然別峡温泉かんの温泉



「管野の湯で治らない病はない」昔からこう云われる程、ここの湯には定評があります。温泉の効能を最大限に高める
 方法は、浴槽を源泉にいかに近づけ、加水しない事です。温泉は空気に触れた瞬間から老化を始めるのです。

  

 その点「管野温泉」は、理想的なのです。施設を中心に半径50m以内からその成分が微妙に違う8種類もの源泉が
 全て自然湧出しているのです。しかも、その量は3000L/min近くを誇る贅沢な湧出量です。

  

 

 管野温泉は、自然環境は勿論、泉質・湧出量・湯の管理など全て理想的で、温泉地としては最高です。

 

 北海道河東郡鹿追町然別峡  п@01566−6−2848  泉質:含硼酸重曹食塩泉・含石膏食塩泉・重曹食塩泉
 含芒硝重曹食塩鉄泉・含炭酸重曹食塩泉・重曹硼酸食塩泉・含石膏食塩鉄泉等 泉温42℃〜78℃
 効能:皮膚病・呼吸器疾患・喘息・胃腸病・糖尿病・心臓病・婦人病・冷え性・外傷等

 
然別ペニチカの湯

 



 ピラの湯からさらに、数十メートル ユーヤンベツ川を遡ると、ペニチカの湯があります。ここの湯舟は、雨が降って
 川が増水すると、たちまち水没してしまいます。川底から50℃を越す熱い湯が湧き出ていますので、湯温は十分
 高く真冬でも入れるそうです。但し山ちゃんが訪れた6月は渇水時期で一寸入れません(^_^;)

  

 北海道鹿追町然別国有林内 泉温57.6℃

然別ピラの湯



 テムジンの湯より少し上流に遡ると、アイヌ語で「絶壁」を意味する「ピラ」の湯があります。言葉通り断崖の岩の割れ目
 から熱い湯が落下しユウヤンベツ川へ注ぎ込んでいます。この崖下を掘った素朴な湯舟です。

 

 

 この野天風呂も山ちゃんには、熱くて足湯が精一杯の挑戦でした。う〜〜む!!残念!!
 北海道鹿追町然別国有林内  泉質:カルシウム性泉  泉温:52℃ 効能:不明・多分癒し(^-^)

 
然別キヌプの湯(イスゲンの湯)



 この然別峡に点在する野湯の名称は、HPや著書によりまちまちになっています。山ちゃんは出来るだけ地元の呼び名
 で表示するため、この地の唯一の宿「かんの温泉旅館」の資料に基づいて表示します。

  

 ユウヤンベツ川の河原の繁みに自然湧出する熱い湯をそのまま川石で囲った湯舟の野天風呂です。美肌の湯が
 こんこんと湧き出ていましたが、一寸熱すぎて入れませんでした。(>_<)冬期間だったら良いかも知れません。

 

 北海道鹿追町然別国有林内  泉質:含重曹硼酸食塩泉  泉温50℃  効能:リウマチ・神経痛・筋肉痛・冷え性等

 
然別テムジンの湯



 熊笹が生い茂る獣道のような道を進み、九の沢川とユトクルシュナイ川がユウヤンベツ川に合流する所に
 岩盤の底から湧く手掘りの野天風呂「テムジンの湯」があります。本土では味わえない大自然の中の自然湧出の温泉です。

  

 「テムジンの湯」の命名は温泉博士の松田忠徳氏によるもので、テムジンとは「チンギス・ハーン」の幼名なのです。
 ハーンの故郷モンゴルも温泉の宝庫なのです。

 

 北海道鹿追町然別国有林内  泉質:含重曹硼酸食塩泉 泉温50℃ 効能:リウマチ・神経痛・筋肉痛・冷え性等

然別鹿見の湯(鹿の湯)



 
 

 大雪山の懐深く、大自然に包まれた然別峡の一軒宿管野温泉からさらに車で5分ほど林道を分け入ったユーヤンベツ川
 河畔は、野趣あふれる野天風呂の宝庫です。すべて無料で手造りの野天風呂が幾つも見受けられます。聞こえるのは
 川の瀬音と鳥の囀りのみ、手つかずの大自然に癒されるのには打って付けの秘湯群です。
 鹿見の湯は、ユ−ヤンベツ川の清冽な流れにせり出すようにして造られています。四季を通して利用できる道内屈指の
 野天風呂!湯船は、石をコンクリートで固めた素朴なものです。しばしばエゾシカにも会えますよ!

 
 
 北海道鹿追町然別峡国有林内  п@01566−6−2311(鹿追町観光課) 泉質:カルシウム泉系 源泉温約52℃