鳴子温泉天鳳



 
鳴子温泉は承和四年(837)鳴子火山の爆発により誕生しました。豊富な温泉資源と幅広い効能を持つ温泉は日本
 を代表する温泉地です。はるか平安の昔から数えて開湯千年、絶え間なく溢れる湯量と、季節の移り変わりにより
 お湯が七色に変化する多彩な温泉は地下80mの所から自噴しています。




 鳴
子の温泉街は山の斜面に有りますが、「天鳳」はその最上部の高台に位置しねその敷地面積は7万坪もあります。
 


 宮城県大崎市鳴子温泉字湯本58−10  п@0229−83−3155
 泉質:含硫黄−ナトリウムカルシウム−硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温湯 泉温:95.1℃  56.1℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・疲労回復等


うなぎ湯の宿琢秀



  

 「琢秀」のある中山平温泉は、東北でも有名な温泉地「鳴子温泉」の近く(山形県寄り)にひっそりと温泉宿が点在
 しています。ぬるぬるした「うなぎ湯」と呼ばれるアルカリ性の湯が特徴です。

 
300年も昔から「うなぎ湯」として親しまれてきた湯は、化粧水のように「とろり」とした肌触りが特徴です。美しい
 肌作りの湯として特に女性客に好評です。 



 宮城県玉造郡鳴子町星沼20−9   п@0229−87−2216   
 泉質:含硫黄・ナトリウム・炭酸水素泉・硫酸塩泉  泉温:99℃  効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩
 疲労回復・冷え性・健康増進・慢性消化器病・慢性婦人病・糖尿病・慢性皮膚病・切り傷・火傷等


 
 東鳴子温泉ホテルニューあらお



 東鳴子温泉街はどちらかと言うとゴジャゴジャとした感じの中で温泉街の入口に位置する「ホテルニューあらお」は
 一寸大きな目立つ施設で全体的に広々としていました。


  

 ここの名物は400年の時を越えて滾々と湧き出す名湯「御殿の湯」です。「御殿の湯」とは、東鳴子温泉神社付近に、
仙台藩や岩出山城主の遊楽地として御殿が造られました。遊湯したのは岩出山城主9代義監(よしのり1809〜1846)と、
仙台藩主・伊達慶邦(楽山公)で特に楽山公は文久3年8月子供のいないのを憂い、夫人(孝子)と共に赤湯に湯治し、
宗基(仙台藩初代知事)、邦宗の二子をもうけたことから記念の松を植えました。名付けて「手招きの松」と言いました。
 御殿の湯は、明治43年8月の水害で崩壊してしまいました。温泉は東鳴子特有の琥珀色したビニール系
 アブラ臭のするコーティング系ツルツルのお湯です。


 

 宮城県大崎市鳴子温泉赤湯40 п@0229−83−3062
 泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物質・硫酸塩泉   泉温67.0〜73.2℃
 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性等

温湯温泉
佐藤旅館



 
温湯温泉佐藤旅館は、仙台藩花山村寒湯御番所跡のすぐそばにあり、旧街道が宿の建物の中を通っていたため
 その雰囲気が残っています。黒光りする廊下や手摺り、外の風景が歪みをみせる鉛入りのガラスなどは貴重です。


 
 

 
館内に入り口と脱衣場は別ですが混浴になっている大岩風呂があり、毎分併せて100立という「花の湯」「月の湯」
 「芳の湯」の混合泉が注がれています。

 
館内の奥のドアから備え置きのサンダルに履き替えて本館建物から少し離れた庭にある露天風呂の御番所風呂
 が設置されています。源泉は自噴の「花の湯」「芳の湯むそれに動力揚水の新湯を併せた混合泉で毎分110立の
 弱食塩泉です。
 入口には仙台藩御番所を形どった表門が建ち、暖簾をくぐると男女別に仕切り板で区切られた岩風呂があります。
 どちらも一迫川の清流に向かって開けていて、折り重なるように連なる山々の眺めが素晴らしいです。


 


 
宮城県栗原市花山本沢温湯8−1  рO228−56−2251
 泉質:ナトリウム・塩化物質・低張性弱アルカリ性高温湯  泉温:56℃ 効能:創傷・皮膚病・胃腸病等


中山平温泉仙庄館



 
中山平温泉の開湯は元和・寛永の頃、玉造り十五湯の奥の湯として大沼の遠祖が開いたとされています。
 硫黄仙、食塩仙、重曹仙、単純泉など多彩な泉質をもつ鳴子温泉郷(鬼首、東鳴子、中山平、鳴子、川渡)
 にあって中山平は最大の湯量を誇ります。その昔、花淵山の姫をめぐって戦った大ムカデと大蛇の逸話を持つ
 蛇の湯を初め、効能の異なる温泉をたたえた湯治客専門の宿など、十数軒が大谷川沿いに湯煙りを
 上げています。晩秋、鳴子峡が紅葉に覆われる頃川沿いの散策道からの眺めはまさに絶景です。


 
 

 仙庄館は鳴子温泉から鳴子峡を5km程さかのぼった豊かな森や清らかな渓流を背景に建っていました。
 歴史有る中山平温泉の中で最も規模の大きい施設です。
 仙庄館の露天風呂は乳白色の熱いお湯が惜しみもなく多量に注がれています。そして廻りを見渡すと、良く手入れ
 されている庭が!日本庭園の中にある露天風呂なのです。一方は渓流がながれていて、そのせせらぎの音も
 風流です。ここでの湯浴の一時は何ものにも代え難い幸福感がありました。



宮城県玉造郡鳴子町字星沼28−2  рO229−87−1234
 泉質:単純硫黄泉・低張性アルカリ性高温湯  泉温:98.9〜99.9℃


        栗駒高原温泉郷 駒ノ湯温泉
(駒ノ湯は、2008年6月の宮城岩手内陸地震で土石流に飲まれ
                               消滅しました。)

 栗駒山は秋田・岩手・宮城県の県境に位置しその周りには多くの温泉が湧き出ています。栗駒高原温泉郷は
 宮城県側の栗駒山中腹に有り、湧出する湯量豊富な「湯けむり五湯」からなっています。



 駒ノ湯温泉は高原から坂道を下っていった谷間にあるひなびた温泉宿です。今でもランプを使用している秘湯の
 雰囲気を味わえる有名な温泉です。宿は山中の谷間ながら、木をふんだんに使用して近年建物の一部をリニューアルしました。


  

 広々とした敷地内には山桜を初めとした木々の茂みがあり池ではアヒルが泳いでいました。浴場はナラの木造りで
 大型の窓からの眺めは自然の絵画を見ている雰囲気です。温泉は温めで長時間の入浴が可能です。絶え間なく入浴
 客が入れ替わるので、入浴写真は撮れませんでした。


  



 宮城県栗原市栗駒町沼倉耕英東88  п@0228−46−2110
 泉質:含硫黄・カルシウム・硫酸塩泉  泉温:41.6℃  効能:高血圧症・動脈硬化症・関節痛・皮膚病・糖尿病等