SINCE 1997

飯豊朝日連峰の登山者情報

 この頁は飯豊朝日山岳遭難対策委員会が飯豊連峰と朝日連峰における安全で快適で感動のある山行を願い作成したものです。登山者情報の内容は、調査時点の状況であり数日後には同じコースが通れなくなる可能性があります。また当該コースを通過可能な装備・技術・経験・体力があることを前提とし、所要時間も実際に要した時間でありコースタイムではありません。また調査者によって基準が異なることに留意下さい。

山岳救助隊員等の実踏を基に作成していますが、情報精度が高いと認められる投稿も掲載しています。
更新 2016年08月22日16:30
1988号:足の松尾根
1987号:石転ビ沢
1986号:オンベ松尾根~大日岳

今日の1枚

= 2016年08月28日 =


2016年08月27日に朝日連峰合同保全作業がオツボ峰で実施されました 
 足の松尾根~頼母木小屋を掲載しました。
    ・・・2016年08月22日
 昨日、寒河江のTさんと山の上でお会いしました。彼は保全資材2個(10.4kg)を門内小屋まで担ぎあげてくれていました。
 また本日は2名の方が背負ってくれています。
ありがとうございます。
 これで残りは11個(約55kg)となっていました。よろしくお願いします。
   ・・・2016年08月20日

 8月24日夕方の段階で、残りは11個(約55kg)と変わりありませんでした。ご協力のほど、よろしくお願いします。
   ・・・2016年08月25日

 今朝、全ての保全資材が登山届出所からなくなりました。大変ありがとうございます。
   ・・・2016年08月28日


滝見場からの石転ビ沢ズタズタに千切れています・・・2013年08月19日撮影
 
三本カンバからの石転ビ沢 北股沢出合下流では亀裂が交錯しています ・・・2016年08月19日撮影

石転ビ沢は雪渓の状態が非常に悪く、上級者以外は入渓しないようお願いします。
・・・2016年08月04撮影(詳細は第1987号
07日も入渓した方が20時30分になってようやく梅花皮小屋にたどり着きました。

・ やまがた百名山の第1次選考結果(50山)が公表されました→「やまがた山」 
              ・・・2016年08月03日

・ 通行止めとなっていた飯豊町手ノ子~中津川間が片側通行になりました。なお川西町玉庭経由・小国町九才峠経由・喜多方市川入経由でも大日杉小屋まで入れます。       ・・・・2016年07月29日

 7月2日から梅花皮小屋管理人常駐が始まっていますが、8日からは御西小屋も常駐を開始します。両小屋とも若干の食材(アルファ米・レトルトご飯・レトルトカレー・レトルト中華丼)を販売しますが、なくなり次第中止となります。購買を前提として計画をされる方はあらかじめ「090-5846-1858井上」まで連絡をされることをお勧めします。なお購入後のゴミは各自で降ろして下さい。
   ・・・2016年07月07日
 御西小屋のレトルトご飯予約は終了いたしました。
   ・・・2016年08月04日

 7月1日、いよいよ待ちに待った「大淵~天狗平」間の交通規制が解除される予定です。これに伴い7月2日(土)から天狗平ロッジの常駐を開始します。
 常駐期間は予約なしで突然来ていただいても宿泊できますが、管理人が所要のため不在の事があります。何時頃に到着予定なのか事前に連絡を頂ければ幸いです。
 なお天狗平ロッジは固定電話も携帯電話も使えません。ときおり管理人が飯豊山荘に出向きメールを確認します。ついては連絡は井上邦彦の携帯「090-5846-1858」へお願いします。山に行っているなどして通じない時は、留守電またはこの番号宛にショートメールをお願いします。なお井上は天狗平ロッジだけでなく、梅花皮小屋・御西小屋の連絡先にもなっているので、どの小屋なのかを明確にしてください。
              ・・・・2016年06月28日

 私(井上)が花の名前を確認する時に最初に手にするのが、「やまがた山の花」である。その著者の吉田悟さんが「新・やまがた山の花」を出版された。手にとってみると従来のものが携帯に便利な18cm×13cmだったのに対し、20.5cm×22cmと大型になっている。持ち運ぶのに不便かなと思いつつ開いてみて驚いた。解説が格段に充実しているのだ。一般的な図鑑は専門用語が多く私のような素人では判断に迷うのだが、吉田さんは見分けるポイントを的確に指摘してくれるのでありがたい。机上から外せない1冊になりそうである。なお詳しくは悟さんのご子息である吉田岳君のブログに掲載されている。・・・2016年04月22日

 山形県が管理する「山形県山岳ポータブルサイト」に「みちのく名峰めぐり~山形の山旅~」が掲載されました。なお多少重いようです。・・・2016年04月23日

 飯豊朝日連峰小国口の登山者数・・・2016年01月14日掲載
 飯豊山地におけるホシミズジの生息環境と草原性蝶相について・・・2016年01月11日掲載
 飯豊山地における高山蛾の生態的知見・・・2016年01月09日掲載
 飯豊山地におけるトワダカワゲラ属の分布について・・・2016年01月02日掲載

 飯豊連峰の水場

 備忘録(虫の画像です)
 備忘録(鳥の画像です)・・・2016年03月18日
予定期日 内  容 参加者 場所 主管団体等

2016年09月03-04日(土日)

山形県山岳連盟指導員研修会

対象者

御所山

山形県山岳連盟指導員会

2016年09月10日(土)-12日(月)

飯豊連峰合同保全作業

希望者

天狗ノ庭

飯豊連峰保全連絡会(事務局)

2016年09月18日(日)

「山の日」制定記念県民登山

希望者

置賜葉山

山形県山岳連盟

2017年01月25日(水)

飯豊連峰保全連絡会会合

関係者

未定

飯豊連峰保全連絡会(事務局)

2016年ツアー企画予定表・・・07月06日更新 

-

山岳ガイド:吉田岳

過去のツアーが掲載されています

質問・意見・感想等の情報交換コーナーです。
管理人の日記帳です。

更新 2016年05月30日
・咲きました
・飯豊連峰二町合同山開き打ち合せ
・新潟トレランフォーラム
飯豊朝日連峰の山行報告等を紹介して下さい。
小国山岳会員の飯豊朝日連峰以外の山行です。

更新 2016年08月22日
ka376号:妙高山火打山
ka375号:飯豊天狗山
ka374号:高畠駒ケ岳
登山届の様式と届出先です。
更新 2015年02月24日 
 飯豊連峰常連の皆様、エクセルで作成した様式が必要な場合はメールで連絡を下さい。一度住所等を作成しておくと便利です。
 ヒトココ(ヤマモリ)IDが記載できるようになりました
飯豊連峰と朝日連峰の保全活動を行っています。
更新 2014年10月07日
飯豊保全ニュースレター第23号掲載
リンク集A
更新 2015年12月06日 

予約状況掲載
更新 2015年10月06日
09:00


今日の天狗平ロッジ 

更新2015年05月31日

リンク集B
更新 2011年02月06日

更新 2014年06月27日 
気象情報
更新 2011年03月06日
山形県山岳連盟

2016年08月04日更新


山形県内の山々を加盟団体メンバーが実踏調査をしています


更新 2016年07月21日
飯豊連峰天狗平ロッジから発信

山小屋・交通等の留意事項
更新 2016年07月25日
これまでTOP頁に掲載していた情報を移しました。


管理人も所属している「あざみ山遊会」の活動です。

更新 2015年11月23日
小国山岳会の出版物です。
更新 2013年07月02日
藤田栄一さんが出版しました
管理人が小国町の町境を歩きます。
更新 2009年11月25日 
山行中の実況中継など携帯電話からの送信です。
更新 2011年09月19日 
山を考える
更新 2016年01月14日 
・登山者数を掲載
小国山岳会
更新 2011年09月10日
メールを送る(一般的な質問や意見は掲示板Aをご利用ください)  今日の飯豊朝日連峰
更新 2012年03月19日

 このホームページは、小国町および飯豊朝日山岳遭難対策委員会から業務の一部を受託している「NPO法人飯豊朝日を愛する会」により運営されています。
【注意!】
 本ホームページ記載されているスズメバチの駆除方法については、筆者がマタギの先輩の指導の下、長年の経験と研究に基づいて高いリスクを承知の上で考案し実践しているものです。この方法を真似て死亡したり火災を起こしたり各種法令に違反し起訴されたとしても、筆者は一切の責任を負う意思はありません。スズメバチが日本における極めて危険な野生動物であり、例年多数の死者を出していることを認識ください。


FB→友達申請は必ずメッセージも送ってください