオリジナルTシャツが完成しました。入手方法は上記愛する会から入ってください
 ※ 活動日誌を更新しました・・・6月12日

  


会員や賛助会員がオリジナルTシャツを着用し、全国の山を闊歩しています。
 ・・・2024年6月16日更新

 

 田中正彦さんが「新潟の道の無い山」を出版した。
 頁をめくって亀山さん著「山の遊歩道」と似ていることに驚いた。二人とも「越後藪山ネット」のメンバーなのだから、当然と言える。
 彼は下越山岳会員であると同時に、頼母木小屋や門内小屋の維持管理を行っている「胎内・北飯豊の会」で小屋番を行っている。
 私的には、新潟県が発注する御西小屋の修繕の受託者としてお世話になっている印象が強い。
 ともあれ内容は、単独行で登山道はもとより殆ど資料の無いルートを好んで歩いているし、「新潟県民俗会々員」というだけあって、山を多角的に捉えている。
 飯豊を愛するみなさんにもぜひ一読して欲しい本である。
 
 購入希望の方へ
 ・冊子代 2,200円(税込み)+送料370円
 ・連絡先 match1421@yahoo.co.jp

「飯豊連峰の登山道保全マニュアル」の 頒布準備ができました
この冊子は「荘内銀行ふるさと創造基金」の助成を受けて作成し
登山道保全作業のテキスト補助用として活用されます

若干、余分に印刷をしているので実費でお分けできます
希望者は下記まで「送付先・冊数」の連絡をくださるようお願いします
折り返し振込先を送信させていただきます

 

頒布価格(印刷代) 1冊1,000円
送料 215円(1冊) 310円(2冊) 370円(3冊~5冊)

申込先 iide@ic-net.or.jp (担当:井上)

 

☆ この頁の内容は、実踏時点の状況であり、数日後には同じコースが通れなくなる可能性があります。
☆ 当該コースを通過可能な装備・技術・経験・体力があることを前提とし、所要時間も実際に要した時間です。
☆ 調査者や山行スタイルによっても異なることに留意下さい。コースタイムではありません。
☆ この頁は下記の機関団体から受託及び助成金をいただいています
  ・飯豊朝日山岳遭難対策委員会
  ・新潟県阿賀町

登山シーズン中は管理人が多忙になり、電話は繋がりにくくなります。
緊急時(留守電可能)以外はメールを利用くださるようお願いします。
急ぐ時は下記のPCに加え、スマホにも同じ内容を送ってください。
PC(iide@ic-net.or.jp) スマホ(daiguraone-isikorobizawa@docomo.ne.jp) 
 NPO法人飯豊朝日を愛する会副理事長 井上邦彦

☆ 過去の登山者情報 これまでTOP頁に掲載していた情報を移しました ・・・2023年7月11日

 

 下記は「こちらをクリック」してください

 

  【あざみ山遊会/2024年2月7日更新】 【山のことあれこれ
【2022年度登山施設一覧】 【落とし物忘れ物】 ・留意ください ・登山口の現状 ・気象情報 ・山形県登山情報 ・スマホの留意点