つくし/スギナ  
つくし風景
 
つくしメイン
 
要予約  期間限定商品
ご予約期間:2月24日〜3月31日迄
発送 期間:4月1日〜4月23日頃迄
 
和名:つくし(スギナ)
俗称:つくしんぼ・つぎな・すぎなぐさ・まつくさ
 
つくし「つくし」の名前で親しまれている春の摘み草のひとつです。手間はかかりますがはかまを一つづつ丁寧にはずしておひたし、酢の物、和え物、炒め物、天ぷら、佃煮などにしていただきます。くせはなく、軽く茹でるだけでシャキシャキの歯ごたえの春の味覚をお楽しみいただけます。

【山菜・野草ご利用のお願い】
山菜・野草同士の組み合わせのご注文は出来るだけまとめた発送をさせていただきますが、収穫期間は重なりあう場合でも、収穫場所がそれぞれ異なる為、やむをえずそれぞれに発送をさせていただく場合がございます。又、発送期間内での発送準備をこころがけておりますが、収穫は天候に左右されるため発送期間が多少前後する場合がございます。時間指定は可能ですが、配達日指定はご遠慮願います。鮮度保持の為、クール便(クール代お客様負担)発送となります。農産物ですので、売切れの場合はご了承願います。
 

つくし
つくし180g 1200円 税別・送料別

名 称 つくし
産 地 国内産(山形県)
内容量 180g

★ 一部商品を除く総重量15kg以下同梱可能
★ クール便発送(クール代お客様負担)

つくしパック手もちイメージメイン2

つくしパックイメージメイン

 
 
 つ く し 料 理
  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
はかまを取って水で洗うと緑色の胞子がかなりでる。苦味が苦手なかたは、2度ほど水洗いを繰り返し新鮮なうちにたっぷりのお湯でさっと茹で、1〜2回水を替えて洗い流してしっかり水を切ります。しょうゆ・みりん・わさびなどお好みの調味料で和えて歯ごたえのあるすぎなの和え物の出来上がり。 はかまをとって、軽く小麦粉をまぶしてカラっと揚げたてんぷらもおすすめです。

つくし和えものつくし天ぷら
             つくし和えもの                  つくし天ぷら

▼ つくしバター炒め
ハカマを取り下ごしらえした物を30分程度塩水につける。(出来るだけ胞子が落ちないように!)
次によく熱したフライパンに薄くバター(バターでなければいけませんが入れすぎないように適量を!)をひき、軽く水切りしたつくしを炒める。バターがうっすらと絡みしっとりしてきたら火から下ろす。
素早く深めの皿に移し、少量の濃口醤油で和える。ついで七味唐辛子を軽く振りかけサッとかき混ぜ出来上がりです。 バターとの組み合わせは意外な感じがするかもしれませんが、つくし本来の旨みに奥行きのある深い味わいになります。(兵庫県:T.O様より) 

つくしバター炒バター炒めイメージ
         つくしバター炒め                     バター炒めイメージ

つくしあんかけ焼きそばつくしバター醤油トースト
          つくしあんかけ焼きそば                   つくしバター醤油トースト
 
▼つくしの卵とじ
つくしはかまとりつくし卵とじ
はかまをとったつくしを水洗いし、ザルに上げ水切りの後、鍋につくしがかぶるくらいのだし汁を入れ温まったらつくしを入れる。さっと火が通ったところで、醤油、酒、みりんで味をととのえ一度火をとめ、溶きたまごを上からまんべんなくまわし、味を調える。==出来上がり==

卵の火の通り具合が足りない場合はお好みで弱火で加熱してください。

▼ つくしの揚げ物
ハカマをとる事が面倒な方には揚げ物が特におすすめです。つくしは水で洗いし、水気をとる。軽く上新粉をまぶして揚げます。小麦粉と違い、半透明なつくしが見え隠れし、春野草の存在感ある一品に仕上がります。カラっと揚げることでハカマを気にすることなくお召し上がりいただけます。

つくしの揚げ物つくし鍋焼きそば
          つくしの揚げ物                   つくし鍋焼きそば

▼つくし塩漬け瓶詰め

つくし塩漬け瓶詰めイメージつくしバライメージメイン2
  1. つくしは洗わずにはかまを取りごみは手でとりのぞいてください
  2. ボールにつくしを入れ、塩を多めにまぶし優しく手で塩をなじませ、一晩放置しておきます
  3. つくしの水分がでたら、水切をして瓶につくしと多めの塩を交互にいれていきます
      ==仕込み終わり==

      ボールにつくしを入れ塩を多めにまぶす → 優しく手で塩をなじませ一晩放置しておきます → つくしの水分が出た状態

常温保存にするために、塩はつくしが真っ白になるくらい多めに使用してください。保存場所は直射日光のあたらない冷暗場所がおすすめです。食べる前はつくしを水洗いした後、ボールにたっぷりの水をはり何度か水を取り替え塩抜きをしたのち、調理してください。