小住温泉せせらぎの湯



日本百名山のひとつ武尊山の麓にはいくつもの秘湯が湧きだしている。薄根川に湧く小住温泉もそのひとつで、40年ほど前までは
一軒の湯治宿があった。その地に復活したのが「せせらぎの湯」で2001年11月にオープンした日帰り温泉施設である。その後
「清音の湯」を経て「湯郷 小住温泉」と名称が変更になった。





群馬県利根郡川場村川場湯原1851?2 0278-50-1155 泉質:単純硫黄泉 泉温:27.1℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・火傷等

川場温泉悠湯里庵



視界いっぱいに広がる昔懐かしい田園風景、それはまさに日本の原風景。悠久の時を感じさせる茅葺家屋と、移ろいゆく四季の色の
変化に身を委ねつつ"時感"を感じるひとときを味わえます。古い歴史と文化に支えられた川場村ののどかな田園風景の中で、かやぶき
屋根を見渡せば懐かしい日本の原風景に出会える悠湯里庵は自然と歴史が育んだ時感を思い起こさせる源泉湯宿です。





群馬県利根郡川場村川場湯原451-1 0278-50-1500  泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:39.4℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・皮膚病等

櫻川温泉ふじやまの湯



川場スキー場まで10分、山道を登っていくと右手に山小屋風の湯宿があります。肌触りが優しいアルカリ単純温泉を内湯でいただきます。
2方面がガラス張りになっているので露天に入っているような感覚です。雪解けから秋まで庭には山野草が咲き、杉林を背に可憐な
花畑があらわれます。宿のサービスには家族で営む宿ではの素朴で温かい心づかいがあります。





群馬県利根郡川場村谷地1412    0278-52-3326  泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:28.7℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進等

猿ヶ京温泉猿ヶ京ホテル



古代のいにしえから関東と北陸を結ぶ三国街道の交通の要衝として栄えた猿ヶ京の地。江戸時代には関所が設けられました。
明治時代に入って赤谷川沿いの笹の湯、湯島温泉と呼ばれ、谷あいの湯治場として賑わいを見せました。その後、
これら温泉場は昭和33年群馬県によるダム建設のために赤谷湖の底に沈んでしまいます。これらの温泉旅館はその後場所を移し、
温泉の名前も改め生まれ変わったのが現在の猿ヶ京温泉です。





当地に「お発ち飯」なるものがありますが、「お発ちめし」とは上杉謙信公が戦に出る前にありったけの山海の珍味を兵士のみならず
城下の者までふるまった時のご馳走のことを言います。火坂雅志先生の「天地人」に記述された越後の郷土料理を参考に栗おこわと
紫蘇のお握りを選んで猿ヶ京中の旅館で出しました。



群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1171  0278-66-1101 泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉 泉温:48.6℃
効能:神経痛・筋肉痛・関節炎・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・切り傷・火傷・慢性皮膚炎・動脈硬化等

猿ヶ京温泉湖城閣



ホテル湖城閣の建つ現在の地は、その昔、宮野城の砦の位置です。上杉家の城代で知高左馬亮景家の居城は、尻高にありました。
天正二年に武田家の武将海野三河守の軍勢に攻撃され、尻高城は陥落し城主景家は討死しました。景家の子義隆は親の言に従って
再起のため退き、猿ヶ京に匿れ、此の地に宮野城の砦を築き立て籠もります。





群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉121 0278-66-1021 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 泉温:63.0℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病等

川場温泉
とくさの湯



群馬県の片品村の西隣にある川場村、こちらにもいくつかの温泉があります。川場でも評判の名湯 渓流のそばに佇む自家源泉の隠れ宿、緑渓の
湯宿とくさは渓流のそばに佇む自家源泉の隠れ一軒宿です。川の音を聞きながら温泉にゆっくり浸かり、日常を忘れて入浴を楽しめます。




群馬県利根郡川場村川場湯原1993 0278-52-2124 泉質:アルカリ性単純温泉 泉温:29.6℃
効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進等