寒河江花咲か温泉ゆ〜チェリー


  寒河江花咲か温泉ゆ〜チェリーは、山形自動車道寒河江SAのETC専用インターを利用すると、その出口の真ん前にある
日帰り温泉施設です。大規模なそして豪華な民間経営のこの施設は、早朝6時より営業していて多くの利用客で賑 わっています。
 ここの施設の面白い所は、入浴券を受付で購入し、温泉への入口を通過するのに、電車に乗るときのような ゲートを
通過する事です。大浴場には源泉の異なる湯船が二つあります。寒河江花咲か温泉は、
 所謂硫黄泉で、新寒河江温泉は単純温泉です。



 施設は近代的で新しく清潔感があり低料金です。何度でも繰り返し通いたい温泉施設です。近辺には、
 この地特産のサクランボ畑が拡がり6〜8月には多くの利用客で混み合うと思われます。

 

 山形県寒河江市大字寒河江字久保15  п@0237−83−1414
 寒河江花咲か温泉 泉質:含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉  泉温:59.4℃
 効能:慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症・火傷・虚弱児童・神経痛・筋肉痛
 関節痛・五十肩・運動麻痺等
 新寒河江温泉 泉質:単純温泉 泉温:50.7℃ 効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・うちみ
 くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進等


  櫛引温泉
ゆ〜Town



 山形県鶴岡市(旧櫛引町)の平野部に平成3年待望の温泉を発掘しました。月山や鳥海山が一望出でき、庄内平野の
季節の移り変わりを肌で感じながらゆっくり温泉を堪能できます。町内外からの幅広い年齢層に親しまれています。

  

 浴場は一階と二階に別れていて、一階は地下1300mから湧き出す効能豊かな温泉水を100%源泉のまま
 利用しています。二階は源泉から鉄分を除いた透明なお湯の温泉になっています。一階と二階の浴槽は専用の
 通路で繋がっていて、着替えをしないで 移動出来ます。

 

 山形県鶴岡市三千刈字清和159 0235-57-4313 泉質:ナトリウム−塩化物・硫酸塩温泉 泉温:52.6℃
 効能:切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩
 運動麻痺・慢性消化器病等

   鳥海温泉あぽん西浜



 鳥海温泉「あぽん西浜」は、山形県最北部の遊佐町(ユザマチ)の北西吹浦地区にあり、庄内砂丘の北端で月光川河口の
 西浜海水浴場に最も近く、黒松林に囲まれた所にある温泉です。
遊佐町吹浦は鳥海山の麓、秋田県と山形県の
 県境にあります。鳥海山の海に面する小さな港町です。鳥海山は 出羽富士とも呼ばれる東北を代表する山の一つで、
遠くから見ると裾野を広げた美しいシルエットの独立峰です。日本海からの西風をまともに受け、よく傘雲がかかります。


 
 

 「あぽん西浜」は、昭和63年に開湯した温泉です。近くにはキャンプ場や海水浴場などがあります。また、
 平成10年4月にオープンした7階建ての温泉宿泊研修施設「遊楽里」なども隣り合わせています。


 


 山形県飽海郡遊佐町大字吹浦字西浜2−70   п@0234−77−3333
 泉質:ナトリウム塩化物温泉(食塩泉)  泉温:38.5℃  効能: リウマチ・腰痛・捻挫・慢性皮膚病等

     天童最上川温泉

 


 山形県最大級の露天風呂は豊富な湯量と趣のある露天風呂です。天気の良い日は雄大な月山と葉山が見えます。
 ご覧下さいこの広さを100人も入れそうな露天風呂です。泉質はナトリウム塩化物温泉です。ゆぴあは、温泉街として
賑わいをみせる天童温泉街からやや離れた最上川沿いに建つ日帰り入浴施設です。
 



 
 
 〒994-0074 山形県天童市藤内新田1620−1 023-651-3333
泉質:ナトリウム・塩化物温泉(食塩泉) 泉温:55.7℃
 効能:切り傷・火傷・慢性皮膚病・・虚弱体質慢性婦人病・神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺打ち身・くじき・慢性消化器病 
痔疾・冷え性・疲労回復等

 
  野口温泉いきいきランドぽんぽ館
 


 古くから野口の源氏楯に住む "源氏タヌキ"の一家があり、滅び去った楯主の生まれ変わりと言われている。戸沢村の
この地方では、幼い子供達と風呂に入るとき、"ぽんぽ"に入ると言う、源氏タヌキの母子の姿にあやかった表現だ。


 


 

 山形県最上郡戸沢村大字松坂字野口155 п@0233-72-3600
 泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉泉温:69.7℃ 
 効能:リウマチ性疾患・運動機能障害・創傷・疹角化症・女性性器慢性炎症・子宮発育不全症・更年期障害等


       やまぶし温泉ゆぽか



 元禄2年6月46歳の松尾芭蕉が羽黒から出羽三山に詣でた。厳しい巡礼の道を数日かけて月山まで登りつめ
 「雲の峯幾つ崩れて月の山」と句を残しています。羽黒と言えば、芭蕉が歩いた出羽三山であり出羽三山と言えば 
 羽黒派古修験道の山岳修験の山である。独特の白装束に身をかため、俗世界から離れて山に籠もり修行を続ける
 修験僧を山伏と呼ぶ。
やまぶし温泉ゆぽかは、平成9年にオープンした羽黒町営の日帰り温泉施設です。泉質は、
 ナトリウム-カルシウム・塩化物質。近場の温泉 施設では山ちゃんのお気に入りです。
 〒997-0157山形県鶴岡市後田字谷地田188  п@0235−62−4855


  



泉質:ナトリウムーカルシウム塩化物泉 泉温:74℃ 効能:切り傷・火傷・神経痛・筋肉痛・五十肩・慢性皮膚病
 慢性婦人病・慢性消化器病等