【注意】新たなランサムウェア「Bad Rabbit」への感染にご注意ください | 【インターネットサービスプロバイダ IC-NET】
HOME > ニューストップ > 【注意】新たなランサムウェア「Bad Rabbit」への感染にご注意ください | 【インターネットサービスプロバイダ IC-NET】
現在、カテゴリ「【注意】新たなランサムウェア「Bad Rabbit」への感染にご注意ください | 【インターネットサービスプロバイダ IC-NET】」の一覧を表示しています。

【注意】新たなランサムウェア「Bad Rabbit」への感染にご注意ください

日頃よりIC-NETをご利用いただき誠にありがとうございます。
 

各種メディアにおいて、ロシアやウクライナなどの地域を中心に10月24日(現地時間)より新たなランサムウェア「Bad Rabbit」の感染が拡大しており、公共交通機関、報道機関、政府機関等に被害が出ているとのことで注意を呼び掛けています。
 

本ランサムウェアは2017年6月に発生した「Petya」の亜種と言われており、偽のAdobe Flash Playerのアップデートを装い、Webサイト閲覧者にランサムウェアをダウンロードさせることで感染する特徴があるようです。国内でも本ランサムウェアのダウンロードが確認されているそうです。
 

感染防止のため以下のような対策をお願いいたします。
 

  • 1. 不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない
  • 2. Windowsアップデートによる修正プログラムの適用
  • 3. ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

 

【参考ページ】
■JPCERT/CC – 新たなランサムウェア「Bad Rabbit」について
http://www.jpcert.or.jp/newsflash/2017102501.html
 
■Security NEXT – 国内でも「Bad Rabbit」を観測 – 2月には誘導スクリプトが稼働か
http://www.security-next.com/086930
 

PAGE TOP