山形県産庄内もち米 でわのもち【白米】 

水稲もち米上位品種米
水分・香り・甘味の十分なもち米です。餅加工の時にはのびもありきめ細やかな仕上がりで、おいしく仕上がります。赤飯や炊き込みごはんに少しだけ混ぜて炊きあげると、もちもちしたおいしいごはんが出来上がります。

水分(粘り)+++++強
香  り  +++++強
甘  味  +++++強

もち米と丸餅 よもぎ餅
もち米1k

29年度 新米 山形県産庄内
もち米 でわのもち【白米】1kg
690円
税別・送料別

名 称 もち精米
産 地 山形県
品 種 でわのもち
産 年 29年度産
使用割合 単一原料米
内容量 1kg(1kg×1袋)
精米年月日 別途商品ラベルに記載

もち米1kよこ もち白米バラ手もち

もち米3k

29年度 新米 山形県産庄内
もち米 でわのもち【白米】3kg
1985円
税別・送料別

名 称 もち精米
産 地 山形県
品 種 でわのもち
産 年 29年度産
使用割合 単一原料米
内容量 3kg(3kg×1袋)
精米年月日 別途商品ラベルに記載

もち米3kよこ もち白米バラ手もち


もち米5k
                  

29年度 新米 山形県産庄内
もち米 でわのもち【白米】5kg
3165円
税別・送料別

名 称 もち精米
産 地 山形県
品 種 でわのもち
産 年 29年度産
使用割合 単一原料米
内容量 5kg(5kg×1袋)
精米年月日 別途商品ラベルに記載

もち米5kよこ もち白米バラ手もち

赤飯         赤飯の作り方
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

材料■もち米1.5kg■小豆150g■ごま塩 適量

小豆はもち米の10%が目安です。
少し多めのほうが綺麗な色づきになります。

  1. もち米は研いでザルにあげ水きりをする。
  2. 小豆はをかためにゆで、ザルにあけて小豆が乾かないようにぬれ布巾をかけておく。煮汁は捨てずにさましておく。 (煮汁はおたまですいあげて、空気にふれさせると赤飯の色が鮮やかに仕上がります)
  3. あずきのゆで汁に1をいれ、約6時間浸す。
  4. 3をザルにあけ水気を切った後、蒸し器にいれ最初は強火にし蒸気がではじめたら中火にして約30分蒸す。小豆のゆで汁はうち水に使用するため180ccくらいとっておく。 小豆煮汁浸し 小豆布巾かけ
  5. 30分蒸したもち米を一度全部ボールか桶に移しかえ、とっておいた小豆のゆで汁を少しづつ加えながらもち米を切るように手早く混ぜる。
  6. ゆで汁を加え終えたら小豆を均等に加え、蒸し器に戻し更に30分蒸す。(小豆を後で加える事でつぶれにくくなる)
  7. 蒸しあがったらごはんをほぐし器に盛りごま塩をふる。
===出来上がり===
 
電気炊飯器で出来る簡単「おはぎ」の作り方20個分)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おはぎ

材料 ■もち米3カップ(約450g)
    ■小豆300g ■砂糖200g ■塩 少々

  1. 小豆は半日ほど水に浸し、たっぷりの水でゆでる。沸騰したら、煮汁を捨て、再びたっぷりの水を加えて柔らかくなるまで煮る。
  2. 砂糖を加え、かき混ぜながら煮つめ最後に塩を少々いれてよくかき混ぜる。
  3. もち米は一晩浸水する。
  4. 3をうるち米よりやや少なめの水加減で炊きあげる。
  5. 炊飯器のブザーが鳴ったら、炊きあがったもち米をボールに移しすりこぎに塩水をつけてつぶす。
  6. 手に水をつけ、食べやすい大きさに丸めつぶしたあんで包む。  ===出来上がり===
栗おこわメイン
栗 お こ わ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
材 料】
■栗300g ■もち米3カップ ■水適量
■塩(栗アクぬき用) ■だし昆布約10cm
■ごま塩(お好み)

調味料A:酒大さじ3,塩小さじ1,醤油少々

  1. 栗を大きめのボールに入れ、熱湯をたっぷりかける。冷めたら鬼皮と渋皮をむき、大きめのものは2等分して、塩水につける。
  2. もち米はといでざるにあげ水を切る。
  3. もち米に調味料Aと水をあわせたもので米3カップ分の水加減に調整し、水気をきった栗とだし昆布をのせて炊きあげる。 栗
  4. 昆布を取り除き、栗をくずさないようにざっくりとかきまぜ充分に蒸らす。
    == 出来上がり ==
※炊き上がって味が薄めに感じたら好みでごま塩をトッピングで調整もおすすめです。調味料は好みで増減してください。
 
三五八(さごはち)漬け床(1リットル瓶分)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三五八(さごはち)漬け床
もち米を炊き、塩、ザラメを炊きあがって熱いうちに加える

材料 ■糀400g ■もち米200g
    ■ザラメ270g ■塩215g 

  1. もち米を炊き、塩、ザラメを炊きあがって熱いうちに加える 粗熱がとれたら糀を加える
  2. 1の粗熱がとれたら糀を加え、炊飯器の保温機能をつかって3時間位保温する。全体に茶色っぽくなり、甘みがでてねっとりしたら発酵完了!
    === 仕込みあがり ===
仕込み終わり瓶詰め
漬け床は瓶詰めにして常温保存可能です。自然発酵しやすいため、たまに瓶をふって漬け床の味をなじませてください。
野菜や魚や肉を漬け込む場合は漬け床瓶に直接いれず漬け床の一部をとり漬け込めば、漬け床を長期間楽しめます。魚や肉は漬け床をとって塗りサランラップなどに包み半日〜1日味をなじませ、調理前に漬け床を軽く洗い加熱してください。


ブリ三五八漬け込み約半日焼き魚 ブリ三五八漬け
 ブリ三五八漬け込み約半日             焼き魚 ブリ三五八漬け

鶏肉三五八漬け込み約15分三五八漬け鶏肉と牡蠣と大根のホイル焼
   鶏肉三五八漬け込み約15分       三五八漬け鶏肉と牡蠣と大根のホイル焼

                                          手作り糀はこちらへ手作り糀