過去の登山者情報 2020年

 ※ この情報はindexに掲載されていた過去の情報です。

 緊急!!
 先ほど御西小屋から連絡がありました。画像は登山者情報第2,181号をご覧ください。
「烏帽子から御西小屋までは写真1のように、登山道にかかる雪渓や雪田はすべて消えました。写真2は烏帽子岳直下(新潟県側)のクマの親子。ここにはクマ道もついていて、よく目撃されますが、500mほど離れていて、安全です。写真3.4は、御西小屋北西の雪田で、最近、クマが人に向かってきた現場ですが、今日もニアミスがありました。雪渓にいたクマが、声を出しても逃げないので、登山道を通過したところ、クマが勢いよく近づいてきたそうで、登山者二人の間をすり抜けて新潟県側の笹藪に消えていったそうです。同じクマと思われ、ねぐらの笹藪と採餌場所の雪渓をいったりきたりするときに、通りかかると危険なようです。」   ・・・2020年08月22日16:00
緊急!
 先ほど「梅花皮小屋から御西小屋に向けて縦走していた登山者が、御西小屋の約200m手前で体長1mほどのクマに遭遇し、クマが向かってきたので登山者はストックで応戦、そのさい登山道外に転落、クマはそのまま姿を消した」との情報が入りました。
 いまの季節はクマの餌が最も少なくなるため、クマは高山帯に登り、残雪周辺の柔らかい高山植物を食べている光景が良く観察されます。今回の事案の詳細は不明ですが、視界がない時の登山に当たっては留意くださるようにお願いします。  ・・・2020年08月14日08:30
 ☆ 本山小屋からのお願いです
  ・ 一ノ王子の水場はまだ雪に埋まっています。
  ・ 小屋を利用される方は、必ずマスクを持参して着用くださるよお願いします。
☆ トレランスタイルで日帰りの方やテント持参の方が増えています。
  ・ 宿泊しなくても休憩で小屋やトイレを持参される方は、必ず消毒薬を持参して感染防止対策を行ってください。
  ・ 飯豊連峰での幕営スペースは限られています。花が咲いていなくてもお花畑です。また裸地のようにみえても貴重な構造土(周氷河地形)です。幕営を控えてください。
☆ 御西小屋にブルーシートのパーテーションを設置しました。パーテーションの付近では絶対に火気(ストーブ)を使用しないでください。
      ・・・2020年07月03日
 ・梶川尾根滝見場手前の梯子が、ナラノキの倒壊によって通行困難になりましたが、修復が終了しました。  ・・・2020年07月02日草刈広一
 ☆ 昨日の豪雨の被害はまだ明らかになっていませんが、今回は朝日連峰に集中しているようです。小国町五味沢登山口は針生平林道終点まで車で行けたとの情報がありました(齋藤初男氏)。日暮沢登山口までの林道は被害を受けているとのことです。
小国町の道路については小国町公式HPを参照してください。なお天狗平(飯豊山荘・天狗平ロッジ)への車道は途中で土砂の流出がありましたので、業者の指示に従って通行してください・・・07月29日10:00
 ☆  御西岳の登山道保全施工箇所で、ついに花をつけるまで成長したものが出てきました。左はキタヨツバシオガマ、右はハクサンボウフウです。・・・2020年07月31日草刈広一   
  林道を中心にイヨシロオビアブ(コシジロ・メジロ等とも呼ばれる)が大量に発生しました。
 8月7日櫛形山脈石切コース駐車場では、車に突撃してくるアブの群れの激しい激突音で、車が冷えるまで外に出ることができませんでした。
 このアブは炭酸ガスと熱に反応し、沢沿いの林道に発生します。そのため尾根に上がると次第に少なくなっていきます。
  ・・・2020年08月09日井上邦彦
    ダイグラ尾根取り付きの桧山沢吊り橋が破損しました。ダイグラ尾根を通行しないようにしてください。・・・2020年07月30日草刈広一

 やまがた山(山形県みどり自然課)を確認してください
 ・ 御西小屋~梅花皮小屋の残雪状況を掲載しました。 ・・・2020年07月21日
 ・ 丸森尾根の登山道刈り払いが終了しました。
・ 御西小屋の水場が露出して使用できるようになりました。
・ 御西小屋付近の登山道保全状況を掲載しました。
   ・・・2020年07月18日
 ・ 「天狗平(登山口)~梶川尾根~扇ノ地神~北股岳~梅花皮小屋」間の登山道上の残雪は全てなくなりました。・・・2020年07月14日関英俊
・ 梶川尾根の登山道刈り払いが終了しました。・・・2020年07月14日関英俊
・ 本山小屋の水場(一ノ王子)はまだ雪に埋もれています。イイデリンドウが咲き始め、蕾がたくさんありました。・・・2020年07月13日川村一憲
 ・ 本山小屋の水場(一ノ王子)が使用できるようになりました。 ・・・2020年07月22日本山小屋管理人渡辺秀則 
 一ノ王子~本山小屋付近の残雪状況
まだ本山小屋の水場は残雪に埋もれています。
   ・・・2020年07月18日田沢頭峠より撮影
 
 ・ 朝日連峰小国側登山口「針生平」手前で土砂崩れが発生したという情報が入りました。祝瓶山などへの登山を予定している方は、情報を確認くださるようお願いします。・・・2020年07月03日 
・ 3日午前中に撤去されました。・・・07月03日 
 
  補修前  
 補修後
 ・梶川尾根滝見場手前の梯子が、ナラノキの倒壊によって通行困難になりましたが、修復が終了しました。
  ・・・2020年07月02日草刈広一
    石転ビノ出合、かろうじて雪渓を渡ることができました・・・2020年06月22日 小国山岳会梅津・大内田

石転ビノ出合の雪渓は、状態が大変悪くなっています。通行には十分留意してください。

梶川の出合は高巻せずに通れました。石転び沢出合は雪解けが進んでいます。門内沢の方にも大きなクレパスが入っており、今週末くらいからは渡渉しなければならなくなると思われます。北股出合いから上部は雪が多く残っていますが中の島上部が露出してきました。扇の地神は吹き溜まりの雪がおおくのこっています。西俣の峰は上部が笹やぶがひどく苦労しながらの歩行でした。

・・・2020年06月17~18日齋藤弥輔

 お詫び:管理者のPCトラブルにより、登山者情報の掲載ができない状態が続いていました。一部修繕が終わりましたので、まだ万全ではありませんが、徐々に再開していきます。今後ともよろしくお願いします・・・2020年06月07日
   

長井市から祝瓶山の登山道は通行できません
・・・20202年06月07日

 桧山沢吊り橋が架橋されました。
・・・2020年06月07日

   雪渓は梶川出合いから大丈夫でした(高巻きせずすみました)。 小屋の換気、掃除、終了しました。トイレもきれいで、トレペ補充しました。
 今日はスキーやボードが多いです。宿泊は今のところいません。
   ・・・・2020年05月25日草刈広一

☆ 今年の飯豊連峰は、標高が低い所は相当に雪が少ないのですが、標高が高くなると例年並みの積雪量になっています。
☆ 門内小屋と頼母木小屋のトイレは使用できるようになりましたが、頼母木小屋の水はまだ出ていません。
 2020年町民登山が大盛況のもとに終了しました。参加者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。・・・2020年02月02日掲載
 小国山岳会機関誌「残雪第116号」が発行されました。今回は1月18日に開催された2020年総会の結果が掲載されています。・・・2020年01月30日掲載

過去の登山情報

更新 2019年10月14日
これまでTOP頁に掲載していた情報を移しました。