IC-NET レンタルサーバー利用約款
HOME > IC-NET レンタルサーバー利用約款

IC-NET レンタルサーバー利用約款

株式会社 IC-NET(以下「当社」という)は、レンタルサーバー(以下「当サービス」という)を利用する際のサービス利用約款(以下「本約款」という)を定める。なお、当サービスの利用は、本約款の内容を契約者が承諾している事を前提とする。

第1条 約款の適用

  1. 当社は、本約款を定め、これによりサービスを提供する。本約款は、契約者と当社との間の、当社が提供するドメイン取得代行、管理を含む当サービスの利用に係わる一切の関係に適用する。

第2条 約款の変更

  1. 当社は、契約者の了承を得ることなく本約款を変更することができるものとし、契約者はこれを承諾する事とする。約款が変更された後のサ-ビスに関わる料金その他の提供条件は、変更後の約款による。 尚、本約款の変更については、当社のホームページ上に掲示することにより効力を生じ、契約者への通知に代えることができるものとする。

第3条 ユーザー情報の保護

  1. 当社は、入会申込又は本サービスを提供する目的の範囲で契約者より氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス等個人を認識もしくは特定できる情報(以下「ユーザー情報」という)を収集し、別途オンライン上に掲示するプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱うものとします。

第4条 ドメインの取得・運用

  1. 契約者はICANNのポリシー及びJPNICの方針に従うこととし、また登録ドメインのWhois情報への公開に了承したものとする。

第5条 レンタルサーバーの内容

  1. 当社が提供するレンタルサーバーの内容は、ドメイン名の取得代行およびそのドメイン名を使用したレンタルサーバーサービスを提供することとする。また、ドメイン名の取得代行のみの当サービス利用はできない。
  2. 当サービスにて提供するサービス内容の詳細は、別に定めるものとする。また、サ-ビス内容の詳細は、当社が必要と判断した場合、契約者の承諾なしに変更することがある。

第6条 禁止事項

  1. 契約者は、当サービスを利用して以下の行為を行ってはならない。
    1. 国内外の諸法令または公序良俗に反する行為
    2. 犯罪的行為に結びつく行為
    3. わいせつな画像を表示する行為
    4. 児童ポルノもしくは児童虐待にあたる画像や文書等を送信もしくは表示する行為
    5. 未成年者に対し悪影響があると判断される行為
    6. 他の会員または第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権等)を侵害する行為
    7. 他者の財産、信用、プライバシーを侵害する行為
    8. 他者に不利益を与える行為
    9. 他者を差別や誹謗中傷する行為
    10. 公職選挙法に抵触する行為
    11. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設又は勧誘する行為
    12. 他者に対し、無差別又は大量に電子メールを送信する行為
    13. 他者もしくは当社に対し、その業務を妨害し、不利益又は損害を与える行為
    14. そのほか当社が契約者として不適当と判断した行為

第7条 利用期間及び起算日、利用契約の継続

  1. 最低利用期間は1年とする。
  2. 最低利用期間の起算日は設定完了日の翌月1日とする。
  3. 利用期間満了時の少なくとも1ヶ月までに当社又は契約者より、契約を継続しない旨の意思が表示されない限り、本契約は自動的に同一の条件でさらに1年間継続することとし、その後も同様とする。

第8条 利用契約の単位

  1. 当社は、ひとつの利用契約につき一人または一法人、一団体、一地方自治体、一官公庁のいずれかに限り契約するものとする。
  2. 当社はサービスごとにひとつのドメインを設定しそれをもって利用契約単位とする。 ただし利用契約期間中にドメイン名を変更した場合はその限りではない。

第9条 権利の譲渡制限

  1. 契約者が当該契約に基づいて当サービスの提供を受ける権利は、当社が認める事由があれば、所定の書類を提出すれば譲渡することができる。但し個人契約の場合はその限りではない。

第10条 個人の契約上の地位の引継

  1. 契約者である個人が死亡したときは、当該個人に係る利用契約は終了する。利用契約に基づくサービスは当該契約者のみが使用できるもので、第三者への使用許諾、譲渡、再貸与、相続等をすることができない。

第11条 法人または団体の契約上の地位の継承

  1. 契約者である法人または団体の合併により契約者たる地位が承継されたときは、当該地位を承継した法人または団体は、速やかにその旨を当社に通知しなければならない。

第12条 利用申込

  1. 利用契約の申込は、当社が別に定める申込書に必要事項を記入し当社に提出することとする。

第13条 利用契約の成立

  1. 利用契約は、前条に定める利用申込に対して、当社がこれを承認したときに成立する。

第14条 申込の拒絶

  1. 当社は、次の項目のいずれかに該当する場合には、利用契約の申込を承諾しないことがある。
    1. 当該申込に係わる利用契約上の義務を怠るおそれがあるとき
    2. 申込者が当該申込に係る契約上の債務の支払いを怠るおそれがあることが明らかであるとき
    3. 利用契約の申込書に虚偽の事項を記載したことが判明したとき
    4. その他当社が利用契約の締結を適当でないと判断したとき

第15条 契約者の氏名等の変更

  1. 契約者は、その氏名、名称、住所あるいは料金支払いに関する事項等に変更があったときは、速やかにその旨を当社に通知しなければならない。
  2. 前項にある変更通知の不在によって、当社から利用者への通知、書類などが遅延または不達となったとしても、当社はその責を負わないものとする。

第16条 利用の停止

  1. 当社は、契約者が次の項目のいずれかに該当する場合には、利用契約に基づくサービスの利用を事前に通知することなく停止することがある。
    1. 契約者が当契約に係る契約上の債務の支払を怠ったとき
    2. 第6条(禁止事項)に定める行為を行ったとき
    3. そのほか当社が契約者として不適当と判断した場合

第17条 利用の中止

  1. 当社は次の項目に該当する場合には、利用契約に基づくサービスの提供を中止することがある。
    1. 当社または当社が利用する電気通信設備の保守上または工事上やむを得ないとき
    2. 当社または当社が利用する電気通信設備の障害等やむを得ない事由があるとき
    3. 第16条の規定によるとき
    4. 悪意の第3者によりサーバーへの不正アクセスが行われた場合
  2. 当社はサービスの提供を中止するときは契約者に対し、事前に当社の提供する手段により、その旨並びに理由及び期間を通知する。ただし、緊急やむを得ないときはこの限りではない。

第18条 サービスの廃止

  1. 当社は、都合により利用契約に基づくサービスの提供を廃止することがある。
  2. 当社は、前項の規定によりサ-ビスの利用を廃止するときは、契約者に対し事前に当社の提供する手段によりその旨を通知する。
  3. 契約者は、第1項のサ-ビスの廃止があったときは、当社に請求することにより当該サ-ビスに代えて他の種類又は品目のサ-ビスを受けることができる。

第19条 契約者の解除

  1. 契約者は、利用契約を解除するときは、当社に対し解除を希望する月の前月までに書面で通知するものとする。当該解除は当該通知があった後、当社の指定した日にその効力が生じるものとする。
  2. 契約者は、前項の規定にかかわらず、第17条第1項(利用の中止)の事由が生じたことにより当サービスを利用することができなくなった場合において、当該サ-ビスに係る契約の目的を達する事ができないと認めるときは、当該契約を解除することができる。この場合において、当該解除は、その通知が当社に到達した日にその効力が生じるものとする。
  3. 第18条(サービスの廃止)第1項の規定により当サービスが廃止されたときは、当該廃止の日に当該サービス契約が解除されたものとする。ただし同条第3項の規定により他のサービスへの変更があった場合を除く。

第20条 料金等

  1. 利用契約に基づくサービス料金等は以下の項目からなる。
    1. 初期費用 契約者が、サービスを受けるに当たって支払う初期設定費、ドメイン取得費用など
    2. 月額費用 契約者が利用契約に基づくサービスに対して支払う基本料等の費用(ドメイン維持・管理費を含む)
  2. 前項の料金等は別に定めるものとする。また、当社は契約者の承諾無く料金等を改訂することがある。

第21条 契約者の支払い義務

  1. 契約者は、当社に対し前条に定める料金等を当社の規定する方法で支払うものとする。
  2. 初期費用ならびにサービス費用の支払義務は、第13条(利用契約の成立)の規定により利用契約が成立したときに発生する。ただし初期費用はいかなる場合でも返却しない。また、受け取った費用の払い戻しはしない。
  3. 当該サービスの料金は、課金開始日(設定完了通知において課金開始日として記載した日)から当該サービスを提供した最後の日までの期間について発生する。 また、第16条に定める規定に則り、利用の停止を 受けた場合についても利用停止までの料金を支払う義務がある。
  4. 支払いを不法に免れた場合、免れた額のほか、その免れた額(消費税相当額を加算しない額とする)の2倍に相当する額を、割増金として支払う義務がある。

第22条 消費税

  1. 契約者が当社に対し利用契約に基づく支払を行う場合において支払を要する額は、別に定める料金等の額に消費税相当額を加算した額とする。

第23条 契約者の義務

  1. 契約者は、当社に登録したアカウントおよびパスワードの管理の責任を負う。
  2. 契約者が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、経由するすべてのネットワークの規則に従わなければならない。
  3. 契約者は当社から別途指定される連絡用メールアドレスを設定・受信しなければならない。また、この連絡用メールアドレスは当社からの連絡専用とし、当社以外との通信に利用してはならない。

第24条 免責

  1. 当社は、契約者が利用契約に基づくサービスの利用に関して被害を被った場合やデータの消失等について、いかなる責任も負わない。
  2. 当社は、設備保守管理上または工事上やむを得ないとき、その他天災等による不測の事態が生じたときには、当サービスの提供を中断する場合がある。その際契約者が被った損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず一切の賠償の責任を負わないものとする。

第25条 損害賠償

  1. 当社は、契約者が利用契約に基づくサービスの利用に関して被害を被った場合やデータの消失等について、いかなる責任も負わない。
  2. 当社は、設備保守管理上または工事上やむを得ないとき、その他天災等による不測の事態が生じたときには、当サービスの提供を中断する場合がある。その際契約者が被った損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず一切の賠償の責任を負わないものとする。

第26条 協議解決

  1. 当社は、契約者が利用契約に基づくサービスの利用に関して被害を被った場合やデータの消失等について、いかなる責任も負わない。
  2. 当社は、設備保守管理上または工事上やむを得ないとき、その他天災等による不測の事態が生じたときには、当サービスの提供を中断する場合がある。その際契約者が被った損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず一切の賠償の責任を負わないものとする。

2010年12月7日改定・施行

PAGE TOP