HOME > 電子メールの設定

電子メールの設定

Windows 標準設定(暗号化無し)

▼Mozilla Thunderbird

画面のイメージはWindows 7/Thunderbird 45の場合を想定しています。バージョンによっては画面が異なる場合がございます。

Mozilla公式サイト」よりThunderbirdをダウンロードします。

>>Thunderbird ダウンロード – Mozilla公式サイト

実行」をクリックします。

ユーザーアカウント制御の表示が出たら「はい」をクリックします。

セットアップ画面で「次へ」をクリックします。

セットアップの種類では、「標準インストール」を選択し、「Thunderbirdを既定のメールプログラムとして使用する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

インストール」をクリックします。

インストールが終わったら「今すぐMozilla Thunderbirdを起動」にチェックが入っていることを確認し、「完了」をクリックします。

プログラムが起動したら、「Mozilla Thunderbirdの設定方法」をご覧ください。

▲最初に戻る▲

画面のイメージはWindows 7/Thunderbird 45の場合を想定しています。バージョンによっては画面が異なる場合がございます。

■ 新規作成

Mozilla Thunderbirdを起動し、「新しいアカウント作成:メール」をクリックします。

メールアカウントを設定する」をクリックします。

各項目を以下のとおり入力します。

【設定項目】

  • [あなたのお名前]に[お客様の表示名]を入力(送信者”From”の名前になります)
  • [メールアドレス]に[ご利用のメールアドレス]を入力(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力、[パスワードを記憶する]にチェックがあることを確認

全ての入力が終わりましたら、「続ける」をクリックします。

入力された情報を元に自動で詳細設定が行われます。「手動設定」をクリックします。

設定された項目を確認します。

【確認項目】

  • [受信サーバ]:[POP3] [mail.ic-net.or.jp] [110] [接続の保護なし] [通常のパスワード認証]
  • [送信サーバ]:[SMTP] [smtp.ic-net.or.jp] [587] [接続の保護なし] [通常のパスワード認証]
  • [ユーザ名]:[受信サーバ]:[お客様のアカウント] [送信サーバ]:[お客様のアカウント]
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。

全ての確認が終わりましたら、「完了」をクリックします。

以下のような警告が表示された場合は、「接続する上での危険性を理解しました」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。
※弊社の標準設定が「SSL暗号化なし」のため、このような確認画面が表示されることがありますが、パソコンでのメール送受信については問題なくご利用いただけます。

以上で設定は完了です。
※詳細なご利用方法につきましては公式ページをご参照ください。

▲最初に戻る▲

Mozilla Thunderbirdを起動します。
左側の項目より「設定を確認したいアカウント」をクリックし、「このアカウントの設定を表示する」をクリックします。

アカウント設定を確認します。

【確認項目】

アカウント設定

  • [アカウント名]:「任意の名前」(標準では設定したメールアドレスが設定されています)
  • [名前]:「お客様の表示名
  • [メールアドレス]:「お客様のメールアドレス
  • [送信(SMTP)サーバ]:「IC-NET – smtp.ic-net.or.jp」※既定に設定した場合は(既定)と表示されます

※その他の項目は標準設定または空欄のままで結構です。

左側の項目より「サーバ設定」を選択します。

【確認項目】

サーバ設定

  • [サーバ名]:「mail.ic-net.or.jp
  • [ポート]:「110
  • [ユーザ名]:「お客様のメールアドレス
  • [接続の保護]:「なし
  • [認証方式]:「平文のパスワード認証(安全でない)

※その他の項目は標準設定または空欄のままで結構です。

左側の項目より「送信(SMTP)サーバ設定」を選択します。
送信サーバのリストから設定を確認したい送信(SMTP)サーバー名「(お客様のメールアドレス – smtp.ic-net.or.jp)」を選択すると、画面下部に選択したサーバの詳細が表示されます。
設定を変更する場合は、「編集」をクリックします。

【確認項目】

送信(SMTP)サーバ設定

  • [説明]:「IC-NET
  • [サーバ名]:「smtp.ic-net.or.jp
  • [ポート]:「587
  • [ユーザ名]:「taro
  • [認証方式]:「平文のパスワード認証(安全でない)
  • [接続の保護]:「なし

OK」をクリックして、設定画面を閉じます。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Windows Liveメール 2012 (2017年1月10日にMicorosoft社のサポート終了)

MicrosoftウェブページよりWindows Essentialsをダウンロードします。

>>Microsoft – Windows Essentialsページ

画面が切り替わったら、今すぐダウンロードをクリックします。

実行をクリックします。

インストールする製品の選択をクリックします。

メールを選択し、インストールをクリックします。

インストール中です。そのままお待ちください。

インストールが完了したら、閉じるをクリックします。

Windows Liveメール2012を起動します。
※以下はWindows8の例です。
キーボードの「Windows」を押しながら「q」を押してアプリ一覧を開き、「Windows Live Mail」をクリックします。

規約を確認し、承諾をクリックします。

プログラムが起動したら、「Windows Live メール 2012の設定方法」をご覧ください。

▲最初に戻る▲

Windows Live メールを起動し、アカウントをクリックします。

電子メール」をクリックします。

自分の電子メールアカウントを追加する」の画面が表示されたら、必要項目を入力します。

  • 電子メールアドレス」を入力します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • パスワード」を入力します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • 表示名」(送信者”From”の表示名になります)を入力します。
    ※アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。
  • 電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する」にチェックを入れます。
  • 次へ」をクリックします。

サーバー設定を行います。
以下のとおり入力し、「次へ」をクリックします。

【確認項目】

  • [受信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [次を使用して認証する]は「クリアテキスト認証」を選択
  • [ログオンユーザー名] に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウント」とは、IC-NETでご利用の「メールアドレスの@より左部分」を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [送信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「smtp.ic-net.or.jp」を入力
  • [ポート:]に「587」を入力
  • [認証が必要]にチェックを入れる

完了」をクリックします。

▲最初に戻る▲

Windows Live メールを起動し、アカウントをクリックします。

設定を確認したいアカウント」をクリックし、「プロパティ」をクリックします。

全般」のタブをクリックし、必要項目を確認します。

  • 名前」(送信者”From”の表示名になります)を確認します。
    ※アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。
  • 電子メールアドレス」を確認します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • 次へ」をクリックします。

サーバーのタブをクリックし、サーバーの設定を確認します。

【確認項目】

サーバー情報

  • [受信メールサーバーの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メール (POP3)]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メール (SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

受信メールサーバー

  • [ユーザー名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
  • クリアテキスト認証を使用してログオンする(C)」にチェックを入れる

送信メールサーバー

  • このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れる
  • すべての項目を確認したら右側の「設定」をクリックする

受信メールサーバと同じ設定を使用する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

詳細設定」のタブをクリックします。
「送信メール(SMTP)」を「587」に修正し、「OK」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Windowsメール (2017年4月11日にMicorosoft社のサポート終了)

Windowsメールを起動します。

メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)」を選択します。

追加」を選択します。

電子メールアカウント」を選択し、「次へ」をクリックします。

名前(D)」を入力します。(送信者”From”の名前になります。)
アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。
次へ」をクリックします。

電子メールアドレス(E)」を入力します。
必ず半角英数字で間違いなくご入力ください。
次へ」をクリックします。

以下の項目を入力します。

  • [受信メールサーバーの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メール(POP3またはIMAP)サーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メール(SMTP)サーバー]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバーには認証が必要]にチェックを入れる

次へ」をクリックします。

以下の項目を入力します。

  • [ユーザ名]に「ネットワークID」または「追加メールID」を入力
  • [パスワード]に「お申込みいただいたパスワード」を入力

次へ」をクリックします。

完了」をクリックします。

続いて送信ポートの設定を行います。
設定したいメールを選択し、「プロパティ」をクリックします。

詳細設定」タブを開き、[送信メール(SMTP)]のポート番号:25を「587」に変更し、「OK」クリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

Windowsメールを起動します。

メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)」を選択します。

ご利用のメールアドレスを選択し、「プロパティ」をクリックします。

全般」タブを開き、以下の項目を確認します。

【確認項目】

  • [メールアカウント]:任意の文字列を入力
  • [名前]:任意の文字列を入力(送信者”From”の名前になります)
  • [電子メールアドレス]:「IC-NETでご利用のメールアドレス」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください

サーバー」のタブを開き、以下の項目を確認します。

【確認項目】

サーバー情報

  • [受信メールサーバーの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メール (POP3)]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メール (SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

受信メールサーバー

  • [ユーザー名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

送信メールサーバー

  • このサーバーは認証が必要」にチェックを入れる
  • すべての項目を確認したら右側の「設定」をクリックする

ログオン情報の「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

詳細設定」のタブを開き、以下の項目を確認します。

  • [送信メール(SMTP)]に「587」を入力

OK」をクリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Outlook 2013

■ 新規作成

Outlook 2013を起動し、「次へ」をクリックします。
※アカウントを追加設定する場合はこちらからご覧ください。

はい」を選択し、「次へ」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリックします。

POP または IMAP」を選択し、「次へ」をクリックします。
以降は「POPとIMAPのアカウント設定」をご覧ください。

メニューの「ファイル」をクリックします。

サイドメニューの「情報」をクリックし、「アカウントの追加」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリックします。

POP または IMAP」を選択し、「次へ」をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定で必要項目を以下のとおり入力し、「次へ」をクリックします。

【確認項目】

  • [名前]に[お客様の表示名]を入力
  • [電子メールアドレス]に[ご利用のメールアドレス]を入力

【サーバー情報】

  • [アカウントの種類]は[POP]を選択
  • [受信メールサーバー]に[mail.ic-net.or.jp]を入力
  • [送信メールサーバー]に[smtp.ic-net.or.jp]を入力

【メールサーバーへのログオン情報】

  • [アカウント名]に[お客様のアカウント]を入力します
    アカウントとは、メールアドレスの @ic-net.or.jp よりも左の部分です。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力

全ての項目に入力したら、「詳細設定」をクリックします。

[送信サーバー]のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

[詳細設定]のタブを開き、[送信サーバー(SMTP)]を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

送受信のテストが行われます。テストが完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「POPとIMAPのアカウント設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

Outlook 2013を起動し、メニューの「ファイル」をクリックします。

サイドメニューの「情報」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

設定を確認・変更したいメールアカウント」を選択し、「変更」をクリックします。

必要項目を確認します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]に「お客様の表示名」を入力
  • [電子メールアドレス]に「ご利用のメールアドレス」を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は「POP3」を選択
    IMAPが選択されている場合、キャンセルで現在の設定画面を閉じていただき、こちらのアカウント切替えをお願いします。
  • [受信メールサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバー(SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

すべての項目を確認したら「詳細設定」をクリックします。

送信サーバーのタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

詳細設定のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)」を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

送受信テストが始まりますので、完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「POPとIMAPのアカウント設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲

Microsoft Office Outlook 2013 でアカウントを追加する際、自動設定(初期状態)で追加するとIMAP方式のメール受信設定(以下、「IMAPアカウント」と表記)が適用されますが、弊社IC-NETメールサービスは、POP方式のメール受信設定(以下、「POPアカウント」と表記)を推奨しております。
※IMAPアカウントのご利用は可能ですが、サポート対象外とさせていただきます。

IMAPアカウントにて受信したメール及び送信済みメールをPOPアカウントに変更する場合は、下記の手順を参考に行ってください。
※IMAPアカウントのメール以外のデータは、IMAPアカウントを削除した後は復元できなくなりますので、あらかじめご留意ください。

▼POPアカウントの追加

Outlook 2013を起動し、メニューの「ファイル」をクリックします。

サイドメニューの「情報」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

新規」をクリックします。

電子メールアカウント」を選択し、「次へ」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリックします。

POP または IMAP」を選択し、「次へ」をクリックします。

必要項目を確認します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]に「お客様の表示名」を入力
  • [電子メールアドレス]に「ご利用のメールアドレス」を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メールサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバー(SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

すべての項目を確認したら「詳細設定」をクリックします。

送信サーバーのタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

詳細設定のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)」を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

送受信テストが始まりますので、完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「POPとIMAPのアカウント設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

▼POPアカウントメール受信、送信済みメール移行

POPアカウント」を選択し、「既定に設定」をクリックします。

POPアカウント」が送信で使用する既定のアカウントになったことを確認し、「閉じる」をクリックします。

POPアカウント」を選択し、「すべてのフォルダーを送受信」をクリックします。
メール送受信が完了し、全てのメールが受信できていることを確認します

IMAPアカウントの受信トレイに>サブフォルダを作成している場合、そのフォルダに入っているメールは、POPアカウントで受信できません。POPアカウントの受信トレイにも同様にサブフォルダを作成し、IMAPアカウントの全てのサブフォルダ内のメールデータをPOPアカウントにドラック&ドロップで移動してください。

IMAPアカウント」の[すべてのフォルダーを送受信]をクリックし、送信済みのメールを1つずつマウスでクリックしながらPOPアカウントの[送信済みアイテム]にドラッグ&ドロップします。

IMAPアカウント」の[すべてのフォルダーを送受信]をクリックし、送信済みのメールを1つずつマウスでクリックしながらPOPアカウントの[送信済みアイテム]にドラッグ&ドロップします。

POPアカウントの[送信済みアイテム]をクリックし、送信済みメールが入っていることを確認します。

■注意■
以降よりIMAPアカウントの削除へ進みます。削除後はIMAPアカウントの送受信メール(サブフォルダ内メールデータ含む)は復元できませんのでご注意ください。

▼IMAPアカウントの削除

メニューバーの[ファイル]を選択します。

[情報]をクリックし、[アカウント設定]をクリックします。

IMAPアカウント」をクリックし、[削除]をクリックします。

はい」をクリックします。

POPアカウント」のみ表示されていれば切替完了です。
[閉じる]をクリックして終了します。

アカウント表示名、データファイル表示名を修正する場合は、POPアカウントを選択した状態で、[変更]をクリックし、次項以降をご参照ください。
※画面表示上のアカウント表示名の修正(taro@ic-net.or.jp(1) から taro@ic-net.or.jp への修正)ですので、メール送受信の動作には影響ありません。

▼アカウント表示名、データファイル表示名の修正

[詳細設定]をクリックします。

[全般]タブをクリックします。
[メールアカウント]の内容を修正し、[OK]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

テストが完了したら[閉じる]をクリックします。

[完了]をクリックします。

[データファイル]タブをクリックします。
データファイル表示名を修正するアカウントをクリックし、[設定]をクリックします。

[名前]の内容を修正し、[適用]をクリック後、[OK]をクリックします。

データファイル表示名を修正するアカウントの名前が修正されていることを確認し、[閉じる]をクリックします。

※[場所]に表示されているデータファイル名は修正されません。
データファイル名を変更するとメールソフトの動作不具合及び、受信メール消失等が発生する可能性がありますので、ご注意ください。

以上で完了です。

▲最初に戻る▲


▼Outlook 2010

■ 新規作成

Outlook 2010を起動し、「ファイル」をクリックします。

アカウントの追加」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリックします。

インターネット電子メール」を選択し、「次へ」をクリックします。

必要項目を以下のとおり入力します。

【確認項目】

  • [名前]に[お客様の表示名]を入力
  • [電子メールアドレス]に[ご利用のメールアドレス]を入力

【サーバー情報】

  • [アカウントの種類]は[POP3]を選択
  • [受信メールサーバー]に[mail.ic-net.or.jp]を入力
  • [送信メールサーバー]に[smtp.ic-net.or.jp]を入力

【メールサーバーへのログオン情報】

  • [アカウント名]に[お客様のアカウント]を入力
    アカウントとは、メールアドレスの @ic-net.or.jp よりも左の部分です。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力

全ての項目に入力したら、「詳細設定」をクリックします。

[送信サーバー]のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

[詳細設定]のタブを開き、[送信サーバー(SMTP)]を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

送受信のテストが行われます。テストが完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「インターネット電子メール設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

Outlook 2010を起動し、メニューの「ファイル」をクリックします。

サイドメニューの「情報」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

電子メール」のタブをクリック後、「設定を確認・変更したいメールアカウント」を選択し、「変更」をクリックします。

必要項目を確認します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]に「お客様の表示名」を入力
  • [電子メールアドレス]に「ご利用のメールアドレス」を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メールサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバー(SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

すべての項目を確認したら「詳細設定」をクリックします。

送信サーバーのタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

詳細設定のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)」を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

送受信テストが始まりますので、完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「インターネット電子メール設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Outlook 2007 (2017年10月10日にMicorosoft社のサポート終了予定)

■ 新規作成

Outlook 2007を起動します。

メニューバーの「ツール」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

電子メール」のタブを選択し、「新規」をクリックします。

必要項目を以下のとおり入力します。

【確認項目】

  • [名前]に[お客様の表示名]を入力
  • [電子メールアドレス]に[ご利用のメールアドレス]を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力
  • [パスワードの確認入力]に[お客様のパスワード]を入力
  • [サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する]にチェックを入れる

全ての項目が完了したら、「次へ」をクリックします。

[インターネット電子メール]を選択し、「次へ」をクリックします。

必要項目を以下のとおり入力します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]のお客様の表示名]を確認
  • [電子メールアドレス]の[ご利用のメールアドレス]を確認

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は[POP3]を選択
  • [受信メールサーバー]に[mail.ic-net.or.jp]を入力
  • [送信メールサーバー]に[smtp.ic-net.or.jp]を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に[お客様のアカウント]を入力
    アカウントとは、メールアドレスの@ic-net.or.jpよりも左の部分です。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力

全ての項目が完了したら、「詳細設定」をクリックします。

送信サーバー」のタブをクリックし、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]に「チェック」をいれ、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されていることを確認します。

詳細設定」のタブをクリックし、[送信サーバー(SMTP)]を「587」に変更し、[OK]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

[完了]をクリックします。

[閉じる]をクリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

Outlook 2007を起動します。

メニューバーの「ツール」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

電子メール」のタブをクリックし、「設定を確認・変更したいメールアカウント」を選択し、「変更」をクリックします。

必要項目を確認します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]に「お客様の表示名」を入力
  • [電子メールアドレス]に「ご利用のメールアドレス」を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は「POP3」を選択
  • [受信メールサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバー(SMTP)]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

すべての項目を確認したら「詳細設定」をクリックします。

送信サーバーのタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

詳細設定のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)」を「587」に変更し、「OK」をクリックします。

次へ」をクリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


Windows SSL暗号化対応の設定

▼Windows Liveメール 2012

MicrosoftウェブページよりWindows Essentialsをダウンロードします。

>>Microsoft – Windows Essentialsページ

画面が切り替わったら、今すぐダウンロードをクリックします。

実行をクリックします。

インストールする製品の選択をクリックします。

メールを選択し、インストールをクリックします。

インストール中です。そのままお待ちください。

インストールが完了したら、閉じるをクリックします。

Windows Liveメール2012を起動します。
※以下はWindows8の例です。
キーボードの「Windows」を押しながら「q」を押してアプリ一覧を開き、「Windows Live Mail」をクリックします。

規約を確認し、承諾をクリックします。

プログラムが起動したら、「Windows Live メール 2012の設定方法」をご覧ください。

▲最初に戻る▲

Windows Live メールを起動し、アカウントをクリックします。

電子メール」をクリックします。

自分の電子メールアカウントを追加する」の画面が表示されたら、必要項目を入力します。

  • 電子メールアドレス」を入力します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • パスワード」を入力します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • 表示名」(送信者”From”の表示名になります)を入力します。
    ※アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。
  • 電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する」にチェックを入れます。
  • 次へ」をクリックします。

POPを利用する場合のサーバー設定を行います。
以下のとおり入力し、「次へ」をクリックします。
IMAPの場合はこちらへ進んで下さい。

【確認項目】

  • [受信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ポート:]に「995」を入力
  • [セキュリティで保護された接続(SSL)が必要]に「チェック」を入れる
  • [次を使用して認証する]は「クリアテキスト認証」を選択
  • [ログオンユーザー名] に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウント」とは、IC-NETでご利用の「メールアドレスの@より左部分」を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [送信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「smtp.ic-net.or.jp」を入力
  • [ポート:]に「465」を入力
  • [セキュリティで保護された接続(SSL)が必要]に「チェック」を入れる
  • [認証が必要]にチェックを入れる

IMAPを利用する場合のサーバー設定を行います。
以下のとおり入力し、「次へ」をクリックします。
POPの場合はこちらへ進んで下さい。

【確認項目】

  • [受信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ポート:]に「995」を入力
  • [セキュリティで保護された接続(SSL)が必要]に「チェック」を入れる
  • [次を使用して認証する]は「クリアテキスト認証」を選択
  • [ログオンユーザー名] に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウント」とは、IC-NETでご利用の「メールアドレスの@より左部分」を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [送信サーバ情報]のサーバーのアドレスに「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ポート:]に「465」を入力
  • [セキュリティで保護された接続(SSL)が必要]に「チェック」を入れる
  • [認証が必要]にチェックを入れる

完了」をクリックします。

▲最初に戻る▲

Windows Live メールを起動し、アカウントをクリックします。

設定を確認したいアカウント」をクリックし、「プロパティ」をクリックします。

全般」のタブをクリックし、必要項目を確認します。

  • 名前」(送信者”From”の表示名になります)を確認します。
    ※アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。
  • 電子メールアドレス」を確認します。(全て半角英数字で正しく入力してください)
  • 次へ」をクリックします。

サーバーのタブをクリックし、サーバーの設定を確認します。

【確認項目】

サーバー情報

  • [受信メールサーバーの種類]は「POP3」または「IMAP」を選択
  • [受信メール (POP3)]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メール (SMTP)]に「mail.ic-net.or.jp」を入力

受信メールサーバー

  • [ユーザー名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
  • クリアテキスト認証を使用してログオンする(C)」にチェックを入れる

送信メールサーバー

  • このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れる
  • すべての項目を確認したら右側の「設定」をクリックする

受信メールサーバと同じ設定を使用する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

詳細設定」のタブをクリックします。
「送信メール(SMTP)」を「587」に修正し、「OK」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Outlook 2010

■ 新規作成

Outlook 2010を起動し、「ファイル」をクリックします。

アカウントの追加」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリックします。

インターネット電子メール」を選択し、「次へ」をクリックします。

必要項目を以下のとおり入力します。

【確認項目】

  • [名前]に[お客様の表示名]を入力
  • [電子メールアドレス]に[ご利用のメールアドレス]を入力

【サーバー情報】

  • [アカウントの種類]は[POP3]または「IMAP」を選択
  • [受信メールサーバー]に[mail.ic-net.or.jp]を入力
  • [送信メールサーバー]に[mail.ic-net.or.jp]を入力

【メールサーバーへのログオン情報】

  • [アカウント名]に[お客様のアカウント]を入力
    アカウントとは、メールアドレスの @ic-net.or.jp よりも左の部分です。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、taroがアカウントになります。
  • [パスワード]に[お客様のパスワード]を入力

全ての項目に入力したら、「詳細設定」をクリックします。

[送信サーバー]のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

[詳細設定]のタブを開き、以下のとおり設定します。

  • [受信サーバー(POP3)]を「995」に変更し、「このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要」に「チェック」を入れます。
  • [送信サーバー(SMTP)]を「465」に変更し、「使用する暗号化接続の種類」を「SSL」に変更します。

OK」をクリックします。

※IMAPの場合

[詳細設定]のタブを開き、以下のとおり設定します。

  • [受信サーバー(IMAP)]を「993」に変更し、「このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要」に「チェック」を入れます。
  • [送信サーバー(SMTP)]を「465」に変更し、「使用する暗号化接続の種類」を「SSL」に変更します。

OK」をクリックします。

送受信のテストが行われます。テストが完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「インターネット電子メール設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

Outlook 2010を起動し、メニューの「ファイル」をクリックします。

サイドメニューの「情報」をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。

電子メール」のタブをクリック後、「設定を確認・変更したいメールアカウント」を選択し、「変更」をクリックします。

必要項目を確認します。

【確認項目】

ユーザー情報

  • [名前]に「お客様の表示名」を入力
  • [電子メールアドレス]に「ご利用のメールアドレス」を入力
    (全て半角英数字で正しく入力してください)

サーバー情報

  • [アカウントの種類]は「POP3」または「IMAP」を選択
  • [受信メールサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [送信メールサーバー(SMTP)]に「mail.ic-net.or.jp」を入力

メールサーバーへのログオン情報

  • [アカウント名]に「お客様のアカウント」を入力
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力

すべての項目を確認したら「詳細設定」をクリックします。

送信サーバーのタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」に「チェック」を入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

詳細設定のタブを開き、以下のとおり設定します。

  • [受信サーバー(POP3)]を「995」に変更し、「このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要」に「チェック」を入れます。
  • [送信サーバー(SMTP)]を「465」に変更し、「使用する暗号化接続の種類」を「SSL」に変更します。

OK」をクリックします。

※IMAPの場合

[詳細設定]のタブを開き、以下のとおり設定します。

  • [受信サーバー(IMAP)]を「993」に変更し、「このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要」に「チェック」を入れます。
  • [送信サーバー(SMTP)]を「465」に変更し、「使用する暗号化接続の種類」を「SSL」に変更します。

OK」をクリックします。

送受信テストが始まりますので、完了したら「閉じる」をクリックします。
※エラーが表示された場合は「インターネット電子メール設定」に戻りますので、設定内容をご確認ください。

完了」をクリックします。

閉じる」をクリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


MacOS X 標準設定(暗号化無し)

▼MacOS X Mail 5

[メニューバー] → [移動] → [アプリケーション]を選択します。

[メール]を選択します。

以下の必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [氏名]に「お客様の表示名」を入力します。
  • [アールアドレス]に「メールアドレス」を入力します。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]の各項目に必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [アカウントの種類]は「POP」を選択します。
  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [受信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[送信用メールサーバ]の各項目に必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [送信用メールサーバ]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [認証を使用]に「チェック」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

SMTPサーバ”○○○○@ic-net.or.jp”にログインできませんでした。」のメッセージが表示された場合は、そのまま「続ける」をクリックします。

[SSLを使用]に「チェックを入れずに」、「続ける」をクリックします。

[アカウントの概要]が表示されたら各項目を確認します。
間違いがなければ[作成]をクリックします。

[メール]のメニューから[環境設定]をクリックします。

[アカウント]をクリックし、左側の一覧より作成したアカウントを選択します。
[アカウント情報]タブをクリックし、[送信用メールサーバ]をクリックします。

[SMTPサーバリストを編集…]をクリックします。

作成した[送信用メールサーバ]を選択し、[詳細]をクリックします。
各項目を確認したら[OK]をクリックします。

  • [送信用メールサーバ]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [サーバのポート]に「587」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]を選択し、[詳細]をクリックします。
各項目を確認したら[OK]をクリックします。

  • [サーバのポート]に「110」を入力します。
  • [SSL]の「チェック」は外します。

画面上の[閉じるボタン…]をクリックし、アカウント画面を閉じます。 [“ic-net.or.jp”POPアカウントの変更内容を保存しますか?]]と表示されたら[保存]をクリックして完了です。
※送信ができない場合は次の手順へ進んで下さい。

メールを送信した際に以下のようなメッセージが表示された場合、そのまま[接続]をクリックします。

パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

以下のようなメッセージが表示された場合は、[smtp.ic-net.or.jp:アカウント名]を選択し、[選択したサーバで送信]クリックします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

[メニューバー] → [移動] → [アプリケーション]を選択します。

[メール]を選択します。

[メール]のメニューから[環境設定]をクリックします。

左のアカウント一覧より[確認したいアカウント]を選択し、[アカウント情報]をクリックします。
各項目を確認します。

  • [アカウントの種類]は「POP」を選択します。
  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [メールアドレス]に「お客様のメールアドレス」を入力します。
  • [氏名]に「お客様の表示名(任意)」を入力します。
  • [受信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

続けて[送信用メールサーバ(SMTP)]をクリックします。

[SMTP サーバリストを編集…]]をクリックします。

[送信用メールサーバ]を選択し、[詳細]タブをクリックします。
各項目を確認後、[OK]をクリックします。

  • [送信用メールサーバ]に「smtp.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [サーバのポート]に「587」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]を選択し、[詳細]タブをクリックします。
各項目を確認し、左上の[閉じるボタン]をクリックします。

  • [サーバのポート]に「110」を入力します。
  • [SSLを使用]の「チェック」を外します。

[保存]をクリックします。
※送信ができない場合は次の項目をご参照ください。

メールを送信した際に以下のようなメッセージが表示された場合、そのまま[接続]をクリックします。

パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

以下のようなメッセージが表示された場合は、[smtp.ic-net.or.jp:アカウント名]を選択し、[選択したサーバで送信]クリックします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


MacOS X SSL暗号化対応の設定

▼MacOS X Mail 5

[メニューバー] → [移動] → [アプリケーション]を選択します。

[メール]を選択します。

以下の必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [氏名]に「お客様の表示名」を入力します。
  • [アールアドレス]に「メールアドレス」を入力します。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]の各項目に必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [アカウントの種類]は「POP / IMAP」を選択します。
  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [受信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[送信用メールサーバ]の各項目に必要事項を入力し、[続ける]をクリックします。

  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [送信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [認証を使用]に「チェック」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

SMTPサーバ”○○○○@ic-net.or.jp”にログインできませんでした。」のメッセージが表示された場合は、そのまま「続ける」をクリックします。

[SSLを使用]に「チェックを入れ」、「続ける」をクリックします。

[アカウントの概要]が表示されたら各項目を確認します。
間違いがなければ[作成]をクリックします。

[メール]のメニューから[環境設定]をクリックします。

[アカウント]をクリックし、左側の一覧より作成したアカウントを選択します。
[アカウント情報]タブをクリックし、[送信用メールサーバ]をクリックします。

[SMTPサーバリストを編集…]をクリックします。

作成した[送信用メールサーバ]を選択し、[詳細]をクリックします。
各項目を確認したら[OK]をクリックします。

  • [送信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [サーバのポート]に「465」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]を選択し、[詳細]をクリックします。
各項目を確認したら[OK]をクリックします。

  • [サーバのポート]に「POPの場合:995」「IMAPの場合:993」を入力します。
  • [SSLを使用]に「チェック」を入れます。

画面上の[閉じるボタン…]をクリックし、アカウント画面を閉じます。 [“ic-net.or.jp”POPアカウントの変更内容を保存しますか?]]と表示されたら[保存]をクリックして完了です。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

[メニューバー] → [移動] → [アプリケーション]を選択します。

[メール]を選択します。

[メール]のメニューから[環境設定]をクリックします。

左のアカウント一覧より[確認したいアカウント]を選択し、[アカウント情報]をクリックします。
各項目を確認します。

  • [アカウントの種類]は「POP」または「IMAP」を選択します。
  • [説明]に「任意のアカウント名」を入力します。 ※例)ic-net
  • [メールアドレス]に「お客様のメールアドレス」を入力します。
  • [氏名]に「お客様の表示名(任意)」を入力します。
  • [受信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

続けて[送信用メールサーバ(SMTP)]をクリックします。

[SMTP サーバリストを編集…]]をクリックします。

[送信用メールサーバ]を選択し、[詳細]タブをクリックします。
各項目を確認後、[OK]をクリックします。

  • [送信用メールサーバ]に「mail.ic-net.or.jp」を入力します。
  • [サーバのポート]に「465」を入れます。
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力します。
    お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力します。

[受信用メールサーバ]を選択し、[詳細]タブをクリックします。
各項目を確認し、左上の[閉じるボタン]をクリックします。

  • [サーバのポート]に「POPの場合:995」「IMAPの場合:993」を入力します。
  • [SSLを使用]に「チェック」を入れます。

[保存]をクリックします。
※送信ができない場合は次の項目をご参照ください。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


スマートフォン

▼iPhone / iPad

ホーム画面の[設定] をタップします。

[メール/連絡先/カレンダー]をタップします。

[アカウントを追加…]をタップします。

[その他]をタップします。

[メールアカウントを追加]をタップします。

各項目に必要事項を入力し、[次へ]をタップします。

  • [名前]に「送信者”From”の名前」を入力します。
  • [メール]に「お使いの電子メールアドレス」を入力します。 ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [パスワード]に「お使いのパスワード」を入力します。 ※必ず半角英数字で正しく入力してください

[受信メールサーバ]と[送信メールサーバ]の設定を行います。
[IMAP]を選択し、以下の必要事項を入力します。最後に[保存]をタップします。
※ここではIMAPを推奨しています。

【受信メールサーバ】

  • [ホスト名]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください

【送信メールサーバ】

  • [ホスト名]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください

[保存]をタップします。

[作成したメールアドレス]をタップします。

[作成したアカウント]をタップします。

送信メールサーバの[SMTP]をタップします。

プライマリサーバの[mail.ic-net.or.jp]をタップします。

[送信メールサーバ]の設定確認を行います。
各項目を確認し、最後に[完了]をタップします。

【送信メールサーバ】

  • [ホスト名]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [SSLを使用]を「オン」にする
  • [サーバポート]に「465」を入力

[作成したメールアドレス]をタップします。

[詳細]をタップします。

[受信設定]の設定確認を行います。
各項目を確認し、最後に[アカウント]をタップします。

【受信設定】

  • [SSLを使用]を「オン」にする
  • [サーバポート]に「993」を入力

[完了]をタップします。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

ホーム画面の[設定] をタップします。

[メール/連絡先/カレンダー]をタップします。

[確認したいメールアドレス]をタップします。

[確認したいアカウント]をタップします。

送信メールサーバの[SMTP]をタップします。

プライマリサーバの[mail.ic-net.or.jp]をタップします。

[送信メールサーバ]の設定確認を行います。
各項目を確認し、最後に[完了]をタップします。

【送信メールサーバ】

  • [ホスト名]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [SSLを使用]を「オン」にする
  • [サーバポート]に「465」を入力

[確認したメールアドレス]をタップします。

[詳細]をタップします。

[受信設定]の設定確認を行います。
各項目を確認し、最後に[アカウント]をタップします。

【受信設定】

  • [SSLを使用]を「オン」にする
  • [サーバポート]に「993」を入力

[完了]をタップします。

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲


▼Android系

メールアプリのアイコンをタップします。
※機種によって名称が異なる場合がございます

各項目に必要事項を入力し、[手動セットアップ]をタップします。

  • [メールアドレス]を入力します。 ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [パスワード]を入力します。 ※必ず半角英数字で正しく入力してください

[IMAP]をタップします。
※ここではIMAPを推奨しています。

[受信サーバーの設定]を行います。
以下の必要事項を入力し、[次へ]をタップします。

  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [IMAPサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [セキュリティの種類]に「SSL/TLS」を選択
  • [ポート]に「993」を入力

[送信サーバーの設定]を行います。
以下の必要事項を入力し、[次へ]をタップします。

  • [SMTPサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [セキュリティの種類]に「SSL/TLS」を選択
  • [ポート]に「465」を入力
  • [ログインが必要]に「チェック」を入れる
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください

[受信トレイを確認する頻度]を設定し、[次へ]をタップします。
※お好みで設定してください

[アカウント名]と[送信者の名前]を入力し、[次へ]をタップします。
※[このアカウントに名前を付ける]は省略可能です

  • [あなたの名前]に「送信者”From”の名前」を入力
    ※アルファベットでも漢字でも任意に設定可能です。

[受信トレイ]にメールが表示されれば完了です。

以上で設定は完了です。

▲最初に戻る▲

メールアプリのアイコンをタップします。
※機種によって名称が異なる場合がございます

メニューから[設定]をタップします。

[設定を確認したいアカウント名]をタップします。

[受信設定]をタップします。

[受信サーバーの設定]を確認します。
以下の項目を確認し、[完了]をタップします。

  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください
  • [IMAPサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [セキュリティの種類]に「SSL/TLS」を選択
  • [ポート]に「993」を入力

[送信サーバーの設定]を確認します。
以下の項目を確認し、[完了]をタップします。

  • [SMTPサーバー]に「mail.ic-net.or.jp」を入力
  • [セキュリティの種類]に「SSL/TLS」を選択
  • [ポート]に「465」を入力
  • [ログインが必要]に「チェック」を入れる
  • [ユーザ名]に「お客様のアカウント」を入力
    ※お客様のアカウントとは、IC-NETでご利用のメールアドレスの@より左部分を指します。
    例)taro@ic-net.or.jp の場合、 taro がアカウントになります。
  • [パスワード]に「お客様のパスワード」を入力
    ※必ず半角英数字で正しく入力してください

以上で確認は完了です。

▲最初に戻る▲

PAGE TOP