作並温泉一の坊




 

温泉の由来の中には動物が発見したといわれているものや、又高僧が発見したとされるものが多いです。それだけ地中から湧き出る
温泉は神秘的なものだったのでしょう。作並温泉も例外ではなく、東北地方を行脚中に、行基が発見したと云われています。




宮城県仙台市青葉区作並字長原3  рO22−395−2435  泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉  泉温:68℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・リウマチ・美肌効果・高血圧・動脈硬化症・糖尿病・皮膚病・打撲・
不眠症・便秘等

鳴子温泉農民の家



  

 ここ鳴子では、ひとつの宿が複数の源泉を持つことは珍しくありませんが、農民の家でも館内4カ所の浴場で湯巡りを楽しむ
 事ができます。白濁した硫黄泉や、透明な炭酸泉などがあり、期待を裏切ることはありません。

 


 宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯5−6  рO229−82−2121  泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩-炭酸水素塩泉
 泉温:27.8℃〜86.1℃ 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・くじき・痔疾。慢性胃腸病・慢性皮膚病・火傷等


 笹谷温泉一乃湯



  

 古くから仙台と山形を結ぶ最短ルートとして、多くの旅人が行き交った笹谷峠、その少し仙台寄りに位置する笹谷温泉
 開湯の歴史は近年で、平成元年(1989年)、その泉質の良さから平成4年、東北大学心療内科の医学研究協力施設となり
 注目され、多くの学者や医療関係者が世界一の薬湯の称号を与えました。


 

 宮城県柴田郡川崎町大字今宿字スド15−3  рO224−84−5626  泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
 泉温:32.5℃  効能:切り傷・火傷・虚弱児童・動脈硬化症・慢性皮膚病・水虫・あせも・ただれ・インキン・筋肉痛等

 青根温泉流仙



  

 青根温泉は、伊達藩の保養所として1528年に開湯して以来460年余りの歴史を誇っている名湯です。さらに、かの有名な
 作曲家古賀政男氏の名曲「影を慕いて」は、失意の中で青根の雑木林をさまよっているうちに生まれたとい云う
 エビソートもあり、現在その雑木林に古賀政男の歌碑が建っています。

 


 宮城県柴田郡川崎町青根温泉17−2  рO224−87−2611  泉質:低張性弱アルカリ性高温湯 泉温:52℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復等


 遠刈田温泉三次郎



 


遠刈田温泉は、宮城県仙台市の南部 白石蔵王地域に位置し、宮城蔵王の直ぐ近くにあります。「旅館三次郎」は、
 その遠刈温泉の中心部の小高い丘にあります。近辺には落差181mもある、日本滝百選にも選ばれている
 「不動滝」の美しい景観も楽しめます。


宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町3 0224-34-2216 泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物質 泉温:68.7℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性等

湯浜温泉三浦旅館



  

 湯浜温泉は、宮城県栗原市花山から国道398号線の湯浜峠を越え、秋田県皆瀬村との境の花山峠手前の谷間にある
 一軒宿です。この温泉は、幕末の文政七年春三月に、熊狩りのマタギによって発見され、
 平家の子孫の三浦家によって守られてきました。

 


 宮城県栗原市花山本沢岳山1−11  рO90−8925−0204  泉質:単純泉  泉温:57.5℃
                                               硫黄泉  泉温:61.0℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・便秘・皮膚病等